FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミオ&ジュリエット2013(その1)

 

■2011初演
■2012来日公演

♪トランスフォーム中みたいなヒカリエのシアターオーブで,再演ロミオ&ジュリエット。My初日は9/14(土)ソワレ。ロミオ:柿澤勇人 ,ジュリエット:フランク莉奈,ベンヴォーリオ:尾上松也,ティボルト:城田優,マーキューシオ:水田航生,パリス:加藤潤一,死:中島周。

 なんといっても柿澤ロミオ! 可愛いし歌える。ロミジュリでいつも不幸の元凶にしか思えない神父様(安崎求)とのハモりに感動したし,お姫さまだっこ可愛いしーと。この日バルコニーでスマホ落としちゃったのはすごく焦ってたろうけど,ドジっこあわあわアドリブもロミオらしかった。
 多少なりともジュリエットが少女から女性へと成長していてもロミオは少年のままでよかったと思います!さっさと連れて逃げろなんてこのロミオには突っ込めないよ。

 そんなロミオだから「僕は怖い」で中島さんの死が本当に恐ろしい。あのぬめぬめ感。かと思うと結婚式のシーン(エメ)では明らかにキリストのポーズだしマントヴァから生肌。ちょっと解釈難しいなあ。仏版では手紙を破いちゃうんでストレートな表現だけど,日本版の他の死を見てまた中島さんを見たい(←9/26行きます。特典写真は城田ティボルトだけど)。

 初演は1回しか見れてなくて(城田ロミオ),衣装は赤青じゃないうえアニマル柄でごちゃごちゃしてどっちがどっちかわからないよ!とイライラしてたんですけど,舞台広いせいか3階からで見通しがいいからかスッキリ見えて,でも今度はあの猥雑感もよかったんだよなと難しいなあ。
 でもでも今回は左右の袖にセットを広げてそちらで演技することも多いのでちょっと散漫に見えたかも。真ん中が空いた空虚ともいえるけど,そういう寂寥感はちょっと違う気が。

 城田ティボルトはわたしはアリだと思うんですけど,美しいのは言うまでもなく貫禄ありすぎて,ロミオとジュリエットの若い恋よりキャピュレット一族のどろどろをいろいろ妄想しちゃいますよ。
 ティボルトはさーこの舞台では既に跡とりとして期待されてるけど,ついでにジュリエットのフィアンセででもキャピュレット夫人(涼風真世)との関係が実は本気だったりするんだぜ(←ウソです。だってそしたらピンクパリス様の出番がっ)。でも更に禅パパ(キャピュレット卿:石川禅,ソロ素敵でしたわ)もいるんですよね〜濃いよ濃過ぎるよキャピュレット家。

 そうそう柿澤くんは大河『平清盛』の以仁王しか知らなかったので,待望の生舞台でした!ロミオがあまりにかわゆらしかったので,一週間前におみやげにいただいた唐菓子(からくだもの)を食しながら「以仁王の令旨」の回を見たら,ちょうど清盛が「欲こそが男の力の源」って言葉を思い出してましたよ。
 延々読み上げる令旨はアクアタルカスに乗って画面は平家の奢り。このためにミュージカル俳優さんを選んだのね〜と放送時も思ったけど,改めて力が入りすぎてちょっと上ずった若い声がらしいですね。同じ頃放送の歌うヨシヒコの回も残しとけばよかったあ。


 2回目は9/21(土)ソワレ。ロミオ:古川雄大,ジュリエット:フランク莉奈,ベンヴォーリオ:平方元基,ティボルト:加藤和樹,マーキューシオ:水田航生,パリス:岡田亮輔,死:宮尾俊太郎。
 1日に違うキャストで見れちゃうマチソワも考えたんですが,最初に買ったソワレのみで。平日消耗してるので体力に自信がなかった…。どうしても前回(再演初回9/14)と比べちゃうんで予めすみません。

 柿澤ロミオがただただ可愛いかったんで,古川ロミオの個性がなかなか見えて来なかったんですけど,最期のシーンまで来て,ああこのロミオは一歩一歩成長してくロミオなんだ~と腑に落ちました。
 加藤ティボルトは正にこの舞台のティボにぴったり。満たされない,飢え,餓えた野獣のようなのに,切なさ寂しさを感じて,とてもしっくり来ました。
 今回の一番のごひいきは平方ベンヴォーリオ。常に白いパンツで膝上長っ。本当にスタイルがいい。歌もいいけどセリフの声がいい,改めて声が好き! ソロは1・2幕とも声が上ずったところがあってもったいなかったけど,繊細なベンヴォーリオでした。

 先週に比べ若者達がフラットに可愛いんで,「綺麗は汚い」での乳母(未来優希)の存在感,安定感が際立つ際立つ。ソロも絶品。歌えるって当たり前のようで難しいのねん。
 と1幕で感じたんだけど,終幕すると今日は本当にベテランの皆さんあっての若者達の物語だなあとと思いました。ロミジュリそのものが好きなんで、ジュリエットの「この胸がお前の鞘」とかパリスも墓で決闘して欲しいんですが,この舞台は二人の死のあとの大人達の自戒の歌がいい。そんな中残ったベンヴォーリオは可哀想なんですけどね。

 そして,初めて違う“死のダンサー”でした。宮尾さんの良かった方にはごめんなさい。うーん普通に上手いバレエダンサーだなあというふうに見えてしまって…。こういう振付です,こういうポーズをしますという消化いえ昇華されてないカンジ? だから特に最初の見せ場の「僕は怖い」なんかは次はこのパ,このパみたいで。バレエらしくモンタギュー&キャピュレットの若者達の動きとは全く違うから,異物感を出したいのねーというのはわかるんだけど。
 単に好みなのだろうし初演も中島さんで見てたから刷り込みかもしれないけど,中島さんの死はダンスとしてより“死”という概念を身体の動き,その気配だけで具現化してるのです。そして圧倒的な存在感はヴェローナの街に深い影を落とす。

 城田ティボルトも改めて思い出して面白い。こんなに美しくてキャピュレット家の跡取りとして認められ期待されてと,産まれたときから全て与えられ満ち足りているはずなのに,常に飢餓感が離れない。でもその欠けた部分を満たすはずなのがジュリエットに見えないのが残念だなー。キャピュレットの若者達の中にいるとギラギラしているけど更にキラキラな場違いな高級感が目立って,良く悪くも華があり過ぎる。舞台あらしかーっ。やっぱりこの世のものではないトート最高! トートも本来は“闇の帝王”なんて人形(ひとがた)ではなく“Tod−死”なんですけど。いや城田トートは“闇の王子”でしたよ。

 ともあれ,キャストが違うと相対化されるのが面白いなあ。14日はいい意味ですごくデコボコ,21日のはとてもバランスが良い。演ってる方も見る方も慣れて来たのもあるかもだけど。まずは2公演分の感想でした!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/570-a08b464c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。