FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーアントワネット物語展@そごう美術館


マリーアントワネット物語展,横浜のそごう美術館にて(11/3)。

 まずアントワネットによく似ているという胸像,銅版画の数々で王太子の誕生まで。当時の風俗が垣間見れます。最初の,オーストリア時代のマリア・アントニアの肖像はちょっと気が強そうで,池田理代子さんはこの絵を見て描き始めたのかな〜とか。

 宝飾品や扇など身の回りを飾る品々は細やかで,でも一番興味深かったのはルイ16世の作った王妃の時計のねじだったりします。居室の壁の絹織物の復元などでセンスのよいインテリアを感じさせます。ここで漆コレクションとかあるとよかったんですけど。


 こちらの復元コーナーは撮影可。左のドレスはイギリス風。右のフランス風(ローブ・ア・ラ・フランセーズ)は左右に拡がる。文化学園服飾博物館でよく見ました。この2点はルブランの肖像画を復元したのですね〜。

しかし頭に帆船を載せるという発想は一体どこから。かつら付きで体験コーナーもありました!
 このあとは断頭台へ…。大きな『コンシェルジュリを出るマリー・アントワネット』(ジョルジュ・カン)は毅然とした後ろ姿が見応えありました。

 1年以上日本を廻ります:7/7〜9/2 名古屋市博物館,9/15~ 11/18 そごう美術館,11/29~ ,7/6〜9/1 兵庫県立美術館,9/11〜10/27 岡山シティミュージアム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/542-30c4bf2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。