FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブ・エクスプレス展@森美術館

 

アラブ・エクスプレス展@森美術館,行ったのは8月で10/28までだからあとでいいやーと…ようやく図録も読みました。
 本当は大英博物館古代エジプト展がお目当てで,ぶら美で一緒にちょこっとやってたのでついでにってくらいだったんでうけど,これが実に面白かった。今まで来た森美術館で一番かも!写真撮影可&音声ガイド無料という太っ腹です。

 まず最初にハリーム・アル・カリーム『無題1(「キングズ・ハーレム」シリーズより)』。妙にぼやけた,でも如何にもアラブの女性。でもこんな赤いヴェールはないんですって。こちらの先入観を鏡のように突き返す。でも図録にはそういう解説はないんですよね〜。音声ガイドで聞いたたんだけどなあ。

 

 【上左】マハ・ムスタファ『ブラック・ファウンテン』は映像で見てうわーわかりやすーいと思ったけど,静かに,こんこんと湧き出る黒い液体はインパクト大。
 【上右】アハマド・マーテル『マグネティズム』。磁石と鉄粉をメッカの巡礼になぞらえる。

 【下左】シャリーフ・ワーキド『次回へ続く』。あたかもテロリストの声明のようだけど,千夜一夜物語を朗読中。やっぱり先入観を裏切るというのが多いですね。そしてそういう自分の内側に向き合う作品が面白いなと思ったということみたい。ビデオアートやインスタレーションてどうも苦手みたいなんですが,こういうメッセージ性の強い作品には効果的というかとても響きました。

 

 随分時間かけて買わないつもりの図録もつい買ってしまって,おなかすいたので古代エジプト展コラボのピラミッドカレーを食べちゃったー。もう集中力が残り少なくて(そもそも仕事帰りに来て21時過ぎ),肝心の古代エジプト展@森アーツセンターギャラリーは駆け足になっちゃいました(現在福岡市美術館に巡回)。

 モツレクを付けた映像(スハ・ショーハーマン『神の御名において止めよ』)を見たあと,次は「死者の書」だから今日はメメント・モリの日だ~と思ったら「死者の書」は復活・再生への強い想いでしたよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/538-c9dd6f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。