FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン=ジョーンズ展-装飾と象徴-@三菱一号館美術館

 

バーン=ジョーンズ展-装飾と象徴-@三菱一号館美術館,14日(土)に行きました。まぎれなく日本の暑さでしたが,赤い壁がちょびっとレッドハウス気分。いやだいぶ違うし。
 大好きなバーン=ジョーンズですが個展としては日本初なんですね〜。初めて知ったのは今は亡き伊勢丹美術館で(古い人間なんで…),ここで何度も何度も絵の前に立った『ランスロットの夢』に久しぶりに会えるのが楽しみでした。

 土曜の午後にしてはさほど混んでなかったので(それはそれで残念というかもったいない),一点一点近寄ってじっくり見れました。ぶら美(ぶらぶら美術・博物館)のおかげでつい絵の端っこに目が! 分厚い評伝(『バーン=ジョーンズの芸術』)も読んでるから目新しいことは出てこないかと思ったけど, フェルメールのときもとても良かった修復家の岩井さんのお話,裏打ちのナゾ,除去出来ないニス,グワッシュの剥落止め…が面白く興味深かったのです。

 最初の章で釘付けになったのが『慈悲深き騎士』。技術的に初期の作品だけど,まだ祝福するキリストに気づかず祈りを捧げる騎士の固い表情がいい。

 今回連作が多いのがうれしいですね。一枚でその物語を語り切るのも面白いけど,この連作群は皆主人公始め登場人物が変化してゆく物語だから。『クピドとプシュケ』は油彩2点と水彩の習作。このお話は大好きなのです。プシュケの物語はそーいえば絵画とギリシャ神話のページを作りかけて放置しました(文字化けしたらテキストエンコーディングを変えてみてください。ISO2022-JPとか)。いや今は検索すればいくらでも詳しく出て来ますけど。

 ポスターなど見ると今回のメインは「ペルセウス」と「いばら姫」らしいんだけど,連作の展示じゃないのが残念。ペルセウスは未完成だったみたいで,展示された作品だけでも素晴らしいので,小さく参考にプリントされた他のも見てみたかったなあ。

 いばら姫の連作も眠る姫君は確かに美しいけど,倒れた騎士達(いばらの森に入る王子)のが素敵なんです。以前見たのはプエルトリコのポーンセ美術館所蔵の連作で,このときはポスターもあったのでラッキーだった!

 バーン=ジョーンズは男性の方が断然色っぽいと思うのです。着衣でも甲冑でも。いや女性が清らか過ぎるってことで…。
 でも『ピグマリオン』のガラテアは人間になっても生気がないし,命を与えたウェヌスも目に力がない。女性崇拝の一番奥にミソジニーがあるのではというのは意地悪過ぎるかしら。ラファエル前派“兄弟団”(Brotherhood)っていうくらいだし。

 他はやっぱりミケランジェロ的男性の肢体が魅力的過ぎる『運命の車輪』素晴らしい。それから最晩年の『魔法使い』,エッチングの『フラマ・ウェスタス』…。もちろんケルムスコットプレスの美しい挿絵と版面も。図録にたくさん中味が収録されていたのがうれしい。
 個展らしくカリカチュアもあって,ユーモアと共に生真面目な人柄が見えます。巨大なタペストリー『東方三博士の礼拝』は2011年の横須賀美術館で見てるのであのときほどの感動はなかったけど。

 そしてやっぱり最後に目に焼き付けるのは『ランスロットの夢(聖杯堂の前で見る騎士ランスロットの夢)』。冷たそうな天使よりもランスロットの方が断然美しい。
 始めに見た『慈悲深き騎士』の騎士と彼を祝福するキリスト,ランスロットに冷たい告知をする天使,全く違う構図だけど,騎士とキリスト教的なもの(キリストそのもの)という組み合わせに(自分が)注目してるのが面白いなあとあとから思いつきました。

 

 お買い物!図録とおなじみ『もっと知りたいバーン=ジョーンズ』『バーン=ジョーンズ 眠り姫』。それにグッズをファイルや一筆箋にポストカードでやっぱり1万超。

 図録は展示作品とともに関連作がカラーで載っていて読み物としてとてもいいんだけど,ちょっと色が明る過ぎる気がするう。特に一番肝心の『ランスロット』が!ポストカードも同じような色なのでそういう監修なのでしょうか〜。そして一般的な話だけど,図録やポスター,カードには額縁がない!やっぱり額縁を含めて本物を見るっていいなあ。

 バーン=ジョーンズは確かに少女漫画ぽいけど,あんまり耽美と思ったことはないんです。モチーフは確かに美しい,でももうちょっと乾いたカンジで。確かに内田善美,吉野朔実ぽい硬質な端正さに通じてるかも。耽美というと連想するようなほの暗さがないんですよね。図録を読むとモリス,ワッツはアイスランドへ向かったのに対して,イタリア志向だったんですね。それがイギリス絵画,そして素材の選び方にしてはどこか明るさも持っているのかしら。

 『眠り姫』はいばら姫やペルセウスの連作の今回展示されてない画が入ってるのがうれしい。バージョンは違うんだけど。
 今回展示はないけど『もっと知りたい…』『眠り姫』に収録されている『黄金の階段』。これはどこかで本物を見たような覚えがあるんだけど,個々の描き分けが出来ていないといわれるけど,むしろ装飾的であるだけでなく,モチーフの非現実性かつあたかも1人が階段を降りてくるような動きを感じる。あっ階段を降りる花嫁!? 連作で物語絵を描いたバーン=ジョーンズならではの表現がこの特に主題のない絵の中にも込められているのかもしれない。ああバーン=ジョーンズ っていいなあ。

 

 15時頃Café 1894へ。ちょっと待ったけど,中で座ってられるのでよかった。ここはいつも美術館に来た人以外も多そうだなあ。美術展も見ればいいのに!
 今日はコラボメニューの眠り姫のデザートプレートセット。 真ん中は薔薇のアイス。ジュレは綺麗だけど味はちょっとびみょん。ペルセウスの肉はもう一度見にきた時に~。
 そしてこのあと 帝劇のルドルフに観に行ったのでした。

 6/23~8/19【巡回】9/1~10/14 兵庫県立美術館,10/23~12/9 郡山市立美術館

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/528-75405453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。