FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックス・エルンスト―フィギュア×スケープ@横浜美術館

 

 

マックス・エルンスト―フィギュア×スケープ@横浜美術館に行って来ました(6/24まで)。
 が,まず美術館のレストラン,ブラッスリー・ティーズ・ミュゼでランチから~。このレストラン,貸切とかタイミングが合わなくて初めてなのです。(サイト見ても営業時間がわからないっ。予約のページに今日はランチが14時ラストオーダーなのは出てたけど。普段は15時ラストオーダーでした)
 図録は先に買いました。オードブルは海に幸のサラダで,メインは仔羊。鴨のオレンジソースと迷ったけどガッツリ食べたかったの。デザートに桃のシフォンケーキ,桃のシャーベット添え。デサート別(¥500)で¥2000のプリフィクス。仔羊(+¥400)とグラスワイン(¥700)で更に+αだけどおいしかった,満足~。

 今回パスしようと思ってたけど,例によってぶらぶら美術・博物館(ぶら美)で見たら行きたくなってしまったのです。作品を見る度に前に見たエルンストと違う〜?と不思議だったのは技のデパートだったからとは。まとめて見れるのはいいなあと思って。

 マックス・エルンスト,いやー面白い! 実物見ると単に技法をたくさん持ってるっていう意味ではない。フロッタージュ(擦り出す),グロッタージュ(引っ掻く),デカルコマニー(転写)は,意図したものと意図しないものが現出する技法なのでは。そのへんにコラージュ(併用もするけど)との違いがあるかも。

 ガラスを通してでない展示も多くて,質感と共に過程も感じることが出来る。『自由の賞賛』はガラスあったけど,背景の背景の白を後から載せたのがわかって彼の心象が見える。『ポーランドの騎手』や『鳩のように』の何重にも重なったイメージはエルンスト自身の心象ももちろん、見るわたしたちの心の内も暴いてゆく。
 『嘘八百』は軽やかな色彩と形。でも仮面のような冷たさもある。そして後年の「美しき女庭師の帰還』にしても鳥は囚われたままなのかな。でも鳥は彫刻のもカワイイ。

 

 更に充実のコレクション展はエルンストに合わせてマン・レイやハンス・ベルメールも。シュールレアリズムの部屋へももちろん行く~!こっちは撮影可だったのね。でも人が移るから上の方だけ。右はエントランスの彫刻群。
 さっきデザート付けたのにカフェで休憩。横浜まで来たのでそごう美術館の京都 細見美術館展 PartⅡ琳派・若冲と雅の世界(〜7/16)にも行っちゃおうかなと野望が沸き起こり一休みしてから横浜駅へ移動しました。20時までなのですよ。だってこれもぶら美でやるから放送見たらきっと行きたくなっちゃうけど,もう横浜まで出る日にちはなさそうだから。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/523-c058cc27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。