FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立劇場《ローエングリン》

新国立劇場《ローエングリン》,楽日に行って来ました。去年のバイエルンのボータの美声が素晴らし過ぎたのでもう満足と思いつつ,バイロイトの映像で(容姿よりも)甘い歌声がローエグリンにぴったりとやっぱり聴かなくちゃ。(でもキャスト変更が多過ぎるのであくまで期待し過ぎないよーに)

 やはりなんといってもフォークトのローエングリン。甘くて柔らかい声が素敵だけど,輝かしい神性みたいのはないかなあ。でもルックス含めて1人異次元に浮いてるというのがいいのです。ローエングリンは騎士であり王子様な,英雄とはまた違ったキャラクターだし。

 舞台美術は電飾のバックが硬質な音楽に合ってました。でも花火とか具象的なのはちょっと興ざめなのであくまで抽象的に通して欲しかった。白鳥がやってくるところや,エルザに疑惑が残っているように白に紫が挿してるところとか心理描写を助けているのはよかった。衣装は1・2幕のエルザと合唱の衣装がヘン。でもエルザは短いのはおかしいけど,その後結婚式で白いロングドレスになり,初夜の場で短い白の下に黒いパンツ,終盤で黒いドレスとこれも心理に沿ってわかりやすい。

 他に2幕のあくまで尊大なオルトルートと二人きりだと彼女に頼り切る殊更弱々しいテルラムント。ここでお花畑なエルザはオルトルートじゃなくてもムカつくけど,追い詰められ,結婚の場に向かうのにもローエングリンが付いてないのが面白い。そしていよいよ帰る段になってようやくエルザを抱き寄せる身勝手さ。解釈や読替えではなく演技で物語るシンプルさはとてもよかった。最後に帰って来た小さなゴットフリートが1人残される絶望感も筋が通ってる(ここで如何にも日本人のコじゃなくてよかったんだけど,実はダブルキャストだった)。 あ,演奏会形式でいいんじゃと思ってしまうのはシンプルな演出ではなく無理な読替えなんかを見たときなんですよね。

 ワーグナーはやっぱりいいなあ。音楽が心情に寄り添い更に高めてく。それを一番感じることができる舞台だったと思います。楽日なのでとってもカーテンコール長かった。もちろんローエングリンが一番喝采ブラヴォーでした!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/522-2cd78d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。