FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜・さくら・SAKURA 2012〜美術館でお花見!@山種美術館

 

♪どちらも5/20までだけど,燕子花のKORIN展@根津美術館の前に桜を見ないと!と4/29に「桜・さくら・SAKURA 2012〜美術館でお花見!」を山種美術館で見て来ました。

 先に展示を見てからCafe椿でコラボ和菓子。一番印象的だった橋本明治の『朝陽桜』から陽春。前に一度見たような気がするんですが,今回これが三春町の桜だって読んで泣いた…。絵としても一番好きです!はっきりした輪郭はそもそも大好物だもの。
 【左】サイズは小さいけど図録! ないと思い込んで鉛筆借りて一覧に一生懸命メモメモしてました。表紙が『朝陽桜』素敵でしょう? 和菓子にもある金もだけど,凸凹が面白い!カードは奥村土牛です。

 と話が前後しましたが,展示はまず「名所の桜」,奥村土牛『醍醐』から。奥村土牛は初めて見るんだけど,これ本物を見ると幹はあくまで花を見せるためにあるんだ〜と思った。一番良かったのはとにかく橋本明治『朝陽桜』なんだけど,他には石田武『月宵』『春宵』『千鳥ヶ淵』が好き。
 もともと山種美術館は千鳥ヶ淵の近くにあって毎年桜をテーマにした企画展を開催してたんだそうです。当時は行ったことなかったんですけど,前の職場は九段下で桜の時期にはお昼休みに千鳥ヶ淵を散歩してました。ある年に正に花吹雪!という中を歩いたことがあって,その後なかなかそういうタイミングには合わないものなのだなあ,と桜の時期に思い出します。なので和菓子も千鳥ヶ淵のと迷ったのです。
 他に東山魁夷『春静』の深い緑がはっきりくっきりして桜がぼうっとしてるのが面白い。石田武『吉野』もそう。小林古径「清姫」のうち『入相桜』のモコモコした桜も好き。

 次のコーナーは「桜を愛でる」。なんだけど,ぱっと視界に入った松岡映丘『春光春衣』が桜より更に姫君達が華やか。
 羽石光志『吉野山の西行』,桜といえば西行…。もう坊主の西行でも藤木直人の顔しか連想されないっ。
 それまでのまず綺麗!という作品群から森田曠平『百萬』のキツネ目にうひゃっとすると更に隣りに加藤登美子『桜の森の満開の下』! 背景が金の花びらで埋まり,青衣に八重桜という強烈な色合いを身につけた女性は胸をはだけ“わたしこそ一番の花よ!”と言わんばかりなのに,その人物が一番簡素な一本線で出来てる。むしろ苦手な絵なのに圧倒されて何度も見ちゃいました。
 狩野常信『明皇花陣図』は玄宗と楊貴妃の絵巻。日本のお花見とはまた違う軽やかさ。

 「桜を描く」。小茂田青樹『春庭』の道いっぱいの花びらと濃い緑の自然を満喫する季節に比して,山本丘人『走春ノ或ル日』は桜以外は黒が勝つ画面もまた待ちに待った春の訪れを静かに力強く描く。
 稗田一穂『朧春』の禍々しくも美しい夜桜に,まるで先日のスーパームーンのような大きな月,するとすぐ隣りだったかしら小野竹喬「春野秋溪」のうち『春野』の清廉な空気感はどうでしょう。遠くの澄んだ緑の山がまた爽やかなのです。

 ミュージアムショップを覗いてから“小部屋”へ。小林古径『桜花』の赤い葉がいいなあ。やっぱり何度見ても速水御舟はいい,『夜桜』『あけぼの・春の宵 のうち 春の宵』。この方の花を描いてもどこか内省的な静けさがたまらない。そして川﨑小虎『山桜に雀』の静かな月夜に桜の枝で健やかに眠る二羽の雀。

 とメモメモを元に図録と見比べて書き出してみましたっ。館内は混み混みではないけど思ったより入ってた,のはこんないい展覧会でいいことなんですが,でも~人数の割には妙に騒がしかったのが残念。うーん普段来ない人が来てるのはうれしいけどねえ(なんかいろんな使命感に駆られてるらしい)。一方,小声で話してる小学生くらいのお嬢さんとパパが微笑ましかったのになあ。

 今日はただ綺麗だったなあで終わるかと思ってたら,あれもこれもと素晴らしかった! 桜の様々なうつくしさもだけど,ひとつのテーマに絞って見たことで日本画の多様性,奥深さを知ることが出来たような気がします。

 

 【左】行きの恵比寿駅近く。ちゃんと往復歩きました!まあ鯉のぼり,5月らしい!と思ったらこの日はまだ4月でしたよ。【右】帰りに真っ赤なツツジ!と撮ったらどうしてもピンクぽくなってしまう。赤が色が違ったりベタっとするのはデジタルだから?一眼ならちゃんと色が出るのかなあ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/516-f4a49c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。