FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIC川村記念美術館その1(散策篇)

 

♪土曜日にDIC川村記念美術館に行って来ました。コレクション,更に4/15までの企画展がすっばらしかったのでぜひっとおススメしたいのですが,まずは順を追ってと思ったら写真が絞りきれませんでした。
 京成佐倉駅から無料送迎バスで30分,ルノワール号でした(JR佐倉駅経由)。右のレンブラント号に乗りたかったんだけど〜,これは大型バスで東京駅から1時間(有料)。毎日一往復です。

 11時前に着いて,【左】佐藤忠良『緑』が出迎えてくれます。敷地内にいくつか彫刻があります。でもこれちょっと着エロ…,ああっすみませんっ。

 

 バス停から林を抜けて,目の前に池が広がります。もうちょっと季節が進んだら芝生の緑なのでしょう。


 美術館の建物,ちょっとメルヒェンですけどこれは中の構造があってのことみたいです。左にまぶしい清水久兵衛『朱甲面』。
 まず再入場出来ることを確認したんですけど,うちから2時間半くらい,ずっと電車〜バスと乗り物の中だったので,ちょっと外を歩こうっと。

 

 池の左にジョエル・シャピロの彫刻(無題)。大きな白鳥! 芝生の上を歩いてる姿はなんか新鮮です。

 

 自然散策路に片栗,水仙。いや水仙はもう終る間際なんですけど,今年の大河ドラマが面白過ぎて,水仙を見ると脳内「たまこぉ〜」と鳥羽ちゃんがっ。

 

 実は起きてから何も食べてないんで,やっぱりランチ(ブランチ)にしよう。レストランの前に木蓮と桜。ここの桜が早めに咲いてたみたい。

 

 イタリアンレストラン[ベルヴェデーレ]。せっかくなので桜ワインってのにしてみました。が,クロスもピンクなのでテーブルの上では色が映えない〜。あ,桜の見える窓際はこの時間予約でいっぱいだったみたい。もうちょっと遅かったらすぐにテーブルにも着けないくらい混んでました。

 

 盛りだくさんのアンティパスト。プリモはパスタかスープ(クラムチャウダー)。ハーフサイズの スパゲティはフィクスで,桜海老って口に残って積極的には頼まないんだけど,これ身の殻が取ってあったの! ポイント高いですよ〜!

 

 パスタが海老なので,メインは真鯛と迷ったけどお肉にしました。千葉県産匠豚,新玉葱のアンチョビソース。ドルチェは盛り合わせ。ティラミスとブラマンジェとババロア。カプチーノがちゃんとカプチーノだった。だ,だって結構がっかりするんですもの。

 

 おなかいっぱいなので,まだっ美術館に入らないで食後のお散歩。散策路には菫が。
 抜けると広場の真ん中にヘンリー・ムーア『ブロンズの形態』。ここはピクニックスペースですね。美術館に入らなければ無料なのでこのあたりは家族連れが多いです。


 菜の花,いい香り。熱海の群生ほどではないですけど。でも今年はどこも遅いみたい。

 ↓そして休憩所の向こうに白木蓮,大好き〜。ちょうど見頃だったみたい。




 池の方に降りて行きます。睡蓮の咲く頃にも来てみたいな。池の向こうは花菖蒲のようです。季節ごとにいつ行っても良いように様々な植物で造園されているんですね。

 ↓黄色い連翹(レンギョウ)と青空の映る池の対比が美しい



 

 桜は,赤い寒緋桜,左は八重の里桜?ぽつんと一本だけ咲いてるのがあって,染井吉野や枝垂れ梅はまだこれからです。来週あたりお花見に良さそうですよ〜。



 これは藤棚の下のベンチから。向こう側に美術館が見えてます。そろそろ入らなければ〜。しかし無料とはいえ,散策だけに来る人が多いって,確かにこれは佐倉市近郊だったら,この花あの花の咲く頃,紅葉の頃…と何度でも来たくなります。これだけ広い敷地ですから一通り歩くだけで十分満足してしまいました。いや美術館に来たんですけどね。つづく…

■DIC川村記念美術館その2(美術館篇#1コレクション)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/505-ea3edc84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。