FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

2011はじめての金沢 その6(金沢21世紀美術館#1)

■金沢に行ってきました!
■2011はじめての金沢 その1(ガンダムジェットと海鮮丼と白鳥ホテル)
■2011はじめての金沢 その2(Fantasy on Ice in Kanazawa #1)
■2011はじめての金沢 その3(金沢城公園)
■2011はじめての金沢 その4(Fantasy on Ice in Kanazawa #2)
■2011はじめての金沢 その5(素敵ティーラウンジと白鳥路)

 

♪向こう側に兼六園を見ながら歩いて金沢21世紀美術館へ向かいます。
 あ,金箔ソフトだー!しかも金色ダックス!静香ちゃんが見たら喜びそう~。う~ん,さっきケーキ食べたばっかりだし時間があんまりないので残念ながらパス。
 美術館に入る前に18時までなのでクラフト広坂を覗く。明日お店に行こうと思ってる千と世水引さんのにほい玉がここで販売してました。ミュージアムショップよりもこちらの方が欲しいものがいっぱいあったかも。

 

 気がついたら美術館を外から見た写真がなかったよ。いきなり,オラファー・エリアソン『Colour activity house(カラー・アクティヴィティ・ハウス)』。色が重なりあって,また時間帯によって,目に見える世界が変わるってわかりやすいけど,実際目の前にあるとすごく気になる。だからこのあと何度も写真撮ってます。

 


 フローリアン・クラール『アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3』。ラッパがどこに繋がっているかわからないよっていう,これは一人だと全然わかんないですねー。いや知らない人の声を聞くと聞かせるというのが狙いなんでしょうけど。
 で,その銀色の現代アートの向こうに茶室が見えるわ~と思ったら,松涛庵という移築されたこれも美術館の一部なのですね。

 

 一番有名なレアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』。やっぱり一番面白いのはこれかなあ。内と外,どちらにいても見られる客体になってしまう。それを初めて見る物体,ではなく誰もが知っているプールだからこそ感じる不思議さ。

 

 これ外は無料なんだけど,中に入るには企画展のチケットが必要なんですねー。恒久展示は交流ゾーン(無料,22時まで)と展覧会ゾーン(有料,18時まで。金土は20時まで)に分かれてます。

 

 ジェームズ・タレル『ブルー・プラネット・スカイ』は,その名の通り青空が見えないとあんまり意味がなーい。昼と夜なんですけど。単に白と黒だ。青空で雲が動いてたら面白いと思います。あと夕暮れとか時間を感じられないと。

 マイケル・リン『市民ギャラリー 2004.10.9 -2005.3.21』。鮮やかでカワイイ。伝統的な文様をこうして描きだすというのは現代アートというよりももう少し前にポップアートぽいですね。

 それからえーと,ヤン・ファーブル『雲を測る男』。これはどこからが一番良く見えるのかなあ。中でちょっと見上げたらあったので,外から撮ろうと思ってぐるぐるしたけど,よく見えないの。
 有料ゾーンはプール以外は撮影禁止です。パトリック・ブラン『緑の橋』を楽しみにしてたので残念です。植物を使って見たときによって様相が変わるって,撮影(記録)出来た方がリピートの楽しみになるのにー。

 展示では「サイレント・エコー コレクション展 I」(~7/18終了)はあんまり,ピンとくるものはなかったなあ。やりたいこと見せたいことはわかるんだけど,だから何?ってなっちゃう。
 それから「art-ZINE(アートジン)」(~9/25)って,別に全然目新しいことじゃないよねー。コミック,アニメ的なものだけじゃなくて,同人誌って作家さん達が昔々から作ってるし,大御所の漫画家さんの肉筆回覧(ここの定義は1点ものではないことらしいけど。そしたらマルチプル?)とかいくらでも歴史が掘り起こせるじゃないですかねー。なんとなく,これは新しい!アートだ!みたいなノリが好きじゃないみたいのかな。いやだから新しくないし。

 「企画展「イェッペ・ハイン360°」(~8/31)の方はなかなか面白かったです。特に『籠と鏡』と『回転する迷宮』。自分が動くのとまたそれと同調しないで空間が変化するのが面白い。ずらし,その状態を楽しむっていうのもあるし,いつも見えてるものは何だったんだろうとか。
 このあとミュージアムショップをちらっと覗いてミュシャ展へ~。

■2011はじめての金沢 その7(アルフォンス・ミュシャ展)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/438-7c771592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)