FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

2011はじめての金沢 その2(Fantasy on Ice in Kanazawa #1)

■金沢に行ってきました!
■2011はじめての金沢 その1(ガンダムジェットと海鮮丼と白鳥ホテル)

 

「アンフォルメルとは何か」は置いといて(やっぱり…),Fantasy on Ice 2011,土曜の17:30公演です。
 あわててホテルを出て,兼六園下からバスに乗って,まず金沢駅へ~。ひゃあやっぱり加賀百万石っ。この門みたいの写真ではいっぱい見てたけど,本当に大きい。
 シャトルバス乗り場は反対側です。【右】いしかわ総合スポーツセンター。


 ロビーに模型がありました。全容はこんなカンジだったらしい。

 
 すっかりアイスショーの風物詩になったスタンド花群。ジュベールさんには2つ。右のトリコロールのに参加させて頂きました。
 【上右】ハートのトリコロールはアイスダンスのペシャラ&ブルザ宛,カワイイ! 左には羽生君宛。
 美姫ちゃんにはいくつかあったけど,やっぱりスティッチバルーンいいですよねー!

 物販は内容がどーであれまず記念にプログラムを買います。それから美姫ちゃんの自伝文庫増補版が会場先行するのを探したら,自分のチケットの入場口の方の上の階にあって,その場ではわーいあった!と喜んで買ったけど,せっかく先行販売したのに下の階(いい席)のヒトは気がつかないんじゃないかなーとちょっと残念ですね。こういう公演は初めて生スケートくらいのヒトが多いので,その場で買わなくてそういうの出てるんだ~って知って欲しいしー。
 でもってやっぱりやっぱりサイン入りでした。わーい!「昨日金曜日に書いてもらいました~」とのこと。更に個別のポストカードも金沢消印なので,せっせとサインしていたのであろう。いいコだー。

 2公演観るので,この回はA席です。だってジュベールさんが来ないかもしれないかもしれないしー。2階席のショートサイド,1列目なのはうれしいけど,前のガラス?アクリル板?がー。しかしむしろ木製の手すりが視界に入る! 縦長に観るので向こうにいるときはいいけど,せっかく近づいてくれると視界が分断されてしまうのです。いっそ2列目(2列しかないので最後列)なら立っちゃうんだけどなー。
 ショーは群舞で始まりますが,だいたい衣装を合わせてくるのでまずどこに誰がいるかを把握しなければいけません。で,2回目は最初からそこを見ればいいと。
 1部のジュベールはトリでLittle Love。しっとり系が実はとても素敵に似合うのですよー。ただこの曲は日本のTVでやるような大会でのエキシビションでは滑ってないので(そもそもエキシにあんまり出てない…しょぼん),ほとんど知られてないみたいでした。次の日,お隣の方に新しいプロ?って聞かれちゃったー。
 1部でよかったのはキャンデロロの『ダルタニアン』! 長野五輪のプログラムです。当時のわたくしはストイコのかなーり熱の入ったファンだったので,キャンデロロは『ゴッドファーザー』の方が好きだし~ってくらいだったんですけど,生ダルタニアンカッコいいです! 素直に感動したのと日本に来てくれてありがとー的にスタオベしたんですけど,この座ってるブロック全然そういう雰囲気じゃなくて,スタオベしてすみませんすみませんて空気で。
 あ,今回倉木麻衣さんがゲストでコラボするんですが,うーん,ほとんど知らないわたしも知ってる曲だけど,なんとゆーかあまり生で歌う,そこにいる感の必要性を感じないというか…。まー座席的に真正面とはいえ一番遠いところなのでライヴ感に欠けるのかもしれませんが~。

 2部でよかったのは羽生君の新しいプログラム。実は全ての中で一番よかったかもしれない。今これだけ気迫が感じられると期待できる一方で,リンク事情とかピーキングとか上手く調節できるといいなあという心配をしてしまいます。仙台のリンクがようやく再開のニュースは喜ばしいですね!
 美姫ちゃんは,レクイエムをやってくれないかなあ,でもここで既に滑ってるので同じものはやらないかなあとぐるぐる考えてたのですが,新プログラムの『千の風になって』の英語Ver.をモスクワで着た白い羽根の着いた衣装で。わたし『千の風になって』ってあんまり好きじゃないんですよー。英語の歌詞はまたちょっと違うらしいんですが。でもでも気持ちがこもってて美しく,滑らかな滑りとキレキレのジャンプはさすが現役チャンピオン!と際立ってました。ジャンプはもともとですが,こんなにゆったりでも伸びやかに滑ってったっけ?というステーティングです。技術の確かさと情感が両立してるって素晴らしい。(付記:その後観るごとに素敵になってて,iTuneで購入しましたよん:A Thousand Winds by Hayley Westenra)
 2曲目のジュベールはもちろん『Rise』! すっかり試合Verが定番になりました(ジャンプは違うけど)。でもでも意外なことに試合の方がきゃーきゃーしてたような気がするんですが,そうか試合(日本では国別とNHK杯)はかなり争奪戦なチケットを取った普段から観てる層が揃ってて,最初のクワドが決まればあとは興奮の坩堝と化したのでした。なんとなく初めての地の評判を気にしてしまうなあ。って,いや冷めてるわけではないのです。さっきはしっとりだったけど,いまっ国旗振りたい~,でもまた周り立ちそうもない,いやこれ観るために金沢まで来たんだしっと前に出て国旗振りましたよわたしはっ。
 最後はやっぱり静香ちゃん。1部は意外に『Who Wants to Live Forever』で,またこれが観れるとは思わなかったー。2部は倉木さんとのコラボ,この演目はちゃんと歌詞とあっててとてもよかったですよー。以上,スケーターは一部だけです。

 アクロバットは1部と2部で,知らないヒトが多いので,プログラムの始めに大技出した方がつかみやすかったのでわー。2部のいつもの『白鳥』はもう出て来ただけで期待感も相まって受けてましたが。エアリエルは2部だけでしたが,長いプログラムでこちらはどんどん派手になっていくのに驚いてるのがわかって,なんとなくもっとすごいのが出るよ~と心の中で煽ってました。
 フィナーレの前,群舞の振付のナハロさんたちのフラメンコがあって,うーんちょっと長い? 今回のやコラボ,オープニング,フィナーレともスペインぽいものに関連性がないのですごーく唐突感がありました。ひとつひとつは素晴らしいんだけど,なんだか統一感に欠けるという印象が残ってしまったかも~。

 これは休憩中に出たロビー。一瞬なんで本田△だけ?と思ったけど,そうそう石川の星稜高校だったんですよね。金沢or石川にチームなかったけ?と思い出せなかったんですが,ツエーゲン金沢でしたっ。ダジャレ系キライじゃないです。いやかなり好きっ。こじゃれたマンションみたいのよりステキですよお。ここのエンブレム,シルエットがフィオレンティーナ的ですが県花黒百合なのだそーですよ。

 終演後はジュベールファンの皆さんと食事会という名の飲み会へ~。わたしは残念ながら日本酒が飲めないのだ。結局お店を出たのは24時くらいだったかも。タクシーに分乗してホテルへ帰る。

■2011はじめての金沢 その3(金沢城公園)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/424-2ad8c001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)