FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

表慶館改修記念コンサート「中野振一郎によるゴルトベルグ変奏曲」@東京国立博物館

表慶館表慶館ホール
♪仏像展のチラシで見付けた記念コンサートです。上野の東京国立博物館。いつも素敵な建物だなーと思って前を通り過ぎてるだけだった表慶館が改修完了して,中のこれまた素敵な丸天井のホールでバッハのチェンバロとは! 既に売り切れかとどきどき予約しました。
 ゴルトベルグの実演は初めてだったと思うので,せっかくなのでちゃんと予習をしておくべきでしたー。そもそも演奏の感想を書くのが苦手なので,細部を述べるのは難しいのですが,なんというか“もっとバッハを聴かなきゃ!”という切迫した気持ちになりましたわ。いやそもそも一番好きなのはバッハのはずなのであって。この変奏の理系っぽいところが今自分の中で弱くなってるような気がするんです。すみません,なんだかよくわかんないですね。
 コンサートは休憩後約80分通しで,いやでも全然あきないですよ。 中野さんが拍手を受けながら聴衆に拍手してたのがおかしかったです。今日は暖かかったからよかったけど,暖房らしい暖房もなさそうで(きっと上に抜けちゃう),椅子もちょっといいパイプ椅子だから,優雅な空間なのになんというかすっごくストイックなコンサートでした。これはこれでバッハらしい? いやバッハは真面目一辺倒な人間じゃなかったはずですが。
 館内は撮影禁止ではなくて,館内展示も一般の人には休館扱いだったんですが終了後解放してくれたので,いっぱい写真撮っちゃいました。こういうのはやっぱり別ページかなー。資料映像などもかかってましたが,見てる時間がなかったのでまた行こうかなあ。2007年1月28日まで。

12/17 東京国立博物館 表慶館ホール
チェンバロ:中野振一郎
J.S.バッハ:イタリア風アリアと変奏 イ短調 BWV.989,ゴルトベルグ変奏曲BWV.988

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arscombinatoria.blog78.fc2.com/tb.php/24-1b9981f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)