FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

ウィリアム・モリス美しい暮らし@府中市美術館


 

♪日曜出掛けると疲れを持ち越すのでなるべく外出しないんですが,近場の府中市美術館へ。今日までの上海博物館中国絵画の至宝@東博はあきらめました。モリス展は12/1まで。

 15時前に着いて,とてもよいお天気に紅葉が映えるのでちょっとお散歩しちゃいました。が素晴らしい晩秋の日曜日,ガキが煩さ…もといご家族連れの多いのどかな公園の昼下がりにBGMはトリスタンとイゾルデ,そして安定のツイ廃でした。そうさおひとりさま万歳。
 でもでも右下のオブジェ向井良吉『7月(七夕)の樹』は晴れた公園に忽然と現れたようで素敵ですよお。しかしiPhoneで見ると綺麗なんだけど,う〜んデジカメ持ってけばよかった。


♪改めて,ウィリアム・モリス 美しい暮らし−ステンドグラス・壁紙・テキスタイル@府中市美術館です。展示数は少ないながら閉館までじっくり堪能しました。都内近郊のモリス展はかなーり見てるつもりですが,まだまだ見たことないのがあるのがすごい。

■Si je puis - IF I CAN もしわたしにできるならば ウィリアム・モリス,その生涯と芸術(1997)(文字化けした場合テキストエンコーディングはISO2022など)
■ウィリアム・モリス-ステンドグラス・テキスタイル・壁紙 デザイン@うらわ美術館(2010)
■ラファエル前派からウィリアム・モリスへ@横須賀美術館(2010)
■バーン=ジョーンズ展-装飾と象徴-@三菱一号館美術館(2010)

 空いてる10年ちょっとは旧Webサイトの日記部分で,書いたまま現在ローカルエリアに放置…。パナソニック汐留ミュージアムに行けなかったのが悔やまれる。

 今回の展示は“美しい暮らし”というテーマに沿って,タピストリーのような圧倒される巨大なものはないけど,レイアウトも工夫されていてモリスの世界に浸れました。
 一番最初に目に入るのは,ひなぎくタイルの暖炉。この展覧会の象徴的展示。ひなぎくが身近な植物であるだけでなく,それを色数少なくデザイン化したタイルを使用しているのが更に可愛らしさを加速してます。

 次にステンドグラス,写真フィルムでの展示。うらわ美術館でもたくさん見ました。タピストリーにしてどうしてももバーン=ジョーンズ原画に目が行ってしまいます。
 絵柄の好みを抜きにすると,オール・セインツ教会の上下を透明にして室内の明るさを保つ工夫(ジーザス・カレッジ・チャペルも白衣が目立ちます),セント・マーティン教会のやはり明るい部分の葉の文様が職人によるものというモリスの精神が伝わっていること。
 絵柄的には以前にも見たセント・ジョン・エヴァンジェリスト教会(預言者ヨハネですよ)の『アブサロムの窓』の美青年アブサロムの長い髪と綺麗な顔にちゃんと肉感的な肢体。ジーザス・カレッジ…の『天使団と聖人』。ああ現地に行って自然光を浴びたい〜。(図録は現地写真。キャプションにあったけど展示のないNo.7を探してしまったですよ!)

 次のコーナーでは壁紙とファブリックが並べられたのがいい。大好きな『柳』のシリーズ。色違いの壁紙,ファブリックの印刷も綺麗。
 壁紙で反物状態のものは未使用ってことなのかしら。いま刷ったようにあざやかな発色でした。ガラスなしで刷り色や質感を自分の目で見れたのがうれしい。

 ファブリックではなんといってもインディゴ抜染の『リー川』。明らかに染色の質が違う!離れてよし近づいてよしで,最後に目に焼き付けたのもこれ。その隣りに赤『ウィンドラッシュ川』もいい。藍と赤,はっインディゴとルージュか(ロックオペラ・モーツァルトって今年一番嵌りの舞台がありまして…)。ここでもインディゴの方がより好み。

 そういえば壁紙も単色の方が好き。自然をより抽象化して,デザイン性・装飾性に特化してるように見えるのとともに,多色刷りははみ出しや刷り色ごとのテイスト違和感がある。
 多色でも『りんご』『クレイ川』などは綺麗。後進のヘンリー・ダールの輪郭のない『セランダイン』,ウォルター・クレインの輪郭を薄い色にした『オレンジの樹』などは,はみ出し塗り残しなしで単色のようなマット感が好みです。

 ケルムスコット・プレスの美しい本は数点ですがこれも外せない。そーいえば,活字のこだわりと中味だけでなく理想のハードへの妄執と云ってよいほどの拘りは,そうだよスティーブ(ジョブズ)だよ!

 家具も椅子やランプなど初見のものばかりかも。『ロセッティの長椅子』は心地よさ,美しさを求めてデザインし作成したであろうけど,この3つの椅子を並べたようなデザインはメッセージ性を内包したモダンアートのよう。あっラファエル前派兄弟団?

 展示を見終わったあと「手乗りいちご泥棒」「インドの版木」の体験コーナーが楽しい! 無心にハサミを使ったりモリスの愛した手仕事ぽいかも。
 せっかくのコーナーがわかりにくいのと,声が展示スペースに響いてたのが気になりましたが。

 モリスの思想として清貧な生活と美しい暮らしは矛盾しないの? その美しい製品たちは余裕ある層にしか購入出来なくて,まあモリス自身も裕福な家庭出身で日銭を稼がなくても生きていけるひとだったから,余計に拝金主義的にならない豊さなんだろうなあとか改めて考えてたら,その矛盾を打破するための社会主義思想があると,図録の巻頭解説に簡潔にまとめられてましたよ(ロビーでちょっと休憩してながら図録もパラ見してました)。なので,ミュージアムショップで図録の他に『ウィリアム・モリスのマルクス主義』(大内秀明,平凡社新書)も買っちゃいました。

 15時過ぎから17時の閉館までずっといて,外はもうクライフェルト!帰りの「ちゅうバス」は閉館直後の17:13のはいっぱいで乗れなかったです(30分間隔)。タクシーあれば相乗りいけそうだったけど全然通らないし,歩くのにバス15分弱の道のりは遠いし土地勘がないのであきらめて待ってました。予想外に疲れてしまった。そういえば以前一度だけ来たのは確か夏にカミーユ・クローデルのときで,まだ明るかったので芸術劇場の方を抜けて東府中まで歩いたのでした。

興福寺仏頭展@東京藝術大学大学美術館

興福寺創建1300年記念 国宝 興福寺仏頭展東京藝術大学大学美術館,いよいよ11/24(日)まで!必見ですよっ。  お天気の上野公園,11/16(土)に参りましたが17時閉館なので15時半頃着いたらなんと入場制限中…。しかも阿修羅FC割引があったとは不覚っ。

 でも行列にぎょっとしましたが,○分待ちではなく混雑緩和とのことで思ったよりすぐに入れました。中も第一会場はそれほどではなく,さすがに仏頭と木像十二神将のある第二の方はかなりの人出。それでも入場締切(16時半)後狙いが当たり,仏頭・木像十二神将もじっくり見れました。

 混んでる間は一通り廻って隙間やぽっかり空いてるところから。映像も見ました。閉館40分前くらいに音声ガイドを借りてまた第一から第二へ。ガイド借りるならもう少し早めでもよかったかも。でもいきなり人の話を聞かないで自分だけで対峙したいのです。

 ガイドは“白鳳の貴公子イメージキャラクター”大空祐飛さんがナビゲーターなんですが,声だけ聴くと“手首の蛇口のお甲さん!”を思い出してしまいましたよ。
 作品解説は藤村紀子さん,見仏記カップルのみうらじゅん&いとうせいこうの仏頭大使1号・2号の特別トラックも(後述)。

 第一会場はまず『厨子入り木造弥勒菩薩半跏像』が厨子から出されていて,もー好きなだけじろじろ見れます。更に図録を途中まで読んでるんですが,出展数少ないのもあってか厨子と別に展示の半跏像も前後左右の写真がばっちり,アクセのアップまで!もちろん厨子に入った姿もと至れり尽くせり,光背まで別に。厨子は絵だけじゃなくて,天上から下がってる飛天のアップがないのが惜しいなあ。

 書跡は板木も並べてあるのが面白い展示です。でもでもやっぱり紺地金泥が好き!平安後期の装飾経の体裁で,罫線は銀なんですって!。

 『板彫十二神将像』は新しい時代に作られた像と違って平安時代のもの。レリーフってその薄さだけでこの迫力!というのもすごいけど,一本足など立像では難しいポーズを作れるというのがこの形状を最大限に活かしてるじゃないかしら。
 また一面だけで全てを伝えるというのはあまり角度をつけて見ることがないので逆にイメージのぶれがないってこと?一面ということでマンガ的ポーズに見えるのかも〜。

 そしていよいよ第二会場へ(B1から3Fへの移動は面倒だよ〜)。お楽しみの『木像十二神将立像』が迎えてくれます。最初はだいぶ混んでましたが,みなさんほどよい距離を持って見てるので,一体一体少しづつ近づいて見ることが出来ました。腰のひねりや衣裳のたなびきや襞に注目しちゃいます。照明も影が良く出るようにあててるんだろうなあ。配置は立体曼陀羅というより仏頭へのアプローチみたい。

 そして『銅造仏頭』。貴公子というにはもっと意志的なものを感じました。これもまだちょっと混んでるので少しづつ。
 その奥に展示されている同じ白鵬期の仏像として出展されている青年の姿をした『銅造釈迦如来倚像』は深大寺のでした(市内なのです〜)。

 更にその後ろの仏頭VR復元映像コーナーもちゃんと見て,金の再現までしたのを見た後にもう一度仏頭を見ると,却ってそのお姿の奇跡というものに目を開かれたようです。本来の綺麗な形を壊れされた痛ましさ,しかしなお微笑むお顔…。
 実は十二神将(木像,板彫)目当てで,どちらかというと「仏頭展」?うーん…と危うくパスするところでした。あぶないあぶない。

 人ごみのなかそれでも十分堪能してたところで音声ガイドを借ります。第一会場に戻りガイドも順番に,でもどんどん流さないと時間が足りない〜。
 仏頭大使1号・2号のトラックが面白かったなあ。その「木像十二神将立像が人間の実物大より少し小さい」っていうのに,ちょっと守り神的なものを感じました。
 仏教って全然知識が足りないんですが,なんで神が下なんだろうと思って。キリストの12弟子いや聖人みたいなもの〜?12弟子とか12神という数字はどこからきたんでしょうね。干支と結びついたのは中国北涼時代なのだそうで,由来ではないですね。
 干支頭はちょっとギリシャ神話の神々の象徴動物を連想します。ギリシャ神話の12は黄道12宮なので全部が神のことではないです。

 更に仏頭のガイドでは「アシンメトリーが人間的で,また欠損していることで見る人それぞれの仏頭がある」というのが印象的でした。みな欠損部を補完し,自分にとって最も美しい姿を想像しているのかな。
 逆に光背も何もない状態でお身体がないので,お顔を注視せざるを得ないのもあります。元々眼を強調した造りで,青年の姿を理想としているのだと図録にありました。

 あとガイド聞いてると平家の焼き討ちって何度何度も…くううすみません!(すっかり平家の人間の気持ちって)
 この治承の乱で十二神将が守れなかったので,次の襲撃を想定してこういう憤怒の表情になったのではとあり,ひいては鎌倉時代の特徴になったのかな?源氏の殺るか殺られるかの世界観の具現かしら〜とか。逆に平安時代の板彫の方はどこかユーモラスで素朴でちょっと神像も連想させるような。

 それから仏頭は強訴じゃーの堂衆が奪って来たんですが(南部焼き討ちのあと),山田寺は故石川麻呂の鎮守祈願のために作られたのです。わー『天上の虹』で読んだわ〜。それを兼実さんが玉葉に書いたというのに反応したりと,どこまでもマンガ&大河ドラマ脳なのであった。

 そして最後はもちろん十二神将からもう一度戻って仏頭!この360度廻って見えるのは本来の仏像の形ではないのかもしれませんが,正面を見て時計回りに欠損の裏側,潰れた右側,そしてももう一度なおも穏やかに微笑む正面…ちょっと泣いちゃいました。いや涙腺ゆるいんですの。
 しかし感涙に浸れず,電車の中では図録ではなくリチャード三世の速読(読み直し)に戻るのであった。上野から渋谷へ移動〜。鉈切り丸へ!

 あ,グッズは最小限にしました。図録と自分の干支のポストカードとチケットケースと興福寺の匂い袋。iPhoneケースは我慢しました。まだ4Sだしシリコンの方が安心なのです。

鉈切り丸@シアターオーブ(ネタバレあり)

【11/21追記しました】
 

シアターオーブ『鉈切り丸』。11/9と11/16の2回。東京公演は11/8〜11/30とまだまだ続きますが,大阪が先だったのでようやくといった感です。
 新感線は少なくとも生では観たことなくて,いのうえシェイクスピアと言われてもよくわかっておりません。まーフラット?な目線ということで。
 なお元々リチャード三世のファンでした。イアン・マッケランの映画(文字化けした場合テキストエンコーディングはISO2022など)で! また大河『平清盛』で平時忠を演じた森田剛くんは舞台が評価されての(大河への)起用のとことで楽しみにしてました。

 初見は朧な記憶を探りながら(シェイクスピアの)誰と(源氏の)誰がリンクしてるのか考えながら観てて,面白かったけどどうもしっくり来ないなあと思ってました。で,いろいろ忘れてる〜と『リチャード三世』を読み直したり1週間でいろいろ調べて2回目に備えるつもりがやっぱりダメ人間。

 でも2回見てわかったような気がします。ああこれはラストの有名な「馬をくれ,王国をやる」ではなく「羽をくれ」から逆算して出来てる,如何にシェイクスピアと違うかという部分が大切なキャラ造形なのですね。(そこネタばれしてたけどわかんなかったのです←ばかー。馬じゃないのは範頼が馬に乗れないのですぐにわかりますよ)

 範頼(鉈切り丸)にはどうも権力欲を感じない,これが悪漢として見ようとすればピカレスクな魅力に欠けるかもしれない。そして哀れではなくかわいそうなひと。
 愛されたい,美しくありたかった,羽が欲しかったという鉈切り丸の願いは皮肉なことに,葬られ書き換えられた『吾妻鏡』で叶えられます。シェイクスピアが描いたような屈指の人気を誇る悪漢は闇に葬り去られた,いえ元々そんな悪い人はいなかったのです。

【11/21追記】
 ただ醜いことは間違いなくコンプレックスだけど,頭がよさ・人より優れているという優越感の方が勝っているのかもしれない。母以外の周囲は不具に対し冷たくないし,皆異母兄弟で頼朝を除いてそれぞれ微妙な上下関係があり完全なピラミッド型でない。
 それががむしゃらな上昇志向とは違っているのかも。このへん昨年の時忠を連想してしまいますね。 あの時忠は本当に良かった,単純にこずるいのかと思ったら芯の部分がセンシティヴで。

 そういえばかわいそうなひとといえばヴォイツェクですが,あれはただひたすら周囲がひどかった。『鉈切り丸』はよくもわるくも表層的で,逆に 『ヴォイツェク』は観る方もやる方もヴォイツェク自身も内面を削り取る舞台でした。歌があることで心情が表出するのかな。『ヴォイツェク』のこともまとめたいのですが〜。
【追記ここまで】

 またリチャード三世のし上がりと源氏の勃興をものすごく上手く当てはめているんですけど,鎌倉幕府は今まさに成立しようとしていて,確立している権力を巡る争いとは性格が違うというのも,範頼が権力欲・上昇志向だけではないんだろうなというところかも。
 頼朝の生瀬勝久さんのコントパートがちょっと尺長く,政子さんがそもそも強烈過ぎるから既に頼朝は範頼がいなくても傀儡のようで,意外な歴史の裏側というには史実の方が優ってるみたい。

 生演奏が下座みたいなところなのが面白く,その音楽は迫力がありながら終始“哀しみ”が通奏低音のようで,それがまた範頼の悲劇性を予感させ最初から悪漢に見せていないのかもしれません。

 

 2回目の休憩中にコラボドリンク。「異端児」はアルコールできっと寝ちゃうからノンアルコール「野心」で。巴さんに野心は感じなかったですけどねー。

 

 結局ちゃんとに読み直せなかったたけど坪内逍遥譯シェークスピヤ全集から。ハードなお話にかわゆい装幀,活版の文字も旧字も堪らない! 奥付は昭和49年再販,新樹社。初版はいつなんでしょう。古本屋で一目惚れして買ったきりでした。参考画像でマクベスだけ箱入で,あとオセロがあります。新潮文庫は前述の映画のとき読みました。

ミケランジェロ展@国立西洋美術館

 
ミケランジェロ展国立西洋美術館,11/17(日)までです。またっ会期ギリギリとゆう。

 11/2(土)に参りましたが,上野公園イベントに合わせ11/2・11/3は20時まで開館。いつも閉館間際狙いだけどあとが詰まってるので,16:40頃入ったけどわりと空いててストレスなく見れました。お天気がよくなかったので参考になりませんが。(毎週金曜は20時まで)

 周辺の作品を含めて60点とは少なすぎるけど,テーマがはっきりしていて集中して見ました。でも少ないだけに書簡等の訳くらい併記出来なかったのかしら(図録には所収,音声ガイドは不明)。意外に?きれいな文字(出身のおかげではと)。レオナルドみたく鏡文字でもないしー。

 肉筆の素描はもちろんだけど,『最後の審判』に基づくギージの銅版画がとても興味深い。特にキリストがとても若々しく美しいのにびっくり。実際の壁画も若いのでしょうが驚くほどに。あ,顔です!カラダは不似合いなほどマッチョですよ。

 目玉のひとつ高精細の4Kシアターは10分。システィーナ礼拝堂で見た人はもっともっと面白いんだろうなあ。でも現地ではもちろんこんなアップでは見れないわけで。4Kと関係ないけど作成されなかった『反逆天使の失墜』も見てみたかったなあ。
 シアターに入る前のスペースに大塚国際美術館の陶板がひとつありました。実物大を間近で見るというのは貴重な体験。陶板のスクロヴェーニ礼拝堂を見てみたいね~とママが言ってるんですけど,機会を逸してます。

 ポスターやチラシにも使われている浅浮彫『階段の聖母』,イエスに優しい眼差しを向けない聖母子像。そんなマリアの視線の方向にはない中段の少年は磔刑の縦棒を持ち上げてるみたいに見える。既に技術の問題ではなく,15歳でこの達観した主題ってすごい。

 今年の三大ルネサンスでラファエロ,レオナルドのトリでミケランジェロ! 二人に比べても結構好き。いやもしかして一番好きかも~。レオナルドとのライバル関係が若き天才と秀才だったり,容姿に対するコンプレックスとか。実は図録もちょっとしか読んでないし,ようやく『神のごときミケランジェロ』を買ってちら見してるんですけど,きっとますます興味が出て来るんじゃないかなあ。

その図録も展示ボリュームにしては通常の¥2200って高ーいと思いつつ購入(いや一般書籍に比べれば全然割安です)。いつかヴァチカンに行くときための予習用に。事前に借りたウフィツィの日本語ガイドブックはとても役立ったし。
 そ,そーいえばフィレンツェでダヴィデ像見てないのです。だってショーペロ(ストライキ)に当たっちゃったんだもん。ウフィッツィだけかろうじて入れましたの。外のレプリカだけでも見ればかったのに~。
■2003年の7日~

 すっかり暗くなって池袋へ移動~。芸劇へ「NODA・MAP MIWA」を観に行ったのです。ネタばれはしたくないのでちょびっとだけ。面白くて重かったです。美輪さんの半生と日本の現代史,そして生と性って何だろう?みたいな。わかるトコとわからないトコ混在してるので,謎解きします。あ,美輪さんにとって長崎で生まれ育ったってすごく大きいんだな。そしてりえちゃんは可愛かった~。

 
 上野なので久しぶりにレカンでランチしました。お魚を選んでいつものケーキの盛り合わせ!相変わらず美味しいけど,パンが冷たかったよ…。お代わりするとき、温めてくださいね(はあと)って言えばよかった。前は温かかったのになあ。

酒器のある情景@サントリー美術館

♪10/12に行ったサントリー美術館の「Drinking Glass―酒器のある情景」,もう11/10(日)までです。サントリー美術館は金・土は20時閉館と遅くまで開催してますのでぜひ~。

 最近Twitterのまとめをブログにしてる体たらくですが,この展覧会はつぶやいておりませんで,えーと,そうだ「唐版 滝の白糸」の前に見に行ったのでした。なわけで当日は血まみれ美少年で終わってしまいました。一応メモって後出しにしようとしたのでそこから記憶を呼び覚まそう!

 展示構成は「捧ぐ」「語らう」「誓う」「促す」「祝い,集い,もてなし,愉しむ」というあたかもコンセプトでカテゴライズしたようなんですが,ちゃんと年代順になってます。でも全然ガラスの歴史を追ってみましょう!というお勉強臭はなくて,自然にガラスの技術発展,役割の変遷が感じられる展示でした。
 その分,入り口でおじーさんがレースガラスの技法をしつこく聞いてて,確かにどうやって作るんだ?って素朴な疑問が湧いてきちゃいますね。前に子ども用に作ったのパラパラアニメ(持ってます)を売ればいいのに~。もう在庫ないのかな。

 閑話休題,キャプションに「ガラスならではの表現」という言葉があったのが印象的で,表現という時点で工芸は芸術に昇華してるんかないかというのを,近代美術館工芸館の「クローズアップ工芸」(◆10/9ついろぐ)から考えているのです。
 また,うつわとして,技術向上の面では“透明”“薄さを追求”を目指して発展して行ったように思うんですが,“曇り”“厚み”も好きです。ガラスという素材そのものの魅力,かなあ。ラリックの乳白色もそういう回帰だったりして。柄も精霊とかだしー,と展示を見ながら考えてたんですが,そーいえばラリックがなかったです。そうか酒器というテーマだとラリックははずれるのですね~。

 といいつつ,透明なの見るとやっぱり,うわー綺麗!と素直に感動。個別では「誓う」にあった,友愛のグラス。そして友愛といえばフリーメイソンのゴブレットまでありました。「促す」の19世紀ボヘミアのビーズ細工は初めて見ました。

 階段を降りると現代作家の作品群。中でも由良園さんのが良かった。凝った文様もいいんだけど,底にトカゲやスミレ,更に更にシンプルな『金ぐいのみ』がうつしい。
 そして図録収録がうれしいな。前回なかったのは残念でしたが権利関係なのかなあと思いましたがどうでしょう。まー絵画よりも本物の魅力は伝わりにくいのですけど。いやむしろ伝わらないから収録されなかったのかなあとか考えちゃいました。

 「祝い,集い,もてなし,愉しむ」では,また!『ギヤマン彫り タンポポに蝶文脚付杯』に釘付け。赤坂にあったときから何度ガラスの企画展見ても,これが一番好きなんです。
 『藍色縁杯』は本当に朝顔のような絶妙なグラデーションで,ティアドロップは朝露のように愛らしい。
 18C後半~19C前半の『紫色急須・猪口』『二ツボタン脚付杯』『藍色四ツボタン脚付杯』そして有名な『藍色ちろり』などは,現代のシンプルモダンな食器としてありそうなのに,(ちろりは)現代の技術では再現不可能なんですって。深いなあ。

 そういえば,昼間行ったから気が付いたんですが格子が閉じてまして,作品保護もあるけど酒器という夜のテーマだからかなあ。自然光よりガラスも映えるし。あと階段の踏板が木だったけど危ないからかフェルト?が敷かれてました。デザイン性だけでは難しいですね~。

 次回の「平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美」がまた楽しみです。11/23~2014/1/13

♪ついでに,これから行きたい展覧会
興福寺仏頭@芸大(~11/24)
上海博物館中国絵画@東博(~11/24)
ウィリアム・モリス@府中市美術館(~12/1)
ミュシャ@そごう美術館(~12/1)
京都―洛中洛外図と障壁画の美@東博(~12/1)
モローとルオー@パナソニック汐留ミュージアム(~12/10)
ターナー@都美(~12/18)
大恐竜展@科博(~2/23)
 うーん全部は物理的に不可能な気がして来た…。ハシゴは苦手なようなのです。

 最近行ったのは
スヌーピー展@森アーツセンターギャラリー(~1/5),◆10/20ついろぐ(行ったのは10/19ですが,書いたのは20日夜)
ミケランジェロ展@国立西洋美術館(~11/17),◆11/3ついろぐ(行ったのは11/2ですが,書いたのは3日)