FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

盛旅in京都#2

■盛旅in京都#1(若一神社,忠盛灯籠,唐菓子)

 

建仁寺。南門が目当てなので境内を突っ切って行きます。うーん,法堂天井の双龍図を見るべきだったかしら。いろいろ廻るのでどのくらいのペースで廻るべきかちょっとつかめなくて。

 そして肝心の南門(勅使門)ってここでいいのかしら?(ここでした) 六波羅邸の遺構,重盛邸門移築とか。矢の根門と云われる,源平の合戦の時の扉の矢痕があるそうなんですが,雨で濡れているせいかよくわかんなかったです。

 

 六道珍皇寺。この辺りで清盛が火葬されたそーです。
 【右】中に閻魔様がいます。小野篁の冥土に通ったという井戸のあるお庭も覗くだけでした。「六道の辻」に興味があったのですけど。ここ表からしか入れなくて,入り口を探してぐるぐる廻ってしまいました。

 六波羅蜜寺。連休明けのタイミングだからでしょうか。本堂は朱を塗り変えてるところでした。
 あっっ,この十一面観音立像の左奥の清盛塚をちゃんと撮るべきでした! だって結構雨が降ってて〜(画像は明るいけど)。でもなで牛はばっちり撮ってあるのだ…。

 

 宝物館。空也上人見たかったんですよ。口から「南無阿弥陀仏」を実体化するという発想と実現がすごい。
 平清盛坐像は出家したのに一筋縄でいかない目付きだなあ。しかし崇徳院所縁という吉祥天があってびっくりしました。わざわざ冊子を買ったのに来歴が書いてなくてうろ覚えで残念。

 

 雨が本降りになってきました。このあと正林寺(重盛別邸跡)に行く予定だったんだけど結構距離があるんで,近場で屋内をゆっくり出来るであろう河井寛次郎記念館へ。4月から井浦新さんが司会になったので毎週録画保存をしている日曜美術館で4/14放送が面白くて,地図を見てたら近くなので寄ってみることに(日曜美術館はここしばらくアートシーン以外面白そうな特集回しか見てなかった)。崇徳院の中の人繋がりってことで。
 写真を撮ってる人が見えたので,聞いてみたら許可受付すれば撮影可とのこと。建物・デザインした調度そのまま,河井寛次郎さんの住まい方を見ることが出来ます。外国人が多いですね。

 

 (ここまで来といて)民藝はどーもあんまり…なので,番組でも紹介されたこの初期のつるんとした桃(水差し)が好き〜。ガラスケースに入ってます。お庭のあの丸い石も見れてうれしいな。晩年の球体はここの所蔵品じゃないんですよね。

 

 「登り窯」っていうんですね。すんごい大きいです。せっかくなので上まで登ってみましたが傾斜がなかなかきついです。

 次は蓮華王院(三十三間堂)へ行くので,京都国立博物館のカフェからふね屋でランチにしました。パンケーキが美味しそうだったんだけど,今は甘味よりしっかりお腹に入れたくてランチタイムサービスの昔ながらのオムライス。たまごがふわふわ。時間があれば企画展を見に戻るつもり~とあくまで博物館はオプションでした。このときは。

■盛旅in京都#3

盛旅in京都#1

 

♪放送終って半年近く経ってますが,5/11に待望の盛旅(大河ドラマ『平清盛』ゆかりの地を尋ねる旅)へ! 京都篇ですがいずれ宮島や讃岐など廻りたいものです。
 6時に家を出て,7時過ぎの新幹線に乗って京都に着いたのが9:18。いつも通勤電車に乗るような時間です。JRでそのまま西大路駅へ,まずは若一神社です。凛々しい立派な清盛像やグッズ(ストラップやイラスト色紙!)もあります。開運出世の神社だそーです。

 

 清盛手植の大楠。本当に大きい。清盛が亡くなって,平家滅亡,武士の世も終わり…ずっとここに立ってるのですねえ。

 さっきは市内行きの切符で降りたので,ここで初めて京都でPASMOを使えることにちょっと感動。駅構内のポスターが何だからしいなあとこんなものまで撮ってしまうのだ。
 京都駅に戻って今度はバス移動。どこ行きもみんなすごい行列になってます。


 

 祇園で降りて八坂神社へ。ここは素戔嗚尊を祀ってるんですね。←日本の神話好き。
 これから結婚式があるみたいで巫女さんや雅楽の準備をしてるのが見えて,もー装束見るだけでたぎるわー!

 

 八坂神社は一度来たことあるけど,今日の目的はそのときまっったく知らなかった「忠盛灯籠」。大河に合わせて作り変えたのか祇園社乱闘事件のことも真新しく書いてあります。看板の詳細はこちらでご覧ください。

 

 神社を出てもう一度東大路通を歩き出すと亀屋清永の前に。「清浄歓喜団」こと唐菓子(唐果物・からくだもの)ですよ! あとで伊勢丹ででも買おうと思ったんだけど,せっかくなのでお店に入る。1個(箱入りにした)しか買わないのにお茶と新作お菓子を出して頂いたのでちょっと一息。その後お土産を買おうと伊勢丹の地下に行ったんだけど,清浄歓喜団は見当たらなかったんでここで買っておいてよかったみたい。
 賞味期限は21日ということで順に見直してたBDでようやく29話「滋子の婚礼」の家貞さん退場を見守りながら頂きました。不思議な味だ。スパイスというかお香みたい。

 しかし祇園に来たんだから「崇徳天皇御廟」もお参りすればよかったー。平清盛の京を歩くっていうサイトを参考にルートを考えたので,基本的に清盛関連だったんですよね。あ,白峯神宮は前にサッカーの神様として行きました。怪我が治りますよーにってお祈りしたピッポも今では監督さんか。

■盛旅in京都#2

復活!

♪MacBook Airたん,復活しました。結局古いバックアップを使うことに。まー大したことしてなかったんでいいかー。旅行関連から更新していこうと思います。

アントニオ・ロペス展@Bunkamuraザ・ミュージアム

 

♪Bunkamuraザ・ミュージアムのアントニオ・ロペス展、前知識なしででもとても良かった。64点て少ないかと思ったけど濃かった~。手法の変遷は模索というより作家のそのときリアル。未完の作品も思考の過程のようで面白い。

 巨大な風景のその季節その時間の光に照らされた緻密だなビル群だったりぼってりした緑は空の色以上にその光と空気感を映しだしてます。長い時間かけて再現されたそのときの色は写真とは違う、でもその瞬間のリアリズムでした。

 白いバックの白い薔薇が一番好きでポストカードとメモを買ったけど、この眩しさはイタリアより更に明るいスペインなんだろうな。鮮やかな花の絵は小さくて、逆に鉛筆画は大きくこちらもじっくり見つめました。

 アントニオ・ロペス展は6/16まで。長崎・岩手に巡回します。次回のレオ・レオニも楽しみ!

 

美術館の前にドゥマゴでコラボランチ「牛肉の煮込みシェリー酒風味」 。ドゥマゴのシェフがクイーンアリスの人になってだいぶ変わりました。メインも美味しくてサラダビュッフェは前菜みたいで満足のボリュームだけど、カフェオレが選べなくて残念。てかタルトタタンなくなってしまったの!?