FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

ロミオ&ジュリエット

 

♪ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」,赤坂ACTシアター7/23ソワレ。ダブルキャストは[ロミオ:城田優,ジュリエット:昆夏美,ティボルト:平方元基,マキューシオ:平方元基,死:中島周]。
 2階席でしたが,ここはだいぶ1階に被ってるので舞台は思ったより近くて全体がよく見えてなかなかよかったです。ACTは仮設のとき行って以来ですが,それがたまたまのリヨンオペラ座バレエ《ロメオとジュリエット》だったんですよねー。プレルジョカージュの演出で階層の違う二人という読み替えとしては単純ですが,ゴルチエの近未来の衣装が彩る視覚に訴える舞台でした。ティボルトがカッコよかったー(って実は結構役回りが違うのをすっかり忘れてます)。

 このミュージカルはフランス発ですが,なんといっても「Aimer」「世界の王」を始め,楽曲が素晴らしい。ロミジュリって,プロコフィエフのバレエ,チャイコ,ゼフィレッリ(ニーノ・ロータ)やバズ・ラーマンの映画音楽,バーンスタインのウェストサイドストーリー(WSS)…,本当にたくさんの上演形態があって(グノーのオペラは上演機会少ないけど),それぞれがこれだけ印象的な音楽を作ってるのに,また全く新しいメロディが出てくるんだ~と不思議なくらいです。観衆も創作者もそれだけ惹きつける普遍的なテーマなんだなあ。

 城田君目当てですが,正直ロミオのイメージではないなあとは思っておりました。金髪はダブルで共通だけど似合わない~。何よりジュリエットの昆さんがちっちゃいのでかがまなければいけないのもあるけど,他の人より飛びぬけて大きいので常に前かがみで若者らしさがないとゆーか。トートはふんぞり返ってる人外でよかったんでっ。いい意味で異形が似合ってた。
 でもでも演技や声はよかったと思うんですけど~。特に声は最初の方はカワイく作ってるなあと聴こえたけど,ちょっと甘い声質がせつなく,一生懸命なところがいっぱいいっぱいのロミオぽい。ジュリエットは決して下手ではないけど,全く演出が感じられないただそのまま若くて可愛いジュリエットを素で出せる人が立ってるだけみたい。そーすると“ロミオとジュリエット”というタイトルロールの相乗効果での哀しさが半減しちゃう。

 “死”は素晴らしかった! 常に二人というかロミオとヴェローナの町に付きまとう影。この回の中島さんはバレエダンサーなので,他のダンスとは全く違う空気をそこにいるだけで醸し出してる。彼がいるといないとでは全く舞台の印象が違ったことでしょー。

 両家の違いはふつーに色で分けられているんだけど,赤系とモノトーンならそれだけでいいのに,それぞれ豹柄とキリン柄を重ねてるのでぱっと見がすごくごちゃごちゃしてる。2階でもごちゃっとしてるので1階はさぞ…。どーしてもミュージカルの若者のダンスはガキっぽく見えてしまうんだけど,この衣装で余計何をいきがってるんだとしか見えない。
 主要キャラは別衣装で際立てるはずが何故かマキューシオの衣装は群舞と似たようでなんか目立たない。彼は大公の親戚で完全にモンタギュー側ではないので,そういう複雑さも伝わらない。その代わりベンヴォーリオが都合よく出張ってる。親友というには情を出す見せ場がないのに(浦井君はよかったよん)。

 二人を始めとする若者達よりもちゃんとソロのある大人たちの方が目立ってたような気がする。もともと芸達者が揃っていたので,歌も演技も上手い! 一番聴き応えがあったのは乳母(未来優希)のソロ。
 両家はキャピュレットの方に複雑な事情があって,キャピュレット夫人(涼風真世)が甥のティボルトと浮気してたり,ジュリエットはまた別の浮気の子とか,キャピュレット興は素敵にちゃらい(石川禅さん素敵よお)。

 ティボルトは夫人と関係しながらもジュリエットを一番愛してる。なかなか熱演。なのにジュリエットは全く無関心なのかティボルトが愛するロミオに殺されても葛藤がない。少女ジュリエットが愛する人を見つけ,でもその彼が自分を愛してくれる大切な従兄を殺してしまった。それでもロミオを選ぶという,単に恋を知っただけでない3日間の急成長があるからこそ,若者達の悲劇に涙するのではと思うのです。このへんはバレエよりもWSSが兄妹なのでより強調したアレンジですね。乳母→アニータも。
 それはロミオも同じで,彼の描写はもともとそんなに変わらないけど,マキューシオとの繋がりが薄いのと演出からとても衝動的にティボルトを殺したように見えない。マキューシオがロミオのせいもあって死んだというのがあって,その後確信的にティボルトに向かってる。バレエみたいにマキューシオが大丈夫だよ~といつものように踊って,突然こときれる,と衝動的にティボルトを殺してしまうみたいな方が感情の動きが自然なのに。
 そもそもこのシーンで既に若者達はロミオとジュリエットの関係を知ってるというトンデモ設定なので,そしたらこの争いの発端もロミオにあることになっちゃわないのかしら。そのへんの観客は知っているけど,彼らは知らないので進行してるのよね…という神の視点やたくさんのすれ違いがあったからこその短い期間の不幸な出来事が強引ながらも成り立ってたんじゃないかな~。

 携帯とかスマフォとか(ジュリエットはパパが18になるまで許さないので直接連絡は取れないのです…)中途半端な現代演出よりも皆の感情の変化や互いを想う気持ち,そのすれ違いが生む悲劇といった肝心なところが伝わらないということの方が非常に残念。キャストは皆さんとても頑張っていたしよかったのでますますもったいない。とにかく総じて面白い舞台でしたがいろいろもったいないなーという感想です。

 せっかくのダブルキャストなので見比べてみるとまたいろいろ見えて来たかもしれませんが,もー楽日に向けてチケットは当日立ち見しかないのでした。でもでも来年のフランスからの来日が今からすっごい楽しみ! バレエも久しぶりに観たいなあ。実は初生バレエが森下さんのジュリエットなのですよ。ふつーにマクミラン版が好きですが,オケが舞台に載ってるワシーリエフ版はロストロポーヴィチが亡くなってからやってないのでしょーか。あれは音楽だけでも雄弁なプロコを活かして最後は指揮者が全部持って行ってしまう感動的な演出なのですよ~。

恐竜博2011@国立科学博物館

 

♪すっかり涼しくというか肌寒いくらいになりましたが,恐竜博2011国立科学博物館行ったのは9/10なのでこんなに青空・ギラギラ・待ち列(20分)はミスト噴射でしたよ。

 

 【左】まずはエオラプトルvsエオドロマエウス。大きいのはプラテオサウルス。
 【右】肉食スタア・アロサウルス。これは博物館の正面にあった実物だそーです。

 

 展示は宮西達也さんのキャラがナビゲーターになっててカワイイ。右のパネルの作りも好き。
 あ,流れはピーボディー自然史博物館のザリンガー「爬虫類の時代」の壁画をまず掲げて,時系列順にでも最新の学説を採用。

 

 一番のお楽しみのトリケラトプスvsティラノサウルスはトリケラ頭部から。これは実物とのこと。このカッコよさは何か想像上の怪獣感が…。あ,角の印象が大きいのか。怪獣というより鬼とか神話とか。

 

 見学スペースに奥行きがないので入場〆切後に空いてきても二頭一緒にはむつかしー。



 ティラノの名前は発見者からバッキー!(復元の一部はスタン)この格好,前から見ると後ろ足もちっちゃく見えてますますかわゆくなってしまう~。

 一緒に幼体の頭部とか,脳函など~。

 

 他にも日本初公開・新発見もいろいろなのですよ。
【上左】ラプトレックスvsプシッタコサウルス。
【上右】日本初公開ラプトレックス(実物)。
【左】日本初公開リンハラプトル(実物)。


 

 マイアサウラの子育て想像図。

 このあと資料コーナーですごいトサカのおにーさんがいて,あまりにこの場にふさわしすぎて後ろからこっそり撮ってしまいましたよ。

 第1部最後に大型シアターで,ティラノvsトリケラ対決再現。ティラノたんに羽毛が生えてた説で…。ええー,やだー。てか生えてたとしても暑いから進化というか大きくなる過程でなくなっちゃうと思う。だから一部…なんだそうですけどねー。

 

 第2部東北地方応援企画は特設ミュージアムショップの前に少しなので,閉館10分前くらいでも十分だけど行き来できればもうちょっとじっくり見れたんだけど。このペーパークラフトがかわいかったです。フタバスズキリュウ(常設展へどーぞ!)の骨がどこかのか,ちっこい全身骨格と並べてます。
 被災してしまった博物館では粉々になってしまった骨をまず他の壊れた物と区別して再現してゆくという気の遠くなりそうな作業などパネルで紹介。最近は具体的な目的のとこに募金してます。

 グッズ,迷いつつガチャガチャ(\300)に挑戦したら,ガーン羽毛付きティラノ! いやある意味今回のアタリなんだろうけど…。ああ,骨格が欲しかった…。
 そしてうっかりコラボ・キティ“初めてティラノサウルスの全身骨格に変身”ってことはご当地で福井で恐竜とかありそー。カードは入口で配ってました。敷いてるのは図録。おこさま用に\500が用意してあるので,こちらはしっかり読み応えある詳細なもの。
 10/2まで(月休)。水曜日はレディースデーだそーですよ。

METライブビューイング・アンコール《ラインの黄金》《ワルキューレ》

♪17・18日にMETライブビューイング・アンコール,ようやく《ラインの黄金》《ワルキューレ》観ましたー!
 なんといっても新制作のロベール・ルパージュ演出ですよねえ。あのセット,マシーンというくらいなので,美術というか単なる装置です。ノートゥングの刺さった1本だけ木を投影したりして映像も抽象的ではないけど,あくまでシンプルさと素材の冷たさが全面に出てる。ある意味演出は何もなくて,音楽と歌詞が主体です。そういうシンプルな舞台は2000年のベルリンフィル《トリスタンとイゾルデ》などを思い出しますが,リング4作をこのマシーンで通してしまうのですよね~。もちろんラインのアルベリヒの蛇なんかからファーフナーなど想像出来ますけど。

 今回の2作の中で印象的だったのはマシーンと格闘したラインの乙女やワルキューレ達よりもヴァルハラ入場シーンで上に広がるスペクトルと神々の縦の動き,炎に巻かれ頑なまでに硬質なブリュンヒルデの眠り。逆さに眠るブリュンヒルデは先に画像見たときからマン・レイの『長い髪』(1930)を連想してました。この写真はモノクロなので美しい金髪がちょっと金属みたいなのですよ。

 ただ《ワルキューレ》は特に二人の対話というのが多くてかつ長いので,生みたいに全体を見つつ歌手の表情をオペラグラスで覗いたりオケに目をやったりというわけにいかないので,このシンプルな舞台をこれだけ長時間与えられたアングルだけで見続けるのはちょっとつらい。ピットが見えないのはワーグナー的には正しいのかもしれないけど。
 《ジークフリート》は11月末,《神々の黄昏》来年3月にもう観れちゃうので,10時からはキツいけど今度はちゃんと行こう!と楽しみにしてます。

 ラインの方はママ(←既にワルキューレだけ観てる)と行ったので,終った後お寿司を食べておなかいっぱいなのに,和光のティーサロンで9月まで限定のメロンパフェを食べちゃったっ。

台風!

♪台風,各地で猛威を奮ってますね! 今日は早く帰るようにって言われて15時半に出たのに京王線途中で停まっちゃって下車して駅前にあったネカフェで時間潰してました~。うちに帰ったの21時半。ってまだいい方だったかも。
 台風はこれから被災地の方に向かってます。全国で被害が少しでも抑えられますように! ってそばから今度は地震ですよ~。
 画像,今度はトリケラ側から。

恐竜博2011&空海と密教美術

 

METライブビューイング・アンコールの《ラインの黄金》行って来ましたが,明日いや今日《ワルキューレ》なんでおいといて,恐竜博2011@国立科学博物館(~10/2)と「空海と密教美術」展@東京国立博物館(~9/25)をちらっと。

 科博は9/10(土)に行って来ました。今週も蒸し暑いですが,かなーりよい天気だったので,並んでるとこ↑ミスト噴射してました。15時過ぎに行って20分待ちでした。中は混んでるけど閉館間際まで粘れば堪能出来ます。第2部の東北地方応援企画との行き来はできないのでこちらは10分くらいしか取れませんでしたが,本当に閉館近くになったのでそのくらいの時間でも十分ゆっくり見れました。

 東博は16日(金)の夜間開館20時までに。実は恐竜博のナイトミュージアムをやってて,当日券でも入れるのにちょっと惹かれたけど~。チケット持ってる人もこれから買う人も結構並んでました。
 東博,19時ちょっと前に着いて,↑のように平成館に向かう姿は妙に女子率高し? 会場内はそうでもなかったけど。さすがにこの時間入場規制はしてませんが,こんな時間にコインロッカーが随分埋まってる! 中は最初夜らしい人数…と思ったらとんでもない,ほとんど第2会場の仏像スペースにたまっていたのでした。でも特に最後の仏像曼荼羅は絶対足を運ぶ価値があります! 東寺の仏像8体ですが,東寺ではこんな見方はできないはずですから。美しいライトアップを少し上から&更に360度じろじろ見るなんて。

 画像,上の2点だけにしよーと思ったけど,ちょっとあんまりなのでティラノ&トリケラでもう1点☆ 大型シアターの対決再現のティラノたんが衝撃でしたよ~。

岡本かの子文学碑『誇り』+川崎市岡本太郎美術館 その2

■大阪に太陽の塔を見に行ったの巻ダイジェスト!+川崎市岡本太郎美術館
■岡本かの子文学碑『誇り』+川崎市岡本太郎美術館 その1

 

♪バスで向ケ丘遊園の手前の飯室で降ります。途中バス停に藤子・F・不二雄ミュージアムが。9/3オープンだったみたい(予約制)。
 ↑左右とも5/7の写真。

 

 【左】5/7,【右】9/4

 

 【左】9/4,【右】5/7

  2日とも雨が降ったりやんだりでしたが,春と夏の終りで随分緑の色が違うものですねー。

 美術館は生田緑地の中にありますが,ずーっと登っていって,奥の池の更に奥。

 

 【左】屋外にエレベータがあります。天井ってどこも結構凝ってるので,乗るとつい上を見ちゃう。【右】プレートに太陽。

 5/7は常設展「続・生誕100年 あっぱれ太郎」展,企画展と「人間・岡本太郎」展前期,9/4は「生誕100年 あっぱれ太郎 歓喜のシャーマニズム」展(~9/25),「人間・岡本太郎」展後期(~9/25)。

 常設展の絵画はほとんど近代美術館で観たかなーと思うんだけど,どーしても『夜』に当たらないのが不思議。
 彫刻の方が本当に“常設”だと思うんだけど,後ろに映像が流れたり,ちょっと隠るように置いてあったりと“立体的”な展示です。ここは写真は不可ですが椅子には座れます! 意外に座り心地がよいという『駄々っ子』(眼鏡みたいにも見える二人掛)が本当に微妙な角度にハマって気持ちよく座ってられるのですよ。

 企画展はアプローチに言葉と写真をちりばめたスペースを通って行くんだけど,PARCOでもあったのれんみたいな通路を大規模にしたみたいなカンジ。いやPARCOのが縮小形?
 真ん中にパイラ星人とまた座っていい椅子たち。周りが部屋がいくつもあります。建築室,美術室,岡本家,館長室,書斎,写真室,大衆室。この中が前期後期同じだったり変わってたりするんだけど,総じて前期の方が好きかもー。特に写真が前期の方が太郎さん自身の写真とキャパ,ブラッサイで,後期の素人ぽい女の裸を見てもうれしくないぞ。単に本人以外の派生した作品にはあまり興味がないらしい。

 →ミュージアムショップでようやくグッズを買う。紙袋やシールもちゃんと作ってある~と細かいところに感心する。5月のときは企画展の図録がなかったので,大判の「体感美術館」を。
 企画展の図録はそもそもないのかと思ってたらまだ間に合ってなかったみたい。\1200だけど,図録というかこれも合わせて「人間・岡本太郎」展の一部みたいな充実した冊子です。320頁と読み応えがある! できればこれを前期のとき買って,読んでから後期を見たかったなー。映画関連記事一覧とか資料的価値もあれば,お料理レシピまで! それと展示ではごく一部なのにスゴイ!くらいの感想しかでないフランス語蔵書から下線や書き込みの多い10冊の詳細っていうのは大変貴重な資料でわ。
 あと「JTBキャンブックス 太陽の人・岡本太郎」買いました。これ図版も多くて改めて一覧出来ますね。

 今回はカフェも入ってみました! 17:30までと閉館(17:00)以後もやってるのがうれしい。オーダーストップはドリンクが17:00,食事が16:45だそーですので注意。

 


 ↑太陽のパルフェ! シューアイスでした。 
 カフェを出たら青空が見えて来た~。



 

 不思議なバランスの『母の塔』。表面はモザイクみたいになってます。
 ぼーっと見てて飽きないなあ。やっぱり彫刻が好き。

 

 でもでも日が暮れないうちに帰ろう。
 にゃんこが一心不乱に水を飲んでた。みゃおーんと声をかけたら一瞬こっちを見たけど“なんだ人間か”って顔をしてすぐ水に戻る。もうにゃーにゃーやっても無視無視。

 

 こちらは5月のときの。そっか藤が咲いてたのか。
 やっぱり新緑って生き生きと綺麗ですねー。お天気だとまた違って輝いてたと思うけど,雨に濡れた緑が好きです。

 

岡本かの子文学碑『誇り』+川崎市岡本太郎美術館 その1


5月に川崎の岡本太郎美術館に行ったとき,ついでに見に行きたかった岡本かの子文学碑『誇り』です。美術館の企画展「人間・岡本太郎」展後期が9/25までなので,そろそろ…と9/4(日)に行って来ました。
 台風一過で晴れるかな~と期待したけど,まだちょっと天候不順。でもでも9/5をお休み(夏休み)にしてたので。

 田園都市線の二子新地から二子神社へ。この神社で一平とかの子がデートしてたそうです。

 

 小さい公園になっていて,野球少年達がいっぱい。父兄もいて何か時間潰してるのかな~みたいな雰囲気(ちょっとうるさ…)。あ,このモニュメント登れるのです。

 

 雲が流れるのが早いのか,空模様がものすごい勢いで変わって,突然青空になったり短時間にいろんな表情が撮れます。
 【上右】亀井勝一郎文/川端康成書の石碑。

 台座は丹下健三なので,代々木第一体育館(←大好き~)みたいな流線型が見える角度を撮ればよかったのにっ。

 

 せっかくだから登ってみようっと。ちゃんと階段になっているのです。
 このブルーとても綺麗。岡本かの子というと赤とかもっと激しいイメージだけど,太郎さんにとってはこんな清新なモノになっていたのかしら。白もアイボリーとかじゃなくて,はっきりとした白だし。


 

 また駅まで戻って,溝口でバスを待つか乗換乗換で向ケ丘遊園まで行くか…とめんどーだなーと思ってたら,向ヶ丘遊園に行くバス停が!(東急バス二子神社前) 1時間に1,2本だけどあと20分くらいで来るので「岡本かの子」(ちくま日本文学)を読んだり(つまりほとんど読んだことナイ),どんどん表情を変える空を見て待ってました。
 本当は246を渡れば多摩川なんですけど,河川敷で野球してたのでそちらには行きませんでしたの。

リチートラ死去

 リチートラ死去,ご冥福をお祈りします。
 表現者・演奏家だから…というわけだからではないですが,それでも声楽家というのは自分自身が楽器というのはやっぱり特別で,本当に残念です。

 実は2003年にミラノに行ったとき,スカラ座じゃないけどスカラ座でリチートラのカヴァラドッシで《トスカ》を観たのでした(昼間ミラネッロに行ったので,下の方です)。キャストでも演目でもなくたまたまこの日の夜しか空いてなかったとゆー消極的な選択ですが(トスカならむしろローマ)。それでも他の声よりも彼の甘い星ピカが一番印象に残ったようです。本来ならもうすぐボローニャ歌劇場で来日のはずだったのですね。
 ボローニャはもともと取ってませんが,バイエルンの《ローエングリン》の前にMETのライヴビューイングのアンコールで指環2作に行きます。こっちは画面だけどカウフマン…。いやルネ・コロ引退後は歌手買いはしてませんが~。

2011はじめての金沢 その9(金沢21世紀美術館#2)

■金沢に行ってきました!
■2011はじめての金沢 その1(ガンダムジェットと海鮮丼と白鳥ホテル)
■2011はじめての金沢 その2(Fantasy on Ice in Kanazawa #1)
■2011はじめての金沢 その3(金沢城公園)
■2011はじめての金沢 その4(Fantasy on Ice in Kanazawa #2)
■2011はじめての金沢 その5(素敵ティーラウンジと白鳥路)
■2011はじめての金沢 その6(金沢21世紀美術館#1)
■2011はじめての金沢 その7(アルフォンス・ミュシャ展)
■2011はじめての金沢 その8(金沢市役所&Fusion21)

 

♪レストランを出るとどんどん日が暮れて来ます。

 

 (ほぼ)誰もいない美術館の中にもう一度入ります~。
 【左】Fusion21は19:30オーダーストップ,20時閉店ですが,もーわたししかいなかったので,すっかりclosedでした。【右】美術館の交流ゾーン(無料)は22時までなのですが,さすがに日曜日の夜は誰もいなーい。いや1組くらい見たよーな気がしますが。

 

 B1へ続く階段と透明エレベータ。ここはもう入れない。透明なのがますます“不在”を強調します。

 

 休憩用の椅子たちもオブジェみたいだし,この時計もリアルに時間が表示されてるだけなのに,なんだか宮島達男さんの作品みたいに見えちゃう(けど0は使わないそーです)。

 

 やっぱりさみしーから帰ろうっと。外から見えるのもまた綺麗。Colour activity houseからもう一度Fusion21を。

 

 あ,フェルナンド・ロメロの『ラッピング』の中に入っとこうっと。

 

 ライトアップされたしいのき迎賓館,明日また来ます! 石垣もライトアップ,また歩いて帰ります。

 

 白鳥路はこの時期(6/19撮影)蛍が見えるので暗くしてるのですが,ちゃんとボランティアの方がいて,観に来てる人もいっぱいでした。蛍,すごくたくさん見えた! こんなにいると思わなかったのでちょっとびっくり。ホテルに帰ってもちろんまた温泉に入りまーす。

2011はじめての金沢 その8(金沢市役所&Fusion21)

■金沢に行ってきました!
■2011はじめての金沢 その1(ガンダムジェットと海鮮丼と白鳥ホテル)
■2011はじめての金沢 その2(Fantasy on Ice in Kanazawa #1)
■2011はじめての金沢 その3(金沢城公園)
■2011はじめての金沢 その4(Fantasy on Ice in Kanazawa #2)
■2011はじめての金沢 その5(素敵ティーラウンジと白鳥路)
■2011はじめての金沢 その6(金沢21世紀美術館#1)
■2011はじめての金沢 その7(アルフォンス・ミュシャ展)

 

♪ミュシャ展を堪能してちょっと外に出るとなんだか素敵な建物が見える~って,これ金沢市役所なのですね! 素敵に和風モダン。お花もなんだか豪華に見えます~。さすが加賀百万石は違うっ(しつこい)。

 

 美術館に戻って,カフェレストラン "Fusion21"へ。ランチのビュッフェが人気だそーです。これは能登豚と加賀野菜。お肉と野菜はおいしいっけど,ソースがちょっともったり~。たぶん別に作ってあるソースを載せただけなんじゃないかと思うの。


 

 入ったときは一組お茶してたけど,結局おひとりさまもおひとりさま,そのあともう誰も入ってこない。まーマイペースにゆっくりゆっくり,空の色が変わってくのを見ながら…。

■2011はじめての金沢 その9(金沢21世紀美術館#2)