FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

美姫ちゃんおめでとー!

♪美姫ちゃん優勝おめでとおぉぉー! フリーは頭からあああ緊張してるうと思って,盤石のプログラムもミスがあったけど,あの後ちゃんと決められるのはすごいっ。きっといろいろ考えることもあったろうしいつもの力強さではなかったけど,むしろひたむきさを感じて感慨深い演技でした。素敵ショートも1位だったらもっとすっきりしたんだけど,とにかくよく頑張りました! いいシーズンを最高の結果で終われてよかったっ。
 生でJスポ観て(再放送があるから)地上波を録画してるんですけど,優勝インタ(ロシア語英語,ありがとうは日本語も~。笑顔がぎゃーかわいいっ)から表彰式は再放送ではカットされるところがあるので慌ててJスポです(W録する容量がない…)。他のことはまた後でっ。

3/27 フィギュアスケートカフェ

 

♪予選は月曜から,本選はいよいよ明日から始まります世界選手権 in モスクワ。東京での開催に合わせて,フィギュアスケートカフェ「Tokyo Ice Arena」っていうのが期間限定で当初のエキシビションの3/27までやってました。実は3/27(日)に青山の岡本太郎記念館(と根津美術館)行こうと思って,どうせ渋谷に出るならランチにでも行ってみようと。ここはin The Roomだったとこですよね。
 お店の中はこういうキラキラがフィギュアスケートのイメージ?ってのと日本選手の大きなパネルが。顔にスポットライトがあたってるので写真にしちゃうと見えないんですが,全日本の結果に合わせてか美姫ちゃんが真ん中で,ペアの成美ちゃん&トラン組,リード姉弟組も。ただそれらしいメニューはカフェタイムのデザートからということでふつーのランチメニューでした。ちぇっ。

 

 

 スケート靴,高橋君はともかく何故か静香ちゃんと中野さん(なんとなく“さん”のイメージなの。完全引退だし)の。お店の人に聞いて近くで撮ったよ。そんな人は他に見当たりませんでした…。
 入り口にも写真が。

 

 美姫ちゃんのショートとフリー。こんな素敵な笑顔で終わることができるといいなっ。男前ガッツポーズが思わず出るような演技ができれば最高。

 あ,お会計したら幻の記念クリアファイルとスケート型クリップをもらいました…。
 会場で販売予定だったグッズは収益を寄付として通販してます。

2010北京旅行 その11(Cup of China #3)

■パンダを見て,パンダと帰国しました♪
■2010北京旅行ダイジェスト!
■2010北京旅行 その1(羽田&北京空港)
■2010北京旅行 その2(Cup of China #1)
■2010北京旅行 その3(紫禁城 #1)
■2010北京旅行 その4(紫禁城 #2)
■2010北京旅行 その5(紫禁城 #3)
■2010北京旅行 その6(Cup of China #2)
■2010北京旅行 その7(景山公園)
■2010北京旅行 その8(紫禁城 #4)
■2010北京旅行 その9(紫禁城 #5)
■2010北京旅行 その10(紫禁城 #6)

♪もーすぐ(ようやく)世界選手権ですが,まだ去年の10/7のことです。結局今シーズンは試合はCup of Chinaしか生観戦しなかったとゆーことです。しくしく。

 最終日エキシビションは14:30から。動物園駅に着いたのが20分頃で走って走って…,だから写真撮ってる場合じゃないって。いや縦バナーというか昇り旗みたいのに各種目注目選手が出てたのねと気がついて…。全然見えないけど。
 なんとかフラッグパフォーマンスに間に合ったーっと思ったのに後日Jスポの放送で観たらその前に長めのオープニングがあったみたい。こういうのが観たかったという中国っぽい演出でした。開会式も観れなかったので,リンクの中ではあんまり中国まで試合を観に来てるってカンジがしなかったの。
 それにしても一番高いエキシビションが一番客席埋まってます。日曜日だし,あ,時間が短いのがむしろいいのかも。エキシが人気なのはどこの国もそうだけど,日本は試合かエキシかどちらかだったら試合を選ぶ人が多いと思う。ってわたしがそうなんだけど(TVでも。ちょードキドキでも)。ライトファンなお友達二人はエキシの方が好きって言うのでどんなもんでしょ。

 

 実はこの大会で一番びっくりしたのがスイ&ハンペア。これは人形みたいな趣向でカワイイ。他に地元枠で出た選手達も技術がというより表現力の方に感心しました。

 

 ベルネル,町田君。演技順は最近どこも順位と変えてますね。町田君はこの大会でいい滑り出し!と期待だったんだけどー。難しいですねえ。

 

 各選手の演技前に国名が出ます。照明とともになかなかカッコいい演出。たぶん12月の同会場のファイナルに向けてというのが大きいかと。
 ジュベールのこのエアロダイナミックの受けはびみょん。演技前後はきゃーきゃーされてますがー。しっとりプロが結構好きなんだけどなあ。

 


 美姫ちゃん,きゃー綺麗! ダメダメコンデジでもこれだけ綺麗なのでやっぱりフォトジェニックなんだなあ。いや本当に美しいですけど。影まで美しい。

 

 ライト,登場は青なのに何故か緑に。優勝者はアンコールがあるのでこれは青。“Why Do People Fall in Love?”とアランフェス。このときのSPが白い衣装に合わなかったからなのか,全日本以降アンコールはミッションになったけど,アランフェスをフルで観てみたいなあ。


 後ろ姿にもうっとり。この青い照明とスポットライトで輝くようです~。だから美姫ちゃんが好きすぎなんだって。

 

 ダンスはペシャラ&ブルザ。優勝でもジャングルジョージ♪ きゃーめがねっこ~。
 このあと小塚君なんだけど,すみませんまともな写真がなかった。

 

 トリはもちろんパン&トンペア。見果てぬ夢にアンコールが愛の愛の夢。右はフィナーレのです。

 選手は次々出て来てサクサク進行だったけど,演技はもりだくさんだったので終わったのは17時半頃。
 来週の今頃は世界選手権のエキシビションも終わってる頃ですが,1ヶ月以上の延期と開催地変更,一時はあるのかないのか…とみんなピーキングの調整大変だろうと思います。今度こそシーズンの締めくくり,納得のできる試合が出来て,晴れてエキシビションとなって欲しいです。


 

 終了後,一度ホテルに戻ってから美姫ちゃんファン4人で北京ダックへ。わーいっ。一人ツアー参加だったので,遅く終わる試合の日は適当でもこの日は夜も時間あるしどうしようかなあ寂しいなあと思ってたのに毎日楽しく過ごせました。
 京尊烤鴨店という地元で人気というお店までタクシーで。周りはビジネス街なのかすごいネオンと近代的な高いビルがいっぱい。店構えとともに写真撮り損ねた…。
 北京ダックは4人でちょうどよかったみたい。あとフカヒレスープみたいのと頼んだこれ,卵黄が入ってるみたいですっごくおいしかったー。みんなおなかいっぱいだというのでこれでお開き。

 でもでもわたしは締めに炭水化物がないとダメなのー,とルームサービスでまたチャーハンを(昨日のも食べた)。だって,紫禁城のあとホテルに戻ってる時間なかったから朝ごはんのあと何も食べてなかったんだもんっ。チャーハンは味が薄い~と思ってたけど,塩胡椒が別についててこれでちょうどいいくらい。どうも薄味に出来てるらしい。後ろのデザートぽいのは全然おいしくなかったよう。

■2010北京旅行 その12(北京動物園 #1)

2010北京旅行 その10(紫禁城 #6)

■パンダを見て,パンダと帰国しました♪
■2010北京旅行ダイジェスト!
■2010北京旅行 その1(羽田&北京空港)
■2010北京旅行 その2(Cup of China #1)
■2010北京旅行 その3(紫禁城 #1)
■2010北京旅行 その4(紫禁城 #2)
■2010北京旅行 その5(紫禁城 #3)
■2010北京旅行 その6(Cup of China #2)
■2010北京旅行 その7(景山公園)
■2010北京旅行 その8(紫禁城 #4)
■2010北京旅行 その9(紫禁城 #5)

 

♪北京旅行再開ですー。紫禁城篇はこれで終わりだったんですけど。薔薇の続き(もあるんです)はもう少し開花シーズンが近づいてから。
 【左】乾隆花園の仮山。【右】楽寿堂。

 

 ここは石(玉)系の展示がありました。さっそく龍~(左も右もっ)。

 

 ラピスラズリ,クリスタルだよね。

 

 左は珊瑚,右は…,なんだろ。

 

 大物は距離を取るせいかピントが合わなくて映り込みも激しー。

 時間がなくて入らなかったけど,実は鐘表館(時計のコレクション)が素晴らしいらしい。うーん,いつかまた来れるかなあ。

 

 【左】ご存知,西太妃が珍妃を投げ込んだという井戸。珍妃井。あの,すっごく小さいんでけど。
 【右】圓柏。説明板を撮ったんだけど,俗称に瘤ぽい字が見えます。簡体字なのでしょう。

 

 既に見たような意匠だけど,これは鳥,右は鳳凰。
 時間がないないといいつつ,ついシャッターを押してるのでますます時間がー。しかも早く午門に出たいのに東側の距離感がつかめず(西側より公開されてるところが多い),ぐるぐるしてたのだ。

 

 【左】中和殿の東側が『ラストエンペラー』でテニスをしてたとこらしい。このへんでいいのかな?
 【右】あ,紫禁城で買ったのはガイドブックとストラップくらい。ガイドブックは写真がたくさん載ってるのを探しました。左のが30元,右が40元。最初入ったお店で日本語のが見つからなくてお店の人に聞いたら(って英語だけど),右のを渡された。だいぶホコリを被ってるので在庫を出してくれるのかと思ったらふつーに一冊しか表にでてないこれだった。でもでも文章が多くて,いろいろ見学コースがいろいろあったりでなかなかよい本でした。
 ストラップは龍。確かこれも40元だったと思うんだけど,値段の基準がよくわからないー。どちらにしてもこういうのは観光客お値段なんだけど。

 

 はーようやく出ました。とてもタクシーをつかまえる気力はなかったので,地下鉄へ。ただ最寄り駅(天安門西)まで結構距離がある。切符はカードみたいのを自販機で買うんだけど,使える貨幣が決まってるそうです。さすがに観光地だけあって,自販機のそばに常におねーさんがいて両替してくれました。ついでに一律2元なのに行き先をタッチパネルで選ばないといけないのでこれも助けてもらったー。
 電車はすっごくきれい。日本より大きな液晶モニターに次は何駅とか出るので全然平気。1号線に乗って,乗り換えて4号線の動物園駅に行くんだけど,乗換駅(西単)でだいぶ時間がかかってしまった。とっても混んでるけど本数も多いみたいだし,ホテルが街中なら地下鉄でなんでもよかったんだろうなあ。

■2010北京旅行 その11(Cup of China #3)

さくら散歩2011

♪満開後の日曜日,毎年行ってますが近所の野川へ。もー少し晴れるかなあと思ったけど,曇り空,ときどき薄明かり。今見直したら,去年はすっごく良いお天気だったのです。
 本当にお散歩なので,経済活動に貢献してません…。ケーキ買って帰ったくらいー。もう少し頑張って歩けば深大寺にも行ける距離ですがまだ歩いたことはない。








 

 

 

 






 ちょっと大きくしてみましたが,毎年そー変わり映えのない写真です。ああでも,こうして去年と同じ風景を見ることができるってしあわせなことなのですね。しばらくこれまで見ていた風景を見ることができない方,しばらく戻ることができない方,もう二度と見れない方がたくさんたくさんいらっしゃるのですね。

 先日仙台を訪れた静香ちゃんの詳細な記事(日経),もともと頭のいい人だと思ったけど,賢いというより“聡明”という言葉が似合う人ですね。
 そして,土曜日の神戸での慈善演技会。アヴェ・マリアとトゥーランドットを滑ったそうですが,もうもう女神のように神々しくも柔らかい輝きが内側から。

『美の呪力』

 昨日の余震,余震というには大きかったですねー。東京では長かったけど震度はそうでもなくて,でもしばらくどきどきしちゃいました。東北の方などさぞ恐ろしかったと思います。今回は特に夜だったので停電したりと心配です(停電は今もらしいですね)。大きい津波は来なかったのが本当によかったです。

 『今日の芸術』に続き,『美の呪力』(新潮文庫)を読んでます(大きいのは芸術新潮とCasa BRUTUSと図録と『岡本太郎と太陽の塔』とこれから別冊太陽)。まだ途中なんですけど,これすごく濃くてイイ! 創作者としてより思想家・文筆家としての評価が高いというのもよくわかります。テーマは石,血,怒り,仮面…。美術いえ芸術という枠ではなく,東洋・西洋・中南米…,点景ではなく有機的に繋がり,もっと広くて深くてそれでいて詩的なの。

 “怒りはリアクションではない。(中略)華やぎつつひらき,宇宙をみたしているのだ”

 熱い想いと冷静で論理的な語り口,知れば知るほど,ますますこの人は面白いと思うのです。

 「TAROの塔」で太郎さんを演じた松尾スズキさんが美姫ちゃんのファンらしい?(なくした携帯の待受!)ってのが今すごくヒットしてます。実は「TAROの塔」は初回をスルーしてしまって,TVブロスの特集でこれは見なくては!と再放送に間に合ったのでした。その後はかなり時間がイレギュラーになってしまったので,どこかでまとめて(出来れば地上波で)再放送をしてくれるといいなあ。

 更に関係ないけど,今日から始まったNHK-BSプレミアムの「BS歴史館」ってなかなか面白い。またクイズ番組か?とかそんなの知ってるし~みたいなお話とかじゃなくて,第1回はヴィクトリア女王の英国王室だけど,英国専門の人ばかりでなく片山杜秀さんや(フランスものの)鹿島茂さんとか論客が揃ってます。 突っ込みは必要だけど,中村うさぎのポジションは他に誰かいなかったのだろうか…。日曜日に再放送があります。

岡本太郎記念館,渋谷~青山


岡本太郎記念館,もう行って来ちゃいました! 渋谷から表参道に出るので,改めて『明日の神話』を。よく通るけど今まで立ち止まって見てなかったです。この壁画,そのまま剥き出しなのです。

 

 実はまず根津美術館から廻りました。すごく近くなのです。根津美はメトロポリタンの『八橋図』と見比べるのは延期となってしまいました。ああ…。
 都合側面方向から向かったので,わーお庭の彫刻から見える!

 

 扉を開けて,スリッパに履き替えると目の前に『縄文人』。写真撮影もどうぞ!とうれしいお言葉。

 

 階段を上がって2Fから。もちろん『太陽の塔』がいます。

 

 ラグに座ってゆっくりご鑑賞くださいとのこと。

 

 お目当ての『生命の樹』です。これのすっごく大きいのが太陽の塔の中にあったのだー。生誕100年の今年,海洋堂さんが再現。他にパネルやスケッチなどの展示も。【会期】2/23~6/26。年にいくつも企画展があるのですね。






 きゃーきゃーラヴリイすぎてつい大きくしちゃった。わたしが行ったときはあんまり熱心に見る人がいなかったので一人で激写しまくってしまいましたの。

 

 お隣の部屋は絵画,そして太郎さんと記念撮影ができます。

 

1Fに降りて,ここがよく紹介されるお部屋ですよね。太郎さんと敏子さんの笑顔の写真。そしてここにもマネキン。

 

 アトリエ! 自然光で制作していたそうです。

 

 そしてある意味一番楽しいお庭に出ます。梵鐘は叩けます。が,おこさまでないとなかなか勇気が…。

 

 

 左の『午後の日』好き。もーみんなカワイイなあ。カワイイって愛おしいだよね。

 

 『母の塔』と『未来を拓く』。訂正済:すみません右は『青春の塔』じゃないです。岐阜にある『未来を拓く』。『母の塔』は川崎の美術館。


 最後にカフェa piece of cakeでケーキと紅茶。セットでないので結構お高いのですけど,このケーキ(レモンスクエア)すごくおいしい。パンケーキもよかったかもー。外にもテーブルがあるので季節がよければ彫刻達を眺めながらも。でもあまりにも入り口!なのです。

 

 もちろん子供の城の『こどもの樹』を見て,渋谷まで歩く。

 『明日の神話』に戻る。日曜のまだ遅い時間ではないのに人が少ない…。ので近づいちゃう。

 生誕100年記念ということで万博記念公園のパビリオンで開催の「黄金の顔展」,4/10までだったのが5/10までと大幅延長してます。うわーもう行くしかっ。残念ながらモスクワには行けませんのでGWはTV観戦と太陽の塔かー!?
 他に川崎の美術館も行こうかな~。都内にはパブリックアートがあるんですが,代々木第一体育館の壁画はいつもあらこんなところにと思いつつ,ちゃんと見てないので今度…と思うと,ああ,しばらく行かないんだなと寂しい気持ちになってしまいます。