FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

「TAROの塔」と「生誕100年岡本太郎展」

 

NHK土曜ドラマ「TAROの塔」を観てます。4回連続,地上波は19日が最終回の予定だったのですが,今のところBS-hiと地上波総合で3回目まで。28日(19時~)からBS-hiで4夜連続再放送なんですが,このときの最終回が実質初回という変則スケジュールになりました。もともとこれを録画しようと思ってたんですが,1回停電になっちゃうかもしれないんですよね~。
 すごく凝った演出で,毎回ちょっとテイストが違うような気がしますが,今のところ1話が映画ぽくて好き。万博プロデューサーを受ける話と鮮烈な両親の話が並行してますが画面の色味を変えてあるのでわかりにくいことはなくて,両方が刺激し合ってるみたい。
 岡本太郎という人は多分に漏れずTVに出てるヘンな人のイメージが強過ぎましたが,バタイユとそこまで親しかったのかとか,パリでは芸術だけでなく,リセに学んで後にソロボンヌで美学そして民俗学とここでほとんどの基盤を作っていたんだーとか,知らなかったことばかりです(ドラマはそこまで詳しくはない)。バタイユは『眼球譚』が怖かったのでもう読まない~。

 そんなわけで,チラシを見てもこれは行かないな~と思ってた「生誕100年岡本太郎展」@東京国立近代美術館観て来ちゃいました。3/20(日)。19日から再開してるのと,20日のおしごとがなくなちゃったのと,お店がほとんど18時で閉まっちゃうので帰りに寄れないので,こういうときにどうだろうと思いつつ出掛けました。

 16時までと時間が短縮されてるのもありますが,かなり混んでました。音声ガイドが敏子役の常盤貴子さんなので借りてみました。普段借りないけどガイドは前に自分のペースで廻れないのがわかったので,最初はプロローグだけ聞いてまず自分で一回りして,二巡目に聞きました。うん,これがいいカンジ。
 もともと岡本太郎の作品に積極的興味があったわけではないんですが(パブリックアートがあんなにある意味も知らなかった),こうして本物を見ると,絵画はすごいと思うけど,断然立体物の方が好き! なんとなく肯定的なイメージがあったんだけど,『ノン』みたいな否定を全面に出したり,そっかいろんなものと闘ってきた人なんだ,でもそれがどこかかわいらしい。展示もまずプロローグとして12体が並んでいるんだけど,これにひとつひとつ作品名が書いてなくて,まず作品そのものと対峙して!ってことなのかしら。作品名があとでまとめてあります。こんなにみんな大きくて愛らしいのにどこか寂しげです。
 そして今『太陽の塔』がむちゃくちゃ気になります。ドラマの影響が強いですが,万博をリアルに知らないので,あれがまずあって何だかトンでもない催しだったんだーと思い込んでたのが,そんな経緯があったのかとか,それが正に万博の顔になって最後には残ってしまったと。
 他に縄文土器を撮影した写真,訪れた秋田岩手沖縄のフィルムや著作を壁一面に並べたり,歌舞伎の衣装デザイン,様々な椅子などなど多角的な活動を紹介する展覧会でした。

 グッズ売り場じゃなくて本屋で関連本を買い込んでしまう。たぶん作品そのものより岡本太郎自身とその事象に興味があるみたい。
 ちょっと迷ってた「岡本太郎と太陽の塔」(小学館)も買っちゃった。『太陽の塔』の中があんなになってるなんて知らなかったので,今展示があっても刺激的だろうな~観たいな~と思ったら,『生命の樹』を青山の岡本太郎記念館で海洋堂が再現(2/23~6/26)。様子を見て行ってみたいなーと思います。
 今すごく混んでるんですが,電車の中では『今日の芸術-時代を創造するものは誰か』( 光文社知恵の森文庫)を読んでます。ベストセラーだったんですね。平易な文章で読みやすいです。敏子さんの尽力も大きいのでしょうねー。

 

 あと,また懲りずにクイーン・アリス アクアでランチしてたりして。美術館に入る前,13時過ぎくらい。相変わらず座席の案内とかやたら時間がかかるけど,前にはいなかったベテランぽい女性が頑張ってたので少しはマシになったのだろうか。お魚がなくなってしまったので,ベトナムサラダ\1000+パン\250+アフターコーヒー\250。

 

 

 16時の閉館のあと,晴れ間が広がってたので,ちょっとお堀端の方へ。寒緋桜 (カンヒザクラ)と白木蓮がきれい。

薔薇の名前2(神代植物公園のバラフェスタ2010春#3)

♪引き続き薔薇。このマチルダ,白に淡いピンクってSP衣装の美姫ちゃんみたい…。今日は女子シングルとアイスダンスのはずでした。

マチルダコンチェルティーノ
 
サマー・サンシャインムーン・スプライト
 
サラバンドスーパースター
 
花霞
 
夕霧エスター・オファリウム

 日本語の名前も素敵ですよね~。夕霧君は男の子だけど,源氏関係のって結構ありそう。

薔薇の名前2(神代植物公園のバラフェスタ2010春#2)

コモドーレセブンティーン
 
ファビュラススーパースター
 
羽衣カクテル
 
ブルームーンバタースコッチ
 
サムライ

 そーいえばW杯のときサムライだけご紹介してました。

薔薇の名前2(神代植物公園のバラフェスタ2010春#1)

アイスバーグ

♪おしごとの予定も変わって3連休です。今出来ることって寄付と節電くらいしか思いつかないし,なかなか明るい気持ちになるのは難しいので,せめて綺麗なものを見よう!と,ほっといた去年5/22に行った神代植物公園のバラフェスタの写真をこの機会に出してみます。2009年の京成バラ園は大量投下しましたが,ちょっと小出しでアップしますので,どうぞおつきあいくださいませ。

オレンジ・ジュエルゾンネキント
 
ブルー・バユーモンタナ
 
クイーン・エリザベス銀嶺
 
つるオレンジ・メイアンディナひな祭り

 ひな祭りといえば,はしごしようと思ってた三井記念美術館の「三井家のおひなさま」は中止,根津美術館「古鏡とひなかざり」は22日まで休館,23日以降は未定になってます。ひな祭りは4/3にやる地方もあるので,会期は4月頭までだったんですよね。うちは4月まで飾ってましたー。いやせっかく出したのに早く片付けるのがもったいなかったのであろう。

世界選手権と募金活動

♪長野五輪アイスダンス代表の河合彩さんが元パートナーの田中衆史さんとJust Giving Japanを通じての募金活動を始めたそうです。早速寄付させていただきました!

♪来週21日の予選から始まるはずだったフィギュアスケート世界選手権は中止になりました。まだ日本でやるのか,この春に他国でやるのかと結論は出ていないようですが,10月にっていうのは絶対に止めて欲しい。3月にピーキングを合わせてる選手達の調整が大変だし,10月なんて次のシーズンが始まってるのにっ。せっかく日本で開催だったので西日本のどこかで出来ればうれしいですが,アイスリンクもしくは仮設で氷を張ったりを長期間って簡単に決められることじゃないですよね。
 もちろん,生観戦したかったですよー。23・24・25&27日とこんなに人気のあるチケットを取れるなんて今までになかったですもん。ダンス&女子フリーは無理そうなので4月の国別の土曜を取ってました。
 昨日停電の時間でなかったので四大陸のエキシビションJスポ版を録画できたので,美姫ちゃんのうつくしい演技にうっとりしてまして。それからライブで録画しなかったJスポのSPも見直して,ああ,この素敵衣装,生で観れると楽しみにしてたなあ…と。あとパン&トンの氷上(?)プロポーズ!
 いつもDVDに焼いたあと繰り返し観たいのを残してるんですが,BSフジとどちらもパントンと美姫ちゃんのを残しました~。

 あ,それから払い戻す側でゆーと,チケット買うときはせめて電話番号を登録してくださいねー。それと留守電セットしておいていただけるとうれしい。

昨日帰れました。

 昨日はもうオペラシティで泊まりかな~と待機してましたが,遅くに京王線が動き出したので24時頃に家に帰ることができました! メールなどご心配いただきましてありがとうございました。
 帰っても明け方までTV付けてて結局眠れないし,横になってもなんだかゆらゆらしてるようで気持ち悪いですね。
 末筆ながら被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

2010北京旅行 その9(紫禁城 #5)

■パンダを見て,パンダと帰国しました♪
■2010北京旅行ダイジェスト!
■2010北京旅行 その1(羽田&北京空港)
■2010北京旅行 その2(Cup of China #1)
■2010北京旅行 その3(紫禁城 #1)
■2010北京旅行 その4(紫禁城 #2)
■2010北京旅行 その5(紫禁城 #3)
■2010北京旅行 その6(Cup of China #2)
■2010北京旅行 その7(景山公園)
■2010北京旅行 その8(紫禁城 #4)

 

♪西六宮を出て,保和殿の北側もロケ地なので撮らなきゃ!って,すごい人~。まー,こういうのは団体さんなので,時間をずらすとこんなにがらーんとしてしまうのです。

 

 【上】景仁門から東サイドへ入ります。この屋根の装飾が細かい。

 延禧宮。不思議な建物。手前の説明板では水晶宮と呼ばれてるらしい。

 じゃーん,外東路! ここはあアーモ(乳母)を追って走ったり,実母の訃報を受けて自転車で通ったりというとても印象的な場面ですね。
 この長い広い道も紫禁城のまだまだ中なのです。孤独なシーンなのでなるべく人がいないのを狙ってうろうろしてました。

 

 堆秀山のあたり。

 

 ようやく九龍壁を発見。別料金の珍宝館(ジェンパオグァン)のエリア内だったのだ。門の向こうに見えたので,チケットもぎりのところに立ってる(警備してるんだって)軍人さんに聞いちゃったー。

 

 常に記念撮影してる人がいるので,全体は撮れないのよ~。【左】が龍の下部を木を塗装してごまかしたってのですね。

 

 

 珍宝館に入る前に皇極殿(西太后が70歳のお誕生日を祝った)の周りの白い彫刻が気になる~。

 すごいの(白菜とか角煮とか,いやもっといろいろ)は台湾に行っちゃったそうですが,お約束の翡翠で出来た野菜。

 下は珊瑚で出来た獅子。それから十二支。

 


 

 服飾品。せっかくなので,ガラスケースをもう少しきれいにして欲しい…。外のは砂埃でしょうがないんだけど。

 

 

 【左】この蝶々可愛い! バタフライ・ラバーズってのかしら。中国らしいデザインです。
 でもって,あとちょっとです。紫禁城は…。

■2010北京旅行 その10(紫禁城 #6)

2010北京旅行 その8(紫禁城 #4)

■パンダを見て,パンダと帰国しました♪
■2010北京旅行ダイジェスト!
■2010北京旅行 その1(羽田&北京空港)
■2010北京旅行 その2(Cup of China #1)
■2010北京旅行 その3(紫禁城 #1)
■2010北京旅行 その4(紫禁城 #2)
■2010北京旅行 その5(紫禁城 #3)
■2010北京旅行 その6(Cup of China #2)
■2010北京旅行 その7(景山公園)

 

♪まだまだ終わってなかった北京の旅です。景山公園を出て,今日は反対側の神武門から入ります。午門側はあんなに並んでいたチケット売り場もこちらはちょー余裕なんですけどっ。

 

 今日は『ラストエンペラー』関連を攻略すべく,まずは西六宮から。
 【左】はえーと,どこの天井だったか覚えてません…。たぶん千秋亭。【右】四足歩行の龍!

 

 儲秀宮の後殿の麗景軒は溥儀が退位後過ごした建物だそうです。この中は入れて,写真や遺品が飾られています。【右】テニスしてるとこ~。

 

 子供の頃のおもちゃとか,算盤まである。

 

 サングラス! 右の机は実際に使ったものかしら~。

 

 このあたりもロケで使われたみたい。るるぶのララチッタシリーズが小ぶりでカワイイ装幀と買ったら,故宮博物院見学ルートの項に『ラストエンペラー』のロケ地や麗景軒のことが載ってたの! ただ行っただけじゃわかんなかったよ。
 昨日はイヤホンガイド使ってたけど,今日はiPodでサントラを聴きながら廻りました。

 

 赤はとても多いですが,どこで見てもはっとする効果的な使い方。

 

 

  龍! 獅子! そしてまだまだ続く…。

■2010北京旅行 その9(紫禁城 #5)