FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

SEX AND THE CITY 2

♪もうロードショーの上映はほぼ終了してると思うんですけど,1作目より面白かったので書いとこうっと。『SEX AND THE CITY 2』は実は6/19のオランダ戦の日に観に行きました。吹替1回観ればいいや~と思ってたんだけど,吹替上映少な過ぎて,ようやく土曜日の新宿バルト9。20:30からの試合のパブリックビューイング(3Dも!)やってて,場内はSATCなのにどう考えても時間潰しな日本ユニ男子が数人並んで観てたりしてました。
 映画は全然期待してなかったけど,やたらシリアスな展開で頑張ってしまった1作目よりずっと楽しい。ドラマ版の完全番外編というドラマファンへのプレゼントというかおまけというか。4人中3人が結婚してしまったので“らしい”4人を描くにはむしろCITY(NY)を離れなければいけないのねー。前回残念ながらスミスと別れてしまったサマンサの本来の自由さが縦横無尽に効いてます。その上ちゃんと2人はいいパートナーでスミスがサマンサを尊敬し続けてるのがすごく気持ちいい上手い落としどころになってます。アブダビのホテルは絶対体験出来ない贅沢をこれでもかと見せつけるには本当に無理のない上手いシチュエーションです。豪華飛行機のモデルであろうエミレーツはW杯スポンサーで阿鼻叫喚の関空とか表彰式などでエキゾチックなCA(?)も目立ってましたよねー。
 まあ主役のキャリーは相変わらずめんどくさくて,でもそもそも突然現れた元恋人のエイダンは未だに人気のある男性キャラらしいんだけど,本編のときからどうして結婚しようと思ったほどいいのかわからないっ。そう思うとこれまでのキャリーの相手の中ではビッグってすごくレベルの高い男だなー。ビッグでいいじゃないねっ。まだまだ波乱がありそーだけど,2人のシーンでモノクロの古い映画と被さってくる「TRUE COLOURS」の曲がわかりやすいけど綺麗な演出ですね。
 シャーロットとミランダはもう家庭に重大な危機はないはずという安心感があるので,これ以上ストーリー的に拡がりはなさそうだけど,キャラが確立したのでどう動かしても面白い。シャーロットのちっちゃな娘達とお菓子作りなのにヴィンテージなのよ!と汚されたスーツは,そんなの着て料理するなのよと思いつつ,そういう絵に描いたように美しいお母様をやりたいのねー,シャーロット可愛いっと納得できたりします。
 そんなわけで,1作目のときは買わなかったけど,大型公式本買っちゃったー。当たり前だけどキャリーの衣装類だけやたら詳しい。あ,ドラマ版は持ってます。でもでもこないだ雑誌を片付けたら(って捨てられないので積み直すだけだけど),テレビ雑誌の別冊特集本とかVOUGEを買ってたのが出て来たんだけどっ。ドラマ版は借りたのを2回観たけど,ちょっとまた観たくなりました。

終了・W杯の日々

♪なんだかアフリカの希望(ガーナ)が潰えたのがショックで止まってしまったみたいですねー。ええっと実はベスト4に残ってた中ではドイツがいいな~と思ってたんですけど(書くと負けそうだから終わるまで書かなかったけどっ←いや負けたけど),優勝にはまだ早いかなと思いつつ,負けたらもうちょっと気が抜けちゃってました。だって監督も男前だし(←ここ重要。あ,デル・ボスケはマドリー解任?退任?がちょっと気の毒だったので,報われてよかったと思いますけど。スペインで一番応援してたのは監督だったりする)。
 でもでも3決ももちろん決勝も生中継で観ましたよー。一瞬どうせ3決だから録画でもと思ったけど,そもそも日曜は出勤だし,結果関係ない試合で生中継が観れるからこそリアルタイムで観るべきだ~とやっぱり起きてました。そしてやっぱり起きててよかった試合だったよー。3-2が一番面白いというのは本当何度見てもこのスコアだよなーと思います。スカパーでしかやらなかったのが実にもったいない。じゃあこの組合せ(ウルグアイ×ドイツ)が決勝で当たったら同じような展開が出来たかというとそんなことはなかったんだろうなあ。
 しかし3決はガーナの仇いやアフリカの敵ウルグアイのアウェイになってて,スアレスがボール持つとブーイングでむしろ少し静かになってました。ドイツは2002年の乙女走りクローゼがフィールドプレイヤーではベテラン最年長ってくらいの若いチームでかつオールブンデスの選手(バラックさん除く)それもかつてのFCハリウッドのバイエルンでもなくいろんなチームの選手がいて,まだまだ楽しめそうな雰囲気ですよね。育成が成功っていうとそーいえばフランスはそのへん頑張ってたはずなのはどーなったのかしらーと思いますけど,ドイツだとなんとなく堅実そうでその心配はなさそー。

 決勝はこれはEURO?みたいになっちゃったんで,唯一残った南米のウルグアイが上がった方が面白いというせっかくW杯だしってカンジだけど,そこはアフリカの希望を絶ったんでそれはそれでしょうがないのだっ。試合的には結果だけを求めちゃったオランダよりは面白かったかもしれないけど,そんなことはわからないですよねっ。まあ決勝はあの展開でPK戦まで行くと遺恨が残りそうだったんで,ちゃんとしたゴールで決まってよかったのかなー。その得点もプジョル(準決)でイニエスタだったのがわかりやすいヒーローを作りたがるのに乗せられなくてよかった~と思っちゃう。そしてイケル君がだいぶ老けたけど(つーかずうっと活躍してるからもともと若過ぎたんだけど),試合中なのに涙ぐんでるのが,おいおいまだ終わってないよーと思いつつなかなか感動的でした(ってちゃんと勝ったからでしょうけど)。一度書いたような気がするけど,マドリーの有料練習@東京ドームという2002バブリーな企画が2003年にあって,半分ネタできゃーきゃーやってたんだけど(だって一緒に行ったのはみんなイタリアファン女子組),最後の方で野太い「カシージャースー!」ってかけ声があがったのがとにかく一番印象的でしたよ。その彼は今回の優勝をどんなに喜んでるでしょー。という過去ネタが多いのは現在リアルタイムであんまり試合を観てないからってのが大きいだけです。
 そんなわけでアフリカW杯は面白いけど質的にはどうかしらって大会で,かつジンクス破りの大会でした。欧州大会以外で欧州優勝 ,開催国が一次リーグ敗退,EURO王者が優勝(W杯→EUROは有), 初戦に敗れて優勝,ってトコでしょうか。 次回はブラジルですがそんなブラジルが一番心配みたいな。

追記:そーいえば,アフリカでは出来ませんっ日本で!にいつなるのか?日本ならスタジアム満席&ぴあでチケット発券も頑張れるぞっとかワクワクしてましたが大変失礼致しました。欧州・南米以外だとちょっと変わった大会(2002はちょっとじゃねーけど)になるみたいで,これなら日本はもうひとつくらい上に行っても…なんて今更ながら考えちゃいます。4年後ここからもうひとつ上になんて単純なものじゃないから。ドイツはここで優勝しちゃうより次のEURO,そして次のW杯と楽しみですよねっ。監督も当然延長したしっ。
 街中はただただ暑く,まるでなかったかのよーな雰囲気ぽいですが,総集編はどうしようかなと思ってたWSDもWSM(って出た?)も全然見つからないくらいの売れ具合だったのかしら? おかげで全然買うつもりのなかったNumber+とWSKを買っちゃったー。だってせっかく開幕から決勝まで楽しんだんだもんっ。

準々決勝に散る!

♪すみません,W杯の話ばっかでー。準々決勝4試合で一番すごかったのはウルグアイ×ガーナ。いやたぶん技術的には2つのゴール以外これといったものはなかったかもしれませんけど,もー展開が劇的というかウソみたい。
 スタジアムは最後のアフリカ勢ということでガーナホーム。1-1で終わるかと思われた延長終了間際ほぼ120分でウルグアイのゴールマウス内ハンドでPK。時間的にこれで試合が決まるというところ,ガーナのギャンが失敗。わーこのあとPK戦では蹴れない~と思いきや1人目にギャン,しかもばっちり決めれる,きゃー。先攻のウルグアイにはブーイング。しかしガーナ3人目が止められちゃう。うわーダメだー,でも次にウルグアイも外して,まだまだイケる(←完全にガーナ寄りになってる)と思ったら次も止められたー。最後にウルグアイはなんとトッティもやったクッキアイオ。うわいい性格~じゃなくてガーナ負けちゃったよっ。もう先制のゴール(これも前半終了間際)から何度も何度もガーナ勝て!という筋書きが見えるのに(ジャッジ的じゃなくて天の采配みたいに)やっぱり人間のやるスポーツなんだなあ。眠いけど起きててよかったー。
 翌土曜日のスカパーハイライトの恒例のお花はギャン色…。←壺好きなあの方の乗ってたMSです。みんなギャンといえばあの造形が出て来るのですねっ。いやあの日はギャンだったねっていう。

あと8試合!

♪よーやく試合のない日が2日。昨日水曜日は代休にして夕方まで寝てましたよ。
 日本最終戦。前半0-0,90分終わるまで,延長終わるまでと戦えてここまでよくやったよと思うのと,せっかくここまで来たのだからもうひとつ上のステージで見たいなあと思うけど,サッカーの神様がどっちの国が上がってもどーでもいいよってなくらいでくじ引きみたいなもので,だったらPKみたいにつらいのにしないでもうくじ引きでいいのにっ。←キャプテンのが引くのとかはダメよ。PK戦って少なくとも誰かがはずすまで(止められるまで)続けなきゃならないって過酷なものですね。しかしいつも勝ち進むとユニってカッコよく見えてくるものなんだけど,今回はさすがに無理っ。
 スペイン×ポルトガルはさっきの試合と同じスポーツとは思えないくらいパスが通るボールが廻るんだけど,やっぱりラウールのいないスペインとルイとフィーゴのいないポルトガルが最強のチームみたいに言われちゃうとちょっと寂しいなあと思ってしまうのであった。
 このあと残り8試合しかないけど頑張って観ようっと。残り8チームがトーナメントで試合をすると何試合でしょう?っていうのを高校の確率統計(というか順列組合わせだけど)でやってて,計算してもいーけど,1チームが優勝で,残り7チームが負ける試合をしなくちゃいけないから7試合なのですよ。で,3位決定戦(スカパーオンリー)があるから+1で8試合。ベスト16からなら16試合(15+1)。