FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

祝・グループリーグ突破!

♪今日は27:30からのスペイン×チリを観るのでこれから寝ますー。ああ,明日出勤にするんじゃなかったよう。
 そんなわけで2日続けて仮眠→生中継→ちょっと寝て出勤です。昨日はスロバキア×イタリアも気になったんだけど録画して日本戦の前に早送りで観たー。いやあむしろ1点差まで迫れると思わなかったくらい期待してなかったけど…。そしてスカパーは何故かチーロ(フェラーラ)までゲストに呼んでた。
 日本はもーホントめでたいっ。いいとこ1勝できればいいけど,なんて申し訳ありませんでしたっっ。この大会はFK入らないなあと思ってたけど,2本も入ってびっくりです。でも1点返された後半はすげーハラハラしてました。もう1点追加出来るとは日本の試合とは思えない。いやこれも失礼。2-1のまま終わってたらちょっと消化不良だったかも。
 次はパラグアイなんだけど,パラグアイってキリンカップとかやたら対戦してるよーな気がするけど(チラ様のいたころ),ようやくサンタクルスが注目されるかもー(顔でミラン入りが何度もウワサになったけど怪我 がちだからねえ)。ちょっと老けたけどさ。そーいえばドノヴァンとかみんなおっさんになってるなあ。当たり前だけど。
 それにしてもヨーロッパ勢が厳しいですねえ。まーフランスとイタリアは論外でしたけどー。とにかく試合観てなかったんでニュースでまだ監督ドメネクなの~!?とか,イタリアはベテランが多すぎるのにピルロ(昨日やっと途中出場)とブッフォン(途中から抜け)が出られなくなっちゃったしー。セリエAもインテル(今年はCL含め3冠)が連覇続きというのも国内選手が伸びてないってことなのかなあ。
 ↑の薔薇は24日のスカパーのデイリーハイライトで飾ってた“サムライ”です。スカパースタジオには毎日その日の試合にちなんだ花がディスプレイされてます(前の試合のとき(今日も)は真っ青なデルフィニウムだったのに誰も名前を知らなかった)。こないだの神代植物公園(薔薇いっぱい写真がまだです…)で咲いてました。ニックネームとかだいひょーはだいひょーだよっと思ってますけど。でもこの花フランス産なのよー。そこがまたオカシイと思って撮ってました。

W杯の日々

♪う~ん,観れるのだけ無理しないで観ればいいやーと思ってたけど,実は観れるのが多い時間設定だったのね。2002年はむしろ昼間と夜で平日の昼間はとーぜん観れないから。そんなわけでここのところ毎日帰って来るとまず録画した『ゲゲゲの女房』を観て,20:30~と23:00~の試合を観つつ,そのあいまにスカパーのデイリーハイライト録画をこなすという。あ,試合はそんなに真剣には観てないですよ。27:30~のはまだデンマーク×カメルーンしか観てないのにこの寝不足感はなにっ。
 グループリーグ(GL)の第3ラウンドからは23:00~,27:30~で1日2回になるけど,第3ラウンドは2試合同時進行です。昨日はスカパーでしかやってないメキシコ×ウルグアイを観てました,もちろんっ。前半は攻守の切替が早いというか攻め攻めで左右にボールが運ばれるのが面白い。←生観戦の半分でオペラグラスを手放さないようなヒトはいつまでも見る目が育たないのだっ。フランス×南アフリカも気になるので(展開によってはメキシコとウルグアイのどちらかが落ちちゃうから。全然引き分け狙いしてなかったしー),久しぶりにLive Soresを開いてたけど,あんまり見ないんでいつの間にか南アフリカが得点してたりグルキュフが退場してたりであれえっとびっくりしたり。
 決勝トーナメント以降は地上波でもやるけど(3位決定戦はスカパーのみ)たぶん基本スカパーで観ると思う~。こないだのオランダ戦でときどき民放はどんなだろうとチャンネルを合わせるともう全然オランダの選手の名前が呼ばれないんだもん。ほとんどオランダがボール持ってるのに。日本の試合じゃなくてもうるさいのはねえ。
 しかし27:30~の試合を観ようとすると23:00~の試合中に仮眠を取らないと無理だし,それでも絶対仕事中持たないしー。録画して情報遮断は厳しいなあ。

初勝利!&2002年のおもひで

♪南アフリカは涼しいどころか寒いそうです。雪降ってたそうです。さっき試合してたネルスプロイトのムボンベラスタジアムがキリンとシマウマで可愛かった~。スカパーで客席入ってない映像が映って,特にスタンドのシマウマがとってもラヴリーだった。そーいえば日本も刀をモチーフにしたスタジアムとか作っちゃいましたよね。

 日本,海外での初勝利めでたいー。今大会は特に思い入れなくニュートラルに観てるんで(欧州リーグのもうひとつ前になっちゃった世代を一番見てたから),日本の試合は力入りますねー。今の代表の半分も顔と名前と所属チームが一致しませんが。深夜の試合なのに後半の方が視聴率が高いというのは観てなかった人が「お,勝ってるって?」と後からチャンネル合わせてそのまま全く気が抜けずに見続けたとゆーことでしょうか。
 2002年のチュニジア戦以来の勝利ですが(そっかー),チュニジア戦は大分空港のホバーの待合室で観てました。前の日にイタリアの試合観て,1泊して,半日湯布院観光して夕方の飛行機に乗るとこでした。そんなんで2002年は日本の試合はイタリアの次の日なんで都内の騒ぎをリアルタイムに感じてませんでした。羽田からモノレールに乗って浜松町駅の売店で日刊サッカーダイジェストとスポーツ新聞を買って地下鉄に乗っても車内はふつーに通勤電車だったり。でもKAMOが入場規制するほど混んでたんですってねー。今新宿店の前を通って帰ってますが,月曜はガラガラだったのに昨日,そして今日とあきらかに活気が違うのがゲンキンだなーと思いつつもやっぱり盛り上がるのはいい!ものです。

開幕W杯!

♪今年はもーW杯なのお?ってくらい気合い入ってませんが,始まってみると毎日何試合も生中継やってるーってだけでなんだか楽しい。スカパー全部やりますんで,基本こちらで。まあそんなに真剣に観てる訳でもないんですけど。遅ーい時間のは既に前半途中で寝ちゃってるし。
 開幕戦の南アフリカにピーナールちゃんがいて懐かしい。←アヤックスのときゴルパフォの脱力させるダンスとかしてた頃みんなでピーナールちゃんと呼んでた。この試合前後にオシムさんとトルシエが解説してて面白い。しかし開催国なのにもっとゆるいグループは作れなかったんだろうか。あとは結構楽しみにしてたアルゼンチンVSナイジェリアとかいつの間にかGKがんばれーって見方に。まあGKが活躍というのはDFがダメダメなんだけど。
 それにしてもブブセラうるさーいっ。この大会は今後リプレイされるたびにどの試合もうるさいんだろうなあ。でもでもこのぶぶぶぶぶっての最初97年のアジア最終予選のウルグアイで聞いたような覚えがあってそのときは虫??とか誰も解明してくれなかったけど同じものだったんだろうか。しかし南アフリカって南半球だから今涼しいんですね。高地も多いし。また日本は昼間の試合かよっと思ったらヨーロッパと同じ時差にしては早い試合時間が多かったんですね。なんかアフリカっていうと暑いような気がしてしまう。
 真剣味が足りない分(あんまり予選追ってなかったから)WSD(ワールドサッカーダイジェスト)の直前ガイドを買ったのに選手名鑑がまだ23人にしぼりきれてなかったよ。あとTV雑誌はとにかく試合時間にスカパー合わせればいいんでいらないんだけど,いつも買ってるTVブロスの特集記事で各国注目選手がイタリアはジラで,“ミランで才能を開花”ってそれを読んだだけで他の記事も読む気がなくなっちゃう。だって自分がよく知らないこともてきとーなこと書いてるんじゃない?って思っちゃいますよねえ。

ローズカフェ@国分寺

神代植物公園の続きがまだなんで前後しちゃいますが,5日に国分寺のローズカフェに行ってきました。

 

 店内はカフェとショップ。ショップは狭いスペースですが薔薇園よりもいろいろ置いてると思います。11時に行ったのでランチを。これはイングリッシュガーデンセット。手作りパンが3種類。
 早い時間に行ったのでランチにしましたが,テラスでカフェもよさそうです。開店直後以外はこの季節は予約した方がいいみたい。注文すると他にハーブティが無料で。

 

 カフェを利用しない場合は\300で庭だけ見れます。そんなに敷地は広くないですけど,高台にあるので住宅地の中なのに向こうが抜けていて開放感があります。だいぶ前から満開とあったので,もう遅いかな~とあんまり期待しないで行ったんですけど,とっても綺麗に咲いてました。まだまだつぼみもたくさんでしばらく楽しめそうですよ。

 

 今回プレートがほとんど見えなくて,名前が全然わかんないんですけど,まー細かいことはおいといてっ。

 

 

 

 

 

 薔薇以外に百合などもこれから咲いてくそうです。

 カフェを出て適当に歩くと今度はつつじと紫陽花が。

 

 この紫陽花の青好きー。青い薔薇といわれるのが出て来てますがやっぱり紫でこういう青にはならないですよねえ。

 

 カフェスローをちょっと覗いて,お隣の沖縄のブルーシールアイスクリームへ。沖縄らしいフレーバーが多いので試食できるのがうれしいです。塩ちんすこうを食べてみて,おいしいけどこれを全部食べるのはアイス食べに来た!ってのとは違うかなー。結局最初に気になったマンゴーとバナパコのミックスソフトクリームにしました。↑これではミックスに見えないなあ。コーンも選べます。おいしーいっ。国分寺って初めて降りたけどいろいろある駅なんですね。

影のない女@新国立劇場

♪今更ですが(いつものことですけどー),新国立劇場の《影のない女》を5/29に観てまして。取りあえず観たことないのを観とこうってだけでしたが,やっぱりあんまり上演されないのはそれなりにワケがあるのかなあとゆう。
 あらすじを読んでおいてだからなんなんだろう?と思いつつ舞台を観たらなんかあるかしらと思って,更に途中でプログラムを読んで染物屋バラクの妄想ってのにますます演出意図がわからない。
 内容に比して音楽が高度すぎるんじゃないかとか(そのためには一階席はピットが見えないのでつまらないのかも),こういう一見メルヘン&寓話ぽいのはワイルドのみたいに短めな方がよかったんじゃないかとか。オペラの場合キャラがつかめなくても印象的なアリアやライトモチーフがあればそれだけで説得力があるんだなー,(あんまり好きじゃないけど)モーツァルトの《魔笛》やワーグナーはそういうのが上手いんだなあ。いやリヒャルト・シュトラウスは《サロメ》や《エレクトラ》,《ばらの騎士》…みんな魅力的に出来てるんですけど。
 もっと単純に皇帝・皇后とバラク・バラクの妻が対になるようになってるか(だから1幕の舞台がバラク達の家の影になってるのに気がついてちょっとおおっと思ったんだけど),女性の自己犠牲を謳うなら石になるのが皇帝じゃなくて皇后自身なら彼女の拒否が重い意味を持つのがわかりやすいのになあ。
 演出がバラクの妄想とするならもっと単純にあからさまに1幕を枠組みに入るよう最初から黙役でもバラクを見せればいいのに。だってバラクしか名前がないから…ってだけではアイディアだけで演出されてません。今回のキャストの存在感から乳母の自作自演の方がよほど説得力があったかも。やっぱりオペラは音楽で表現される部分が一番伝わるとゆうことなんですね。

 さっきサイトを確認してたら,また《ヴォツェック》を放送するそーです。6/26@BSプレミアムシアター。こんなに頻繁に放送するのはこのテの作品にしてはめずらしいと思うんですが,《ヴォツェック》はホント面白かったので,まだ観てない方はぜひー。