FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

アリス・イン・ワンダーランド

『アリス・イン・ワンダーランド』を観たんですけど,『不思議の国』と『鏡の国』(ガードナー注釈付,東京図書)をだらだら読み直しながら,もう1回観ようかどーしよーかと考えて,まー見直すほどでもないかしらとか時間が経ってしまったのでした。
 ええっと3D版で観たんですけど(not IMAX),3D映画を観るのは初めてだったかもしれません。IMAXの『スーパーマン・リターンズ』はほんの一部を3D化で,もともと意図されたものではないせいかせっかく大きい画面だからそのままでいいのに~という本末転倒な見方で通いましたけど。それで,この映画はあとから3D処理したというのがどう違うのかはわかんないんですけど,まず現実世界は飛び出してるというよりも後方が不自然にぼけてるのがすごく違和感で,たぶん美しいロケ地で撮影したんだからやっぱりそのままでいいのに~という印象。まー映画というよりアトラクションなのかな~,それがディズニーと思えばいいのかしら。そのわりにワンダーランドのCGいっぱいの方があんまり3Dって感じがしなかったり。3Dを使うならちょっとベタですけど,現実世界はそのまま2Dでワンダーランドを3Dにしてラストのあの跳んでくのを3Dにしてアリスの中の現実と折り合いを付けたみたいに見せちゃうとかどーかしら。

 ストーリーはでもアリスファン的には『不思議の国』と『鏡の国』のキャラクターを使いながらも実はつまらない勧善懲悪になってて,そういう意味ではディズニーだ!という気もするんですけど,その分ティム・バートンの毒がないな~。最後に悪である赤の女王にちょっと同情的になるくらいかも(あくまで観客が)。罰を受ける彼女がハートのジャックと一緒ならいいわ♪と懲りてなさそうなのに忠誠を誓っていたと彼女だけが思い込んでいたジャックの本心を見せつけられてその絶望と共に捕えられる…というのが,殺さないといっている白の女王が実はなんて残酷なんだろうという。でもそーいうシニカルな部分はもう少し見えてもいいのにってくらい何にもない。そもそも赤の女王は不思議の国のトランプのハートの女王で,『不思議の国』にはちょっと頼りないけど彼女と上手くやってる王様がいるし,白の女王は鏡の国のチェスの女王で,姉妹というにはとってつけたようで,じゃあチェスの赤と白にするにはそっちの赤の女王にはそんな残酷性はない。いやこのへんは2つの国をごっちゃにしてるんでしょうがないんですけど。
 映像的にはチェシャ猫の“笑い”だけが残るってが足りないけど,それ以外はたぶん可愛くないキャラクターとしてテニエルのデザインに一番近いものが出来てると思うので,ああもう原作そのものを映像化すればよっぽど面白いんじゃないかという,実は誰もが考えるところに着地してしまうわけです。アリスもまるで原作は受け身だから…なんて言い訳されてるけど,アリスは十分好奇心いっぱいで,彼女が勝手にあちこち歩き回ったり,食べたり飲んだりしなければ何も始まらない物語です。
 『不思議の国』と『鏡の国』,『鏡の国』の方がチェスにならなぞらえて物語としてよく出来てると思ったこともあるんですけど,実は次から次から思いつくままにアリス・リデルちゃん達を喜ばせるために作った『不思議の国』の方が破天荒で面白いな~といつからか感じるようになりました。だから映画のように何かストーリーに意味を持たせなければみたいなことが一番ワンダーランド的ではなかったんじゃないかしら。

スターズ・オン・アイス2010

スターズ・オン・アイスに行きました。10日(土)ソワレ。
 これまでTV放送してたのはもちろん見てたんですが,生は初めてー。でも今回は日本人選手の凱旋公演的で本来のコンセプトみたいのは稀薄ぽいです。まーそもそも美姫ちゃんが出演決まって慌ててチケット取った訳ですけど。ええ,モツレクが観たくて~。金曜と土曜のマチネがモツレクってのをチェックして,お手紙にもようやく観れ“そう”でうれしい~って書いて,順番が来て,照明が明るくなったらびっくり五輪バージョン衣装のクレオパトラでした! が~んというか,わ~いというか…。いやこないだの世界選手権のが素晴らしかったのでここで観れると思わなかったのはすごくうれしい。何よりあのエメラルドグリーンの衣装が白々とした照明の下ではちょっと明るい色で軽いかなあと思ってたのが,スポットライトをあびるといい感じの色で,かつキラキラキラキラ輝いてすっごく綺麗! 何より演技もばっちりで緊張が解けたせいかスピード感もあって,目の前で3連続ジャンプをやってくれて,いやーいいもの観た! とホクホクなのとやっぱりモツレク生で観たかったようと複雑です。今日の公演を当日券で行くってのも随分悩んだんですが,4公演のうち前半2つ後半2つのプログラムなんじゃないかな~と予想したらやっぱり今日もクレオパトラでした。バレエのミックスプロみたいにAプロBプロみたいに事前に発表してくれればいいのになあ。まあ他の出演者もこの日はこれみたいにぱっきり分かれてもなかったんですけど。
 他の演技,ショーの演目としてはカナダの皆さんが総じて魅せてくれました。カートさんとロシェットとファヌフが特によかった。今回はスタンドSの端っこだけど1列目なので(その前にアリーナがあるけど)だいぶ近くて,近いと足元の滑ってる感がよくわかりますよね。高橋君は『道』のショートバージョンで,これはNHK杯とGPFでまだスタミナが~というのを観てたので,最後にいい演技を観ることができてよかったです。申雪・趙宏博の『トゥーランドット』が観れたのもうれしい。この2人は本当に数分の演技で物語を作ることができるペアです。
 そして全部の出演者の中では一番最初だった静香ちゃんのソロが一番よかった~。激しいカルミナブラーナから早変わりの白い衣装でアヴェマリア。特にアヴェマリアはもううっとり美しく,そして滑りがものすごく大きくゆったりとしていて素晴らしい~。もう目のごちそうですねっ。今年もフレンズ・オン・アイスが楽しみでです。

さくら散歩

 

 

 

♪今日は午後から晴れて来たので近所の川まで桜を見にお散歩してきました。今年は咲き始めてから冷え込んでたので長持ちするのかな~。菜の花はまだ咲き始めたばかりみたい。明日はまた出勤です。

New York, I Love You

『ニューヨーク,アイラブユー』を観ました。正直,ヘイデン・クリステンセン君が出てるってだけで,そーじゃなければ観なかったと思うんですけど。オムニバスではなく有機的に繋がってるそうですが,うーん,そうかなあ。でもでも個々のエピソードのこれが好きってくらいでいいのかなっ。
 縛りはニューヨークが舞台であることがわかるように&愛をテーマにってだけなんだそうで,あんまり捻りがない軽いのと下世話なのと妙にストイックなのとあります。肝心のヘイデンはいきなり最初のお話で,えーとアンディ・ガルシアと並んでる方がいかがわしくて素敵なのに~。しかしヘイデンにしてもオーランド・ブルームにしても顔の綺麗な男の子はどうして汚くしたがるんでしょー。綺麗なうちに最大限に活かした映像を残しておくべきなのにっ。

 よかったお話は,ユダヤ教徒のナタリー・ポートマンとジャイナ教徒のインド人(イルファン・カーン)がビジネスの話をしてるのにそれぞれの極端な教条に触れながらだんだん近づいていってでもリフカ(ナタリー)は結婚間近で,二人が結ばれる展開にないのはわかってるの彼女の剃髪に口づけるシーンが厳かなほど美しい。
 それから今度はナタリーが監督した黒人のマニー(ナニーの男性形?)が金髪の女の子の世話をしながら両親のもとに返すときちょっと寂しそうなのが印象的で,でもこの男性,存在感があるけど演技は素人っぽいなあと思ったらラストにダンサーとして登場してそっちが本業なのねと思ったら,ロイヤルのカルロス・アコスタ君でした,びっくりー。踊ったのはクラシックじゃなかったんだけど。
 チャイナタウンでトルコ人の画家が惚れ込んだ中国人女性が美しいけど如何にも地味そうな店員で,画家に突然モデルになって欲しいなんて言われたら逃げちゃうような~という雰囲気がちゃんとあって,何かを変えようと彼女が決心したときには遅かったというホロ苦さとそれでも変わろうと思ったことが彼女に新しい何かが開けたことを感じさせる哀しいだけではない終わり方。
 元オペラ歌手が何かを決心してチェックインしたホテルのベルボーイが若いけどエキゾチックで抑えた演技と思ったら,シャイア・ラブーフ君でしたよ。こういう不思議な存在感のある役柄が出来るんですねー。お話も現実なのか幻想なのかこのエピソードだけすごく非現実的で,そして何よりオペラ歌手の白いドレスとすみれ(濃い紫のパンジー)の色合いがちょっとレトロなフォーカスをかけてるみたいで非現実感を更に深めてました。
 そんなわけで,あんまりラブラブしてなくて多様な人種を配置してる作品がよかったです。