FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

レクイエム(ロステレコム杯その1)

♪(フィギュアの)グランプリシリーズ(GPS)が始まってるんですけど,はりきり過ぎて?先々週から2週連続でネットで全種目を観てたのでいろんな意味で消耗してます。更に両日曜が出勤とベルばら外伝@宝塚という無茶なスケジュールです。ロシア(ロステレコム杯)が終わったら,フランス(エリックボンパール杯)から順にと思ってたんですが,順番にこだわってるといつまでも出てこないんで,取りあえずこれだけは言っておかねばっと。

 美姫ちゃん優勝おめでとー! いや実はGPS優勝は復活の06-07シーズンのスケートアメリカ(あのシェラザードでこれは応援しちゃうぞと注目したんだ)以来とは意外です。大切なシーズン初戦を満足出来る演技ではなくてもタイトル取れるというのは,いろんな意味で幸先よくいい経験のひとつではないかと思います。いや,なんていうかうれしいんですけど,ホント万全ではなかったし,GPSの試合ひとつに過ぎないしとゆーか。結果を受けて本人が全然浮ついてないのでそれがむしろ心強いです。

 でっ,始まる前に一番どきどきしてたのはショートをカーニバル・オン・アイス(ジャパンオープンのエキシビション)で発表したマニアックなマイケル・ナイマンのではなくて,既にエキシビションプログラムとして滑ってる「レクイエム(モーツァルトの。モツレク)」に変えたっていうのが,うわー楽しみだけど,あの要素だけじゃないドラマティックな長めのプログラムをたった2分50秒にってどうなっちゃうんだろうと。あとエキシビションではもう滑らないのかなあ,観たかったなあとか。NHK杯はショートは行けなくて,フリーとエキシビ取ったんだもん!
 ショーの映像は金沢のIce Jewelryと名古屋のTHE ICEがあるんだけど,Ice Jewelryの方が効果的な照明が上手く映像に入っていていいかも。これ何度見てもじーんと来る,すごくすごくいいプログラムなんだけど(YouTubeのコメントにもあるように彼女のスケート人生をオーバーラップさせてしまうからなんだろうなー),構成が狙いすぎて陳腐とあえていえるくらいで,でもそれを演じきってしまうのが気持ちが入ってるんでしょうねえ。本人がすごく好きな曲だっていうのもお父様やお祖母様のことがあってのことだろうけど,そういうあざとくなりそうなところもむしろ表現のひとつにしてしまう方が自分の気持ちが滑りに素直に出てしまう美姫ちゃんには大きな武器かもしれない。
 でもってショートプログラムとしてはきっとまだまだ滑り込んでないだろうし,これからかなー。どーしてもエキシビバージョンと比べて短い!と感じちゃうけど,エキゾチックで独特なフリーとの対比としてもよかったと思います。衣装も長めのスカートと下ろした髪もいいけど,新しい衣装も明るい照明の下でその動きに合わせて美しく見せて素敵です(美麗お写真集)。でもってここぞというときでいいのでエキシビションを見せてくれるといいなあ。
 そうそう曲の構成はどちらも入祭唱とキリエ(のアレンジ)~ラクリモサ~ディエス・イレ,って全然鎮魂になってないんですけど,と突っ込みたいとこですが競技プログラムは特に最後盛り上げないといけないんでまーしょうがないんですけど。フリーでやるにはこれにジャンプやスピンをいっぱい入れるのは無理だろうなあ。6.0採点だったらともかく。

 ところで,ショパンとモーツァルトはなくてもいいと思ってるくらいなんですが(すみませんすみません),レクイエムは大好きですっ。レクイエムと25番だけ好きーって短調というかアマデウスかー。いろいろあるレクイエムはどれも名曲ですが,モーツァルトのは「涙の日(Lacrimosa)」,ヴェルディは「怒りの日(Dies irae)」,フォーレは「楽園にて(In Paradisum)」だと思うのです。で,一番好きなのはフォーレなんですけど…。
 ついでにモーツァルトのディエス・イレはわたしの中ではリシュリュー卿のテーマなのです。1996年に来日したギャヴィン・ロバートソンの「三銃士」で基本チャイコ交響曲なのにリシュリューだけモーツァルトなの。しかもこれお笑い舞台でリシュリューは大げさな曲に乗って出てくるけどいつもやられる敵役(ここでほんの枕にしかなってませんが。ってより舞台の話じゃなくてきゃーアトスアトスとしか書いてません)。

 あと,お蔵入りになった(?)マイケル・ナイマンのプログラムはピーター・グリナーウェイの『英国式庭園殺人事件』のサントラから「夜の女王」でした。『英国式…』は観てないんですが(初期のはNHK-BSで特集したのが実家のVHSテープに入ってるはず~),なんだか懐かしくて唯一持ってるサントラの『プロスペローの本』を聴いてたら,iPodに入ってるのになんか壊れたレコードみたいにフレーズの繰り返しがしつこくしつこくて,ミニマルってもんさっ。フィギュアでナイマンというと最近は「ピアノ・レッスン」ですが,グリシュク&プラトフの美しいメモリアルが『コックと泥棒,その妻と愛人』だったりするので,映画のサントラ=映画のストーリーという必然性はないのですね。「夜の女王」も新しい試みのようなのでまたどこかで観てみたいなあ。

エリザベート切手

♪国立新美術館の「THE ハプスブルク」はまだ行ってないんですけど,見返りシシィも入ってる「日本オーストリア交流年2009」切手が出てました。こういう2枚で1つの図案とか凝ってるのは使うのがもったいなくて結局取っておくだけになっちゃうんですけど。ってそういう作戦!? まー個人的には今ほとんど郵便使わないですし。ちなみにハンガリーも交流年で,あれシシィはハンガリーじゃないの?とかヘンな思い込みが…。

 「THE ハプスブルク」は今リンク張るために検索して公式サイト見たら,結構いろいろイベントだの催しがあるんですねえ。24日は中野京子さんの講演かー。25日に予定入れちゃったし,ロシア杯だし,しごともそれなりに忙しいしー(今日は日曜出勤した代休です。起きたの14時前でした)。でもこのサイト詳細がちゃんと書いてないんで,時間とかわかんないんですよ。そのへんは国立新美術館のサイトに行けばいいんだけど。
 「ハプスブルク7番勝負」はなかなか面白いです。中野さん自由で面白いなあ。展覧会は12/14までだし(東京展。来年京都),前売り券は買ってあるのでまだまだ余裕なんですけど,うかうかしてると終わってしまうので気を付けよう。その前にオルセー美術館展が11/29までだ。世田谷美術館行くの面倒とか云ってる場合ではない。たぶんこちらの方が展示は好みなんじゃないかと思うのです。オルセーと言っても絵画じゃなくてアール・ヌーヴォー・コレクションなの。

ベルギー幻想美術館

ベルギー幻想美術館~クノップフからデルヴォー,マグリットまで~姫路市立美術館所蔵@Bunkamura ザ・ミュージアムよかったです~。もともとクノップフやデルヴィル,マグリットなど大好きですが,今回のみどころデルヴォーとマグリットの連作でしょう。こういう核になるコレクションを持ってる美術館って素晴らしいですね!
 よかったのはレオン・フレデリックの大きな三連祭壇画みたいな作品の鮮やかさと不思議なモチーフ。それからグザヴィエ・メルリとウィリアム・ドゥグーヴ=ド=ヌンク。デルヴィルはいくつかある中では特に『茨の冠』。でも何よりもロップスの作品が全部好きー。『スフィンクス』などの背徳的で悪魔的なのもとても好きな世界ですけど,官能的な版画が妙に上品で静かな印象を与えるのが魅力的でした。
 見ながらこれは図録を買おうっと思ったらいつもの大きいのはなかった…。ので,姫路市立美術館の企画展図録と版画のミニ図録を買いました。10/25まで。
 姫路市立美術館では10/31~12/13で「ベルギー美術の変貌」という企画展を開催だそーです。今やってるは和田三造展で,こないだ「美の巨人たち」がとっってもよかった~。『南風』は東京国立近代美術館蔵だけど。

チキンタツタ!

 

♪昨日の台風縦断,京王線はゆっくりながら動いてたのでギリギリながらふつーに出勤したらJRがほぼ止まってて,その後復旧したかしら~となんとなくYahooを開いてたら,チキンタツタ限定復活が前倒し終了ニュースリリース)って,ええっそれは困るわっ。わたくしチキンタツタが大好きだったんです~。既に2回食べてますけど,10/15までにもう一度食べようっと思ってたので気が付いてよかったっ。
 なわけで,台風一過の青空の下,お昼にマクドナルドへ。新国立劇場の向こうにあるので↑のように見える新国の通路を突っ切って行きます。時々むしょーに食べたくなりますよね。特にポテトが…。いやこのポテトが一番イケナイとわかってるんですけど。そーいえば今は普通に食べますけど,何故かハンバーガーがあんまり好きじゃなくてフィレオフィッシュばっかり食べてたことがあります。で,チキンタツタは12月中旬から再販するそうです。やっぱりあの不思議にふかふかのバンズがおいしいのかなあ。毎年季節限定メニューみたいにすればいいのに。
 ちなみに今ハンバーガーはロッテリアの絶品ベーコンチーズバーガーが好きっ。ベーコン入りでないとちょっと途中で飽きるカンジ。

レコーダーを新調したら地デジになったよ。

 

♪何となく放置気味の今日この頃。いい加減HDDの残量が厳しいのでようやく新しいHDD&DVDレコーダーを買いました~。東芝のRD-S503です。取りあえずW録できるので,とにかく東芝っ。編集重視なんで~。←大したことはしないけど,今まで出来てたことが出来ないのはちょっと。外付HDDはまた容量が足りなくなる頃には新しい機種にした方がよさそーだし,ブルーレイは東芝が出してからでいいです…。うちにあったのは2002年にW杯に備えて買ったRD-X1(↑最下段)なんで,まーいい加減長いこと使ってて,どうせならX9にしたいとこだけど10万超は無理でした。X1君は中にリピートしたい映像がいっぱい入ってるのでそのまま置いときます。
 これ,実は9/27に届いたんだけど,そもそも持って帰りたかったけどここのとこどーも体調が悪くてめずらしく配送にして,かつ日曜のしごとから帰ってから受け取って,その後1週間放置してました。今までビデオデッキがあったとこに入れたんだけど,そのVHSの方はまだ昔のビデオをDVD化する夢を捨ててないので,しまい込まないで本の置き場(本棚ではない)の中に突っ込んであります。しかしそのVHSテープがまだ見れるかは定かではない…。
 ついでにリモコンも比較~。左からS503簡易リモコン,S503リモコン,X1リモコン。ちゃちくなったなあ。まーX1のは立派なだけあって重いんですけどね。右側にあるジョグスイッチで早送りが便利だったんだけどなあ。まあ同じメーカーなのでどちらのリモコンも反応しますが。

 あと↑の最上段はBSデジタルチューナーでレコーダーの間にあるのはスカパーチューナーなんだけど,BSデジタルチューナー内蔵なので,これはもういらないんだなっ。BSは2002-03シーズンのCLを観るためにデジタルWOWOWのために買って,確かアンテナと合わせて7万くらいしたよーな気がする(新しいレコーダーはそのチューナー込みで7万以下だ)。そのCLは次のシーズンからスカパーに移ったんだけどー。でも02-03シーズンは絶対絶対生で観てよかったので後悔はしてません~(WOWOWはアナログだと1試合しか生で観れなかったからっ。vsアヤックスとか泣きそうだったよ~)。スカパーは観たいのが完全にHDに移行したらe2にしよーかしら。
 まーそんなわけで,ようやくアナログの文字が消えましたよ。なんかシャクなんですけどねえ。ちなみにTVは25inchのブラウン管さ。

♪地上派デジタルとBSデジタルの住み分けがまっっったくわかりませんが,これまでNHK BS-hiでやってた『クローン・ウォーズ』のシーズン1が今夜からBS-2で始まりまーす(毎日曜23:29~)。これ1話目だけ観そびれたんだ。映画は全然だったけど,TVシリーズは面白いよお。
 クローン達のお話が一番好きで,アナキンとか主要人物が出てくると絵柄やキャラ設定に違和感が出るけど。パダワンのいるアナキンはみょーにジェダイらしいのにシーズン1の最終話でこれまたぶっとんでるパドメに「ボクと仕事とどっちが大事なのっ」っておバカ全開になってました。続きはいつになるんだろう。