FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

お誕生日ガンダム

♪ひさえちゃん,お誕生日おめでとー! ありがとう,Macくんもおめでとー!
 ここまでテンプレ。って去年はテンプレも貼れなかったけど。


♪去年,すごーく可愛いモチーフのネックレスを見つけたので,お誕生日に買っちゃおうかな~とか思ってたのに,何故かガンダムDVD BOXを買ってしまいました。あああ,もう成長どころか退行してます…。だ,だって,劇場版オリジナル音声限定版だっていうしーー。公開時のプログラムやポスターがミニサイズになってますが,ほとんど持ってました。IIIのプログラムなんて,初日のが画像がTV版のままだったので後日買い直して2冊持ってるし。さすがにIIIのときの4枚綴り前売り券はお小遣いでは買えなかったので,特大ポスターはないけどっ。ちなみにTV版のDVDはありませんが,当時の高価記録全集も持ってました。台本も~。
 で,今すごーく忙しくて観てる時間もないわけですが,忙しいときって去年もそうだけど何故か食事が適当にできなくて,昨日も夜中の1時過ぎにどーして納豆を混ぜているのだろうという。明日はヨーロッパ選手権男子フリーをJ-SPORTSがライヴ放送してくれるので,少しでも仮眠取れるように早く帰れるといいなああ。HDDも頑張って空き容量増やしたし。

和モード~日本女性,華やぎの装い

♪7日からおしごとで,だらだらしてたのにいきなり5日間で,しかもやることが全然終わらなくて毎日遅くって,土曜日はなんとか病院だけ行って(皮膚科です),出掛ける予定は取りやめて土曜日にはめずらしくさっさと寝てしまいました。明日もしごとだー。
 で,もう終わっちゃうサントリー美術館の「和モード~日本女性,華やぎの装い」に日曜日に行って来ました(14日まで)。ポスターやサイトには櫛の写真があしらわれたので,細工系かなーと思ったら,着物や屏風などに描かれた装いに関係するものが幅広く展示されてました。やっぱり櫛他,蒔絵や螺鈿なんかが一番好きー。サントリー美術館は今まで一番人が多かったような気がします。たぶん鳥獣戯画を休日に行けばもっと混んでたんでしょうけど,今回はさすがに女性が多くて,みんな熱心に張り付いてたので余計にかなー。何故か“和モードのクリスマス”と題してガラス器がいくつかあって,やっぱりサントリー美術館はガラスのコレクションがかなり多いんでしょうね。他に桃山時代の礼拝で使ったであろう書見台なんかがキリシタンぽくて,こういうのは初めて見ましたがなかなか興味深いです。そういう日本の文化と異文化の融合みたいのをもっと見たいなあ。
 和物だとあと,1/2から始まってる国立博物館の「宮廷のみやび~近衛家1000年の名宝」も行かなければー。こちらは2/24まで。

BLADES OF GLORY

ラブリイアイス ♪『BLADES OF GLORY』とカッコイイタイトルですが,邦題は『俺たちフィギュアスケーター』,略して『俺フィギ』。去年のオンシーズンに「SHOWBIZ」で全米No.1はじめ長いことランクインしてて,今なら日本でも受けるのに~,単館でやらないかな~と観たかったんですが,忘れた頃去年の12月から日本公開しました。そしたら意外に受けて続々上映館が増えてます。で,お正月4日に行って来ました。都内はてっきり渋谷だけかと思ってたんで渋谷に行ったんですけど,新宿でも始まってたみたいで,まー渋谷の方がたぶん綺麗な映画館だろうからいんですけど。で,そのシネマGAGA!独自なのかわかりませんが2人をイメージした?というラブリイなアイス↑があって,ちょうど2人だったのでもちろん食べる。ところがアイスはあるのにパンフは製作してないとかで,日本で1館しかやってなくてもパンフってあったのに,本当に上映されただけでも奇跡だったのねー。
 ええと,映画は面白かったです。いや突っ込みどころ満載でしたけど。男子ペアってのはともかく,ボーカル曲とか小道具とか,必殺技は頭を下にして廻しちゃいけないんじゃないかとか。あと旧採点(6点満点の懐かしいー)って,順位点っていうのがあったような気がするんですけど。って,だからたぶんそんなにフィギュアスケートが好き!っていうわけでもなくて,コメディ映画を面白いらしいから観に来た~という人の方が拘りなく楽しめるんじゃないかなーと思われます。実際,かなり入ってる館内は爆笑続きで。
 90分という短い時間で中だるみなく進めてますが,たぶん主役というか観客視点になるジミーの「Time to say Good Bye」に載せて語られる天才少年のシーンとか,片手が顔になってる孔雀衣装とか(どう考えてもジョニー・ウィアー),キスクラのぬいぐるみとか,2回ポイントになる大会マスコットとか,小ネタの作りがとても凝ってておかしい。そういうディテールだけじゃなくて,大筋がライバルから友情ものみたいになってて,でもものすごくくだらないラストシーンとか,一切手抜きのないところがすがすがしいです。あと極悪双子ペアとその妹のヒロイン格のケイティがちゃんと可愛いとか,アメリカの本物のスタースケーター達が本人役で出てるとか。こういうくだらない映画はやっぱりちゃんと映画館で,出来れば大勢で観なくちゃですねっ。

今年もよろしく&マイ・ベスト2007

♪あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。って,もう7日だし。明日からしごとですが,いくつになっても宿題をギリギリにしかやらないみたいだ。で,2007年のマイ・ベストです。
 映画は『パンズ・ラビリンス』。次点が『300』。今年はずっと『300』だーとひた走ってたんですが,最後に負かされてしまいました。『300』はコミックの映画化として美しいビジュアルは今までにないものですが,『パンズ・ラビリンス』の映像表現でストーリーをひっぱってくところが映画的で,まあどちらも映画館で観るものとして素晴らしい。そういう意味では3番目に『トランス・フォーマー』です。これも『パンズ…』が来るまでは今年の2番目!と定位置でした。次に『ナイト・ミュージアム』,『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』,『マリー・アントワネット』。後は順位はなんとなく。『恋愛睡眠のススメ』『善き人のためのソナタ』『ホリデイ』『ハンニバル・ライジング』『ストリングス』『エラゴン』『ミス・ポター』『ドリーム・ガールズ』。
 新作でないのだと『若者のすべて』,次に『ゴッド・ファーザー』3部作。←去年のお正月映画。で,今年は『俺たちフィギュアスケーター』に行って来ましたよ…。

 バレエというか舞台で言葉なしという括りで『氷の上のスワン・レイク』。これはまた観たいなあ。再来日は設営次第でしょうか。オペラはドレスデンの『サロメ』。演奏会はもうなんといってもショスタコ祭り(日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲プロジェクト2007)で,やはり7番の日が一番よかったです。

 美術展は「金刀比羅宮 書院の美」「アンリ・カルティエ=ブレッソン」「ティファニー」あたりが上位で,次に「トプカプ宮殿の至宝」「藤田喬平」「ノリタケデザイン」「水と生きる」,後は何となく順位で「琳派」「フェルメール」「失われた文明」「アール・デコ・ジュエリー」「ティアラ展」「ロシア舞台美術の世界」「鳥獣戯画」「TOKYO illustration 2007」「異邦人たちのパリ」「ヴェネツィア絵画」「日本を祝う」「ロシア皇帝の至宝」

 去年一番うれしかったのはCWCでピッポの2得点&優勝で,次にCLでピッポの2得点&優勝です。去年の大発見はブライアン・ジュベールさんと生フィギュアです。アイスショーは静香ちゃんプロデュースのは日程が合えば絶対押さえたい。