FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

《ばらの騎士》&《サロメ》@ゼンパーオーパー

♪ドレスデン国立(州立?)歌劇場来日公演《ばらの騎士》(11/18神奈川県民ホール),《サロメ》(11/24 東京文化会館)行って来ました。リヒャルト・シュトラウスはオケ曲は苦手だーと思ってたんですが,どうもオペラの方は好きみたいです。オケの方は男性,オペラは女性がテーマに何故か偏ってるような気がします。それでもハッピーエンドよりも悲劇の方がいいなあ。《ばらの騎士》は生は初めてなんですが,今回元帥夫人が代役だからかちょっと声が細すぎてオケに負けてたのが,彼女のキャラクターや大人の女性としての威厳と引き際とそれ故の哀しさみたいなのが伝わらなくて残念です。それでもオックス男爵をはめるのに元帥夫人とオクタヴィアンのことは棚にあげといていいのかと突っ込みたくなりますが。演出は1幕が初演の舞台美術が年を経たという設定で当貴族の末裔なのだそうですが,あまりコンセプト的主張は感じない。(ラウフェンベルク)
 対して《サロメ》(ムスバッハ演出)はシンプルな装置はわりとありがちぽいですが,装置が抽象的なのはこの演出が全て彼らの心理面を現しているからなのかしら。例えばサロメは7枚のヴェールの踊りの音楽に合わせて踊ることはなく,ただ明確にヘロデを誘惑しています。むしろヘロデの着衣を1枚づつ脱がしていくので,代わりに7枚脱がすのかしら~と思ったらさすがにそれはない。ただ確実に義父の心と身体に侵入して行きます。あまり娘への嫉妬を前面に出さないヘロディアスがあからさまに娘に対抗して,かつ脱がされたヘロデのネクタイなどでヨカナーンを縛り付けるのが面白い。ト書きと一番違うのは「銀の皿に載ったヨカナーンの首に口づけする」と歌っているのに,まるでヨカナーンの首なし死体を死姦してるかのよう。プレトークで語られたように繭のようなヨカナーンと1つになる,まるでトリスタンとイゾルデのようでもありますが。オペラっていうのは普通視覚の上に音楽が載っているのだと思いますが,この舞台はまるで音楽から連想される部分を目の前に見せる,音楽の上に視覚が載っているようです。《サロメ》の音楽の官能性が伝わってたまにはこういうのも面白いですね。1幕という比較的短い作品だからこそこういう濃密な表現にちょうどよいですし。まあサロメには“くちづけしたい”ということに拘りすぎて“ヨカナーンの首”に固執する少女であって欲しいですけど。

エリック・ボンパール杯(フィギュアスケート・グランプリシリーズ・フランス)

♪今まさに大会始まってるんですけど,肝心のジュベールさんが欠場になってしまいましたっ。昨日,これを楽しみに頑張って残業してたのにー! すっごいショック。グランプリシリーズは2大会のポイントでファイナルへ出るか決まるので,今年の2大会分がなくなってしまいました。ファイナルの可能性は全く0ではないらしいけど。逆にこの大会に出ればほぼ間違いなかっただけにー。サッカー基準なんでちゃんと見始めるとフィギュアってすっごく試合少ないなーと思ってたんですが,1つの大会でショートとフリーとエキシビション(上位のみ)で3試合分くらいの感覚なので6つ見れない気持ちです。今年日本のTVで見れるのもうないしー。しくしく。フィギュアって,ピークが短いのでもったいないしー(25歳くらいでベテランです。男子ってもう少し上くらいの気がしてたんですが)
 ケガではないのでそれはよかったかなあくらいに思ってたんですが(ケガは本当にいやですよ~),なんか結構深刻みたいで心配だー。カナダからずっとだったみたいで。うわー,大切にしてこれからの重要な大会でいい演技をと願うしかありませんね~。あ,一応放送は録画して見ますよー。テンション低いけど…。ああ,新プログラムが良くなってくのを見ていきたかったのにー。本当に残念。

♪水曜日に国立新美術館サントリー美術館に行って来たのを書こうと思ってたんですが,なんかもうがっかりでダメです。でも日曜日ドレスデンの《ばらの騎士》に行って参ります。あ,フェルメールは休日はかなりキビシイと思われます。平日(火曜休みなので注意)の閉館間際が狙い目です。鳥獣戯画は18時くらいは混んでました。閉館時間遅いので平日のもう少し遅い時間ならいいかもー。

世界を魅了したティファニー1837-2007 The Jewels of TIFFANY@庭園美術館

♪実はショスタコ祭りの前に「ティファニー展」@庭園美術館にも行って来ました。三田線で近かったしー。とっても対照的に,宮様の元お屋敷でブルジョワジーな展示でございました。キラキラで素晴らしかったですよ。ええ,オススメですー。すごーく混んでましたが。今むちゃくちゃ分厚くて重たい図録をゆっくり読んでますが,ひとつひとつの説明がとっても丁寧なのもあってティファニーの歴史の深さを知ることができます。それでもジュエリーにだけ焦点を絞ってなんですよね。
 数ある作品の中ではやっぱりダイヤとカラーストーンの組み合わせのクラシックなデザインが好きー。コンクパール(石じゃないけど。ピンクの真珠です)とかブルー系(サファイアやアクアマリン)などで合わせると豪華なのにとっても清冽な印象です。

ミッチーのショスタコ祭り♪その2「レニングラード」

♪しつこいですが,ショスタコはイイ!11/10(土)は当初の7番「レニングラード」に加えて,千葉県少年少女オーケストラによる1番から。思ってたよりずっといい演奏で,フィナーレで,ああ1番もいい曲だーと再認識させてもらいました。
 で,「レニングラード」です。ああもう今年1番かもー!(って順番付けるほど聴いてないんだけど)1楽章で泣きそうになってしまいましたよ。いやアダージョの弦みたいな美しさももちろん心に響くのですけど。
 ショスタコの良さって(この場合キモチよさです…),短い,フレーズというより音型の繰り返し,それもユニゾンでという愚直さが大きいんじゃないかしら。まあオケの醍醐味はトゥッティの強奏だと個人的に思ってるからかもしれませんけど。
 でもって演奏後に奏者を立たせるので,その1楽章で地道に大活躍だったスネアの人を早く立たせて~と思ってたら,大トリに持ってきて一番の拍手をもらってました。で,この方がまた人のときも自分のときも小さくスティックを合わせ叩いてて,その愛らしくも俺はスネアだ!という主張が素敵。更にミッチーはもらった花束を投げてあげてましたー。彼に限らずサンクトペテルブルク響はいいオーケストラだっ。バービ・ヤールが聴けなかったのが本当に本当に残念。次はもう12月の3公演ですが,会場でばっちりチケゲットしました。

チャンピオンズ・リーグ&トヨタカップ

♪昨日のシャフタール・ドネツク戦は,せっかく今日お休みだったんですけど,ピッポスタメンじゃないので,録画にして寝てしまいましたー。寝不足を解消しないとー。で,ベンチスタートでしたが,交替後すぐにゴールで結果的にドッピエッタ&1アシストと全得点絡みですよ。ホントCLは強いなー。リーグ戦が今季は全然ダメなんですけど。
 そうそうトヨタカップのチケットがようやく届きました。どーしてもクラブワールドカップと言えない。トヨタプレゼンツFIFAクラブワールドカップだからトヨタカップでいいよねっ。どうせ選手にはいつまでもインターコンチネンタルカップだろーし。で,チケットですが,無駄にデカイ。ワールドカップチケットと同じなのでわと言われてますが,確かに同じくらいだー。あ,12/16の決勝&3決2試合分チケットです(12/13は仕事で行けない…)。カテ2しか取れなかったんで,コーナー。欧州チームには罰ゲームぽいですが,ミランはこないだダメだった分勝ちに来るはずー。

スケート・アメリカ&スケート・カナダ

♪フィギュアスケートのグランプリシリーズが始まりましたー。基本的に男子シングル・海外選手目当てなので,地上波の放送には全く期待できません。BSとCS両方ないとかなりツライです。でも女子ファンもあんな煽りばっかりの試合の緊張感の伝わらない放送は全然面白くないんじゃないかと思われます。女子は相変わらずミキティ頑張れーです。去年もすごく痩せたーと思ったんですが,今年は更に女性らしいプロポーションで美しいです。ケガだけは心配ですが,それでももっともっと良くなるはずーと期待できるのは見てて楽しいです。カルメンはもうちょっと最後を盛り上げて欲しいですが,とても合ってて素敵です。デリラも悪女キャラで被ってるので今年はショートを抽象的なプログラムにすればいいのにー。
 男子一押しのジュベールはカナダからです。カナダといってもフランス語圏のケベックで開催だからかすごい人気でびっくりです。地上波もバトルと2人だけの放送なのに(あ,バトルもやっぱりカワイイですよ)感動秘話ミニ煽りVTRがついててこれもびっくり。世界選手権もグランプリシリーズもチャンピオンだしねっ。地上波はまるで男子→女子の順で試合したみたいだけど,男子がトリなので地上波はショートのみ。フリーはうちのMac君では見れないのに取りあえず起きてました。いきなり最初の4回転で転倒とのことでドキドキしましたが,ショートの点差もありまずは1勝。夜のBSでは思ったより悪くなかったのでほっとしました。フリーは持ち越しで,メタリカ好きなのでうれしいです。ショートはがらっとイメージ変えたオリジナル曲でのしっとり素敵プログラム。小さい画面でした見てなかったので,TV放送を繰り返し見ておりますー。早く大盛り上がりというエキシビションが見たいなーっと。

ミッチーのショスタコ祭り♪

♪ミッチーのショスタコ祭り,もとい「日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲プロジェクト2007」始まりましたー。日比谷公会堂に日本中からタコファンが集まるのですねー。うおー。
 日比谷公会堂はずーっと前に一度だけ,玉三郎様講演付き映画『ナスターシャ』に行きました。外観もロビーもホール内もこのレトロ感がタイムスリップしたようでなんだか素敵です。音響も1階の2階が被ってるとこでしたが,とてもよかったです。でも次は2階にしよう…。ミッチーの踊りっぷりはよく見えて楽しかったけど。
 今日は1・2・3番です。1番は結構聴く機会もあるんですけど,2番「10月革命に捧ぐ」,3番「メーデー」は内容的にもなかなか生で接することはできません。でもでも生で聴くと2番の序奏の薄暗さやサイレンの効果とか,3番のピツィカートに乗った木管の愛らしさがじっくり響いてきます。今日は合唱も含め2番が一番よかったです。帰り道,やっぱりショスタコはいいなあ,じーんとしてしまいました。次回は11/10の7番です。こんなにタコ好きなのに,しかもシンフォニーが一番好きなのに,どーして全部聴けないのだろーかー。うっ仕事と既に取ってあるチケットが…。だってドレスデンでママとデートなんだもん。しかし大好きな13番が聴けないのが特に哀しい。

全部行けないけど,自分用メモメモ
「日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲プロジェクト2007」
会場:日比谷公会堂 指揮:井上道義
■11月3日(土・祝)
 交響曲第1番,第2番「10月革命に捧ぐ」,第3番「メーデー」
 サンクトペテルブルク交響楽団
■11月4日(日)
 交響曲第5番「革命」,第6番
 サンクトペテルブルク交響楽団
■11月10日(土)
 交響曲第7番「レニングラード」
 サンクトペテルブルク交響楽団
■11月11日(日)
 交響曲第10番,第13番「バビ・ヤール」
 バス:セルゲイ・アレクサーシキン
 サンクトペテルブルク交響楽団
■11月18日(日)
 交響曲第9番,第14番「死者の歌」
 ソプラノ:アナ・シャフスキンスカヤ バス:セルゲイ・アレクサーシキン
 広島交響楽団
■12月1日(土)
 交響曲第4番
 東京フィルハーモニー交響楽団
■12月5日(水)
 交響曲第11番「1905年」,第12番「1917年」
 名古屋フィルハーモニー交響楽団
■12月9日(日)
 交響曲第8番,第15番
 新日本フィルハーモニー交響楽団