FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

「金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―」@東京藝術大学大学美術館

岸岱『水辺柳樹白鷺図』1844「金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―」東京藝術大学大学美術館に行って参りました。8/29(水)がお休みで昼間~。結構混んでましたが,比較的狭い2フロアなので実際に入ってる人数はそうでもなかったのかも。
 以前江戸東京博物館で応挙をいっぱい見たとき,金比羅さんにたくさんあるというのを読んで,そこまではいけないな~とあきらめてたので,もちろん応挙が一番のお目当てでした。以前の応挙でも再現してましたが,今回はほとんどが襖+障壁なのでそれを可能な限り持ってきての再現です(一部プリンター)。

 応挙の,『芦丹頂図』はひとつひとつのポーズも美しく,水呑みの虎などなどの『遊虎図』はスコティッシュフォールドのにゃんこみたいに妙に愛らしく,何度も戻ってゆっくり見たのですが,今回とっても気に入ったのは岸岱です。画像は『水辺柳樹白鷺図』(1844,もちろん部分)。柳の葉の柔らかさと細密さ,特に裏白の部分の絶妙な配分の入りと,対比して水墨画ぽい略し方の幹や地面,優雅な白鷺,そして金地。元は若冲が描いてものの改修らしいので,どこまで彼の個性なのかは日本画はまだまだ不勉強なのでわかりませんが,こういうまだ知らない素敵なものがあるってしあわせ~な瞬間です。燕子花の『水辺花鳥図』はだいぶ剥落してるのですが,こちらも繊細。プリンター再現の『群蝶図』のただただ金地に蝶が舞っているだけの抽象,『春野稚松図』の愛らしい蓮華草や菫,ひとつひとつ近づいて見てもあきないのに,全体を意識した空間表現こそ日本画の魅力だなーとうれしくなってしまいます。

 人気の若冲はぎっしりとりどりの『花丸図』。若冲はむしろマニエリズムでパラノイア♪な印象が強い。これはこれで面白いのですが,うっとりというのとはまた違う引き込まれ方です。しかしこれがまた狭い空間を再現してるので,じっくり見る人達で身動き取れないくらい。絵として見せるならもっと広い空間に持ってくればいいだけなのですが,それをしないのがこの展覧会なのです。他に屯田丹陵の『富士山図』と『富士巻狩図』。こちらは更に時代が下がって白い地で,富士の大きさに比してすごーく下の方にだけ裾野などが描かれ,また狩は襖の中程に忽然と非常に細密に描かれています。この二間は続いているので,狩図を開けて富士が見えるようにすると遠近法が活かされるのだそうです。なるほどー。これはまた面白い。また,フロアを変えて信仰としても金比羅さん。
 東京の展示は9/9(日)まで必見!ですが,以下巡回。10/1~12/2,12/29~2008/1/31 金刀比羅宮(って現地だけど),2008/4/26~6/8 三重県立美術館,2008/10/15~12/8 フランス国立ギメ東洋美術館。おお,フランス~。

 また同時開催で「東京藝術大学創立120周年企画 芸大コレクション展 歌川広重《名所江戸百景》のすべて」も9/9まで。同じチケットでこちらも見れます。江戸百景を全部見たのは初めてかもしれない~。やっぱりベタですが梅の木(亀戸梅屋舗)や鷲(深川州崎十万坪)が前景にばーんと出てるあり得ないくらいカッコイイ構図が好きっ。広重ってすごい空間センスのイラストレーターだよね~。

トランスフォーマー

『トランスフォーマー』を観た! 最初にかかってたマイケルベイデスみたいな予告篇では絶対観ない!と思ってたのに,ちゃんと映像が出てきてから,これはちょっと観たいかも・映画館で観るべきかも~という気持ちになり,結構周囲で評判がいいので期待して行きましたー。
 す,すごい面白い! 水曜のレディースデーに六本木まで行ったんですが,前の日寝不足になっちゃったので,眠くなったらどうしよーとちょびっと心配でしたが,全然そんなことなくって,ひー,おかしいようとほぼ集中です。いや,やっぱり変形時が一番ですけど。ガシャコンガシャコンに目を奪われてるのに,なんでこういう最終型になるのか全然判らないのに。ストーリー的にはなんだかよくわからなことがいっぱいありましたが,そんなことどーでもいいです。いや最初悪い方は地球の機械に寄生してたのかと思ったとか,あんなに一生懸命探してたものは結局いらなかったのかとか。
 もともとは日本のでアメリカでヒットしたくらいしか知らないですけど,悪には悪の事情がとか主人公がはたと悩みだすとかそーいう面倒なことが一切ないです。ほんとーに何にも考えないで観に行って,終わったあともいろいろ解釈する必要はありません。大変潔い映画です。

フレンズ・オン・アイス

新横浜スケートセンターの ♪静香ちゃんとお友達ショーもとい,Friends on Ice 2007に行って参りました。新横浜スケートセンターで19日(日)の千秋楽。新横浜駅はトヨタカップ(2003年)以来ですが絶賛工事中ため,全く違う駅に降りたようです。駅前の歩道橋まで行って思いだしたくらい。
 3度目の生フィギュアですが,これまで2回が特設リンクのため全然防寒の必要がなくて,今回はとにかく寒い!ということで,むちゃくちゃ暑いのに冬物を持参してそれがほとんど無駄にならなかったという。フリースの上着と膝掛けと靴下といつもの冬用ベレー帽。使わなかったのはカイロくらい。あと手袋も持ってたけど,演技中はそーいえば拍手が鳴らないわとはずす。スタンド席なのでこれくらいですが,ホントに氷上のアリーナ席はもっと足元から寒いんだろうなー。でもでも全然近いのですっごく楽しめました。アリーナはフランス人のヒトが来たら全公演行きます。来ないかなーなー。
 座席はいわゆるロングサイドでわりと端っこだったんですが,そんなに気にならないです。スポーツ観戦がサッカーしかないんで,この長辺がゴール裏くらい?としか思えない。しかもむちゃくちゃピッチ近いじゃん,みたいなー。ピッチじゃないし。ちなみにゴール裏は一度だけ国立競技場のイタリア代表vsアントラーズで座りました。いや指定席持ってたんですが,1人でさみしいなーと思ってー。(ゴール裏は自由席)

 ええと,ショーの方は去年行かなくてすっごく後悔したんですが,とってもよかったです。ちなみに去年はゴールデンウィーク明けの月曜日で,絶対休むの無理だよと思ってたのに実際出勤したらヒマだったという…。オープニングは四季でなかなか華やかなのですが,ここで既に長い人,いえエヴァン・ライサチェックにくぎづけです。実は今回楽しみなのはライサチェックが出演することだったりするんですが,もー彼が出てくると他の人に目がいかない。長い,長いよー。すみません,わたしは特別彼の演技にはどーということはないのですが(アヴェ・マリアのエキシビションはとてもよかったです),こういう群舞みたいのから大変好感を持ってしまいました。でも長い…。←しつこい。いや,改めて録画してあるのとか予習してたら,なんかこういう体型の人に既視感がと思って,ええとこないだアクロバティック白鳥の湖にも竹馬みたいの仕込んだ雑伎団の人がいましたが,《ニーベルングの指環》の巨人兄弟が『ラインの黄金』でやっぱり竹馬みたいので足を延ばして神々の元を訪れるのを思い出してしまうのですー。

 プログラムの順番で印象に残ったの:最初の鈴木明子ちゃんの「タイタニック」が可愛くて綺麗でした。本田君は1部と2部で1部は新潟で見たのと同じ「ゴッドファーザー」だけど,やっぱりあんまり曲のアレンジが合ってないような気がして(途中でコントしてた振付の宮本さんの方がアイスダンス出身のせいか振りが似合ってました),2部のしっとりした曲の方が素直に感動しちゃいました。恩田さんは1,2部ともコミカルなナンバーで,でも2つやるときは1つはシリアスな方が効果的だと思うんですが。なんとなく彼女自身が自分のキャラを固定しちゃってるみたい。
 1部で一番よかったのは田村岳斗君の「トゥーランドット」です! 現役時代もともとすっごいかっこよかったんですが,なんか更に素敵になってて,演技もジャンプも含め完璧なんじゃないでしょーかー。久しぶりに滑ったそうですが,うわーもったいない。ショーに出てくれればいいのに。やたら男前コーチをしてるのはキスクラ映像で見ましたがー。

 1部の終わりと2部の頭がこのショーならではの手作り企画のようですが,1部の終わりの抽選会は作りが素人っぽいのはご愛敬ですが(スケーターがチケットの半券で当選者を決める),プレゼントがスポンサーさんの提供品だけで,こういうときって別に高価なものとかじゃなくて,みんなのサイン色紙とかサイン入り生写真とかパンフレットとかの方がうれしいし盛り上がるんじゃないかなー。スポンサーさんからの提供品は使った方がいいと思うからそれにサインものを添えるとか。せっかく販売用には集合生写真なんてあったのに。
 で,もうひとつは2部の頭にちびっこスケーター企画。募集してる時点でうわーこれはちょっとと思ってたんですが,すみません,すっごくよかったです。各回2人の子供が登場するんですが,これは子供達に滑らせて見てもらうんじゃなくて,スタースケーター達とのコラボみたいな応援企画で。曲は「You Raise Me Up」なんですが,ケルティック・ウーマンじゃなくて,ジョシュ・グローバンの方(←個人的プチブーム中)。その代わり静香ちゃんがあの青い衣装を着ていて,これはもう見れないんじゃないかとあきらめてたので,うわーうれしい~。でもケルティック・ウーマンを使わないところが押しつけがましくなくて,曲の意味を活かしてるんだなあというメッセージが伝わりました。演出や振付も照明はじめ子供子供してなくて,綺麗で十分見応えありましたよー。
 他にも手作りアットホーム感では静香ちゃんが開演前の諸注意アナウンスをしてたり,いい意味で学園祭みたい。滑る前の自己紹介アナウンスはちょっとショーの雰囲気が停滞しちゃうけど,でもそれぞれのファンにはうれしいものでしょうねえ。

 2部は前述の本田君のしっとりプロと中国のパントンペアが美しいです。そしてなんといってもライサチェックの「カルメン」ですよ。で,その後高橋君の「バチェラレット」(ビョーク)ですが,これが手足の長い(長いすぎる)アメリカ人の後なのにあっという間に自分の世界にしちゃうんです。新潟で初めて見ましたが,滑り込んだのとこちらが見慣れたのとで,すごくよくなってるように見えました。最後はやっぱり静香ちゃんで新作の「Fly me to the monn」。1部は今回出演してる佐藤有香さんの振付だったのだそうですが衣装があちらはピンクで,こっちの黒い方が似合うの。色白だから却ってはっきりした色が似合うのかなー。それか寒色系。プログラムもキュートなのにジャンプもいっぱい入ってるの。そのままエンディングに入るのも曲的に合ってます。千秋楽が一番いろいろやってくれて盛り上がるというので,わざわざ日曜の遅いほうの回にしたんですけど,やってる方も見てる方もこれで終わりと後のこと気にせず盛り上がるのは楽しいですねー。チャンピオンズ・オン・アイスの仕込んだ演出もプロフェッショナルなんでしょうけど,こちらもちゃんと演出プランはあるんでしょうがなんとなくスケーター達がいろいろ考えたぽいところが垣間見れて,フレンズの名前にふさわしいショーでした。

 そうそう,上の写真は会場内トイレ表示です。エンディング後の周回も撮ってないのになんでネタ写真だけ…。えーでもかわいいでしょ? 特に男性の方が襟元スーツぽい衣装あるよね,っていう。
 明日は早く帰れたら『トランス・フォーマー』を観に行く予定~。えーと,変形はするけど合体はしないですよねっ。

リッツカールトンのアフタヌーンティー

アフタヌーンティーセットスコーン&マーマレード
♪先週末は帰省して?年振りかの同窓会に行って(かなりヒドイ中高生だったことを思い出したよ),昨年に引き続きアクロバティック白鳥の湖を堪能して,その後の暑い日々はふつーに仕事してたので却ってラクでした(職場にいる分は涼しいし…)。
 えーと,なんだか今更ですが,せっかく写真もとったので。8/5にサントリー美術館の後はザ・リッツ・カールトン東京45Fでアフタヌーンティーしてましたー。なんと\8,900というのもありましたが,↑は\3,900(+サービス料。写真は2人分)。ホテルはミッドタウンの上にあるので,いわゆるロビーは45Fから始まってここにラウンジ&バーがあります。すっごく天井が高くて,ホテルのラウンジってだいたいそうですが,ゆったりテーブル間も広いです。ミッドタウンのコンセプトのせいか椅子はちょっと和風な布張(絹?)だったりします。
 飲み物は好きなの選べて,もちろん紅茶を。ふつーにダージリンにしようかと迷いつつせっかくなのでスペシャルブレンドというちょっとスパイスが効いたのを。すっごく大きなポットなので,運ばれてきたのがわー重そうと思ったけど,常に注ぎに来てくださるので一度も自分たちではポットをもちませんでしたよ。一段目のスコーンとサンドウィッチと小さなキッシュから。スコーンはプレーンとレーズンです。クロテッドクリームの他に小さなジャムみたいな瓶が4つ。イチゴジャムとアプリコットジャムとオレンジマーマレードとはちみつでした。もちろん全部開けて味見して,マーマレードがすごーくおいしかった。マーマレード好きー。って普段はパンには甘いものは付けないけど。でもでもスコーンにはやっぱりクロテッドクリームが一番ですよねっ。これにイチゴジャムを一緒にしてもおいしー。
 1,2段目は甘い系ですが,かなり甘甘かも。って,ヨーロッパ現地のはもっと甘かったけど。これはそもそも1段目に甘いものを目一杯付けすぎたのと,あまりにもゆっくりゆっくり2時間半もかけてお茶したのでお腹いっぱいになっちゃったのかなーと思われ。でもかな~りボリュームのあるセットです。綺麗なところで綺麗でおいしいものを食べるのは,背筋を延ばしてちょっと特別気分でよいものです~。
 ちょびっと突っ込みどころ。サンドウィッチのパンが一部乾いてたのがちょっと作り置き感があって残念(最初に食べたのに)。紅茶のポットが保温用ランプにかけてあるので,冷めないためだろうけど結構煮詰まっちゃうのではー。これは2時間もかけてるしょうがないんだけど,お湯は持ってきて置いてくれないのかなーと何度もお願いしようと思ったんだけど,サーブしてくれるおねーさんがさすがに濃いお茶に差し湯をお持ちしましょうか?と言ってくれたので,そーよねーと喜んだら,ポットにお湯を足してくれた…。ポットにお湯を足すとあまりおいしくないのです。ポットから入れたお茶をお湯で薄めるのものなのです。ポットの最後の一滴はゴールデンドロップというのだそうですよ。後はお茶には関係ないけど,ここピアノがあって生演奏してるのですが,フルートとピアノのアレンジのショパンが何だか恥ずかしい。いやそもそもピアノ曲だのショパンだのが苦手なのはあるのですが,クラシックのイージーリスニング向きアレンジは~。いや気にしすぎなんですが,これだけ気取ってるなら普通に原曲をやった方が似合うと思うんですが。その後は映画音楽特集でニーノ・ロータのロミジュリとかこちらは妙に受けました。ちょっとフィギュア繋がり。で,明日は新横浜で静香ちゃんとお友達ショーです。今回もジュベールさんは出ません。

水と生きる@サントリー美術館(美術館ハシゴ2+α)

円山応挙『青楓瀑布図』1787 ♪7/4の美術館ハシゴの続きを書かなきゃーと思いつつ,既にいろいろお出かけしてしまってるわけですが,ちゃんとサントリー美術館は展示替を見てきました@8/5(日)。と,その前にチョコレート@21_21 DESIGN SIGHTをちらっと。チョコレート好きとしてせっかくなのでと行って参りましたが,展示の方は大きな作品よりもミニマルな緒作品の方がその愛情に共感を得ました。残念なのは入り口でもらったチョコがせっかくなのでとすぐにほおばって展示を見てたのに,カカオがキツイチョコではなくてチョコレート菓子だったのと,グッズ以外にチョコをたくさん売ってればしあわせなのにそういう演出がなかったのが,チョコホリックな雰囲気に欠けてたと思われます。よーするにチョコレートが足りないの~。

 水と生きる@サントリー美術館はその1日のトリにして本当に満足な展示で,やっぱり第一弾の汎用的な“日本を祝う”よりもこういうテーマが明確な方がこの美術館には合ってるんじゃないかと思います。ただ,1回目はわかっていたけど応挙の『青楓瀑布図』がないので,ガラスの方を主に楽しみました。6/16~8/19を前中後期にわけててその前期と後期を見たわけですが,日本画は展示替が多いのはわかりますし,かなりしつこく展示時期が注意書きされてはいますけど,やっぱりチラシや図録の表紙に使ってる如何にも見どころみたいな作品が全期で見れないのはさみしいなあ。ちなみにチケットを持ってくとリピーター割引になります(\100引き。見附のときはもう少し割り引いてませんでしたっけ?)。
 『青楓瀑布図』(1787)は縦長の構図を最大限に活かした作品で,下部の巌にぶつかる波の荒々しさと上部の緑の楓と流れ落ちる滝という対照が画面全体では大きな動きと共にに清冽さも感じられます。その他の絵画作品も水をテーマに集めると,川であったり雨であったりと表現や手法の違いを楽しめるのですねー(道成寺絵巻が後期だけなのも後期が一番お得感というかバラエティ感があります)。更にそれは小袖などの模様もまた様式化された伝統的な模様であるでしょうが,その抽象表現が着物という限られた素地だからこそ生きてくるのかしら。そういう意味では櫛のような小さな部分に波であったり千鳥,鯉などを載せてしまうという,やはり制限された中にある(ひじょーにベタですが)小さな宇宙を作ってしまう感覚に惹かれてしまいます。
 そしてなんといっても今回の個人的白眉は青いガラス器達です。このあたりはほぼ全期で展示なのでばっちり2回見ました。サントリーのガラスコレクションはもともと好きなのですが,この深い藍色や透明な中にやや淡いブルーであったりという色の豊かさや,水・液体の器としてガラスと水=青という二重の連想はもちろん,その涼しげと片づけてしまうには美しすぎる透明感がたまりません。
 最後に様々な青で染めた布(シルクだったりパインだったり)がどーして触れないのかというのが残念でした。2階構造をつなぐマリア・ルゴッシーの現代作品はよいアクセントになってたと思います。このあたりでサントリーだけに南アルプスの天然水が飲めるの。

 うおお,あと更にリッツカールトンの午後茶とアンリ・カルティエ=ブレッソン報告があるのにー。←だから毎日ちゃんと書けばいいのっ。

浅草レバー

雷門レバー♪
♪金曜日に浅草の焼鳥屋さんに行きました~。という話を何故今書いているのであろうか。ええと,それは毎日暑いからっ。ああもう本当に暑いのはダメ。実は週末めずらしく帰省するので(なんと久しぶりに同窓会が),盆地の暑さが今から怖いです。
 雷門で待ち合わせしたので上の写真。帰り22時過ぎてもまだライトアップしていてとってもキレイでしたよー。焼鳥屋さんはお友達一押しだけにすっごくおいしかったけど,おすすめのレバ刺しが時節柄なかったのが残念ですー。で焼いたの↑。

 アンリ・カルティエ=ブレッソン@近代美術館行きました! す,すごいよかったです! 図録読んでからちゃんと書きますが,夏休みとはいえ平日なのにかなり混んでましたよー。8/12(日)まで。

若者のすべて

ヴィラ・オルモ ♪日曜日に『ヴィスコンティの遺香』篠山紀信・写真展/ヴィスコンティ映画祭に行って来ました。無事『若者のすべて』が観れたので,ブレッソンはまだ行ってません。
 写真展(~8/19)の方はオリジナルプリントではなく,大きなパネル展示でした。でももうそのままでは残っていないというヴィスコンティの残り香を感じるにはこのくらいの大きさの方が伝わるものがあるんだろーなと思われます。写真集はうーん,欲しいけどー。で,写真展で一番感慨深いのがマンマの写真の間にヘルムート・バーガーの麗しい写真を飾っていたという。
 ↑写真はコモ湖に行ったときに工事中だったヴィラ・オルモ。

 『若者のすべて』だけ観たのは今回上映した7作品(若者のすべて・山猫・ルートヴィヒ・イノセント・熊座の淡き星影・地獄に墜ちた勇者ども・ベニスに死す)の中で唯一観たことなかったからー(他のはちゃんと映画館で観た)。また『地獄に墜ちた勇者ども』を観たいと思ってるんですが,時間が合わないー。
 で,映画の方は,370席のホールというのは座席数から結構広いのではとは思ってたんですが,スクリーンもわりと大きくてミニシアターっていわれるような映画館よりもむしろいいんじゃないかくらいでよかったです。そもそもイタリア文化会館っていうのがむちゃくちゃかっこいいビルなんですが。
 『若者のすべて』はただただアラン・ドロンが可愛かったんですけど,以上。じゃなくて,5人の兄弟の運命と母の大きな存在は確かにイタリアという国の特に南北の問題を映しだしているんですが,5人のなかで異質なアラン・ドロン演じるロッコという人間からもっと普遍的な問いかけを受け取ってしまいます。ロッコは兄弟の中であからさまに1人美しく,善良で,無私で,心優しく,そのセリフの中にあるように(家を建てるには犠牲が必要),半ば自覚して自分を家族に捧げてしまいますが,彼の優しさは兄弟,特に兄シモーネを救うことはできず,彼の赦しが更に兄を戻れないところまで墜してしまうかのようです。
 人が人を赦すことは果たして善なのだろうか,自分を捧げてまでも(才能があっても心優しい性に合わないボクサーとして生きる)他のために生きることって何だろう,と。真に人を赦し,自己を捧げることができるのはキリストだけという大変キリスト教的な気配もちょっと感じます。

 原題である『ロッコとその兄弟たち』はトーマス・マンの『ヨセフとその兄弟たち』が意識されているそうなんですが,ヨセフ(旧約聖書の方のお話です)は自己犠牲的人間ではなくて,でも確かに兄弟の中で1人抜きんでていて,最後に自分を陥れた兄達を救う立派な人間ですけど,こちらの物語ではむしろヨセフが父に溺愛され(この父っていうのがまたその母に溺愛されたヤコブなんですけど。わたしはヤコブとエサウの話が小さい頃から納得いかーんと思っておりまして),半ば嫉妬で兄達が曲がってしまうので,どう見ても特別な人間のはずのロッコがただその才能を,自分自身をを家族に与えてしまうのに家族は彼を良くも悪くも特別視しているわけではないところが根本的に違うような気がします。ムイシュキン公爵ぽいのはわかりますけど(ロシア文学でちゃんと読んだのは『白痴』だけっ)。

 あと,これは兄弟の話ではなくて,ファム・ファタルのお話なのではとナディアの登場あたりからしばらく考えながら観てたんですが,むしろロッコ達にとってはナディアよりも兄弟達の方がずっとずっと重要で,ファム・ファタルなんていないんだよ,という物語であるのかもしれないです。そして,カインとアベルとか前述のヤコブとエサウみたいな2人の対照的な兄弟の話ではなく,あくまでも5人兄弟と母という家族の物語ですね。

 そういえば,イタリアに行く前にミラノのガイドブックで行く前にぜひ観て映画になってまして,確かにミラノ中央駅やドゥオモの上とかそのままで,これはこれであのミラノのことなんだーという妙に感慨深いものもありました。先に映画があって,映画のあの街という印象一辺倒というのも一面的な気がしますしー。