FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

デスノート最終回(ネタバレは折り込みました)

♪アニメ版『デスノート』,ついに最終回かーと感慨深くも楽しみにしてたら,これはびっくりオリジナル展開。終わったあと原作最終巻(12巻)を読み直した人も多いのでわー。というわけで,原作・映画のネタバレもありで以下続く…。 【“デスノート最終回(ネタバレは折り込みました)”の続きを読む】

チャンピオンズ・オン・アイス@新潟

朱鷺メッセから ♪フィギュアスケート生観戦2回目にして既に遠征。ショーなので観戦とは言わないか。初生フィギュアは実は静香ちゃんを観たいと思ってたのに何故かジャパンオープンの方に行ってしまったので(同日プリンスのがあった),そういう意味でも楽しみでしたー。チャンピオンズ・オン・アイス@新潟,6/16(土)マチネ。
 開場は朱鷺メッセというコンベンションセンターなので(写真は中のデッキから。梅雨入りで心配してたのによいお天気でした),リンクはもちろん客席も仮設です。よく作ったなーとは思いますが,スタンド席は傾斜がゆるくてそのわりに一段一段の幅が広いのでリンクが遠くなってしまいます。でも実はアリーナの方が段差がなさすぎて大変だったみたい。まだまだアリーナまではいけないけど(ってかチケットが取れない),いつかすごーく近くでも観てみたいなー。
 ショーの方はオープニングの前に狂言回しみたいな人が出てきて,ショー開始まで10 minutesっていうんで,冗談かと思ったらホントにそのあと10分あって,こういうまったり小芝居は日本向きじゃないんじゃないかと思うんですが,どうなんでしょう。まあ座席がいわゆるバックスタンドでほとんど反対側で展開されてたので実際の反応はよくわかんないんですが。
 ショーの構成はオープニングとエンディングがストーリー仕立てになってるようで,でもこれ去年のと同じなんですが(去年はTV放映があった),映画『ムーランルージュ』の音楽のようです。でもわたし『ムーランルージュ』観てないんで,ロクサーヌのタンゴしかわかんないです。そのロクサーヌ,実は高橋君が出るんで期待してたんで,新プロになっててお披露目を観れたのはよかったんだと思うんですが,ちょっと残念(あとロクサーヌを使うからその前に同じ曲では滑れないのかなー)。でも演技はとてもよかったです。やっぱりこういう情感あふれるのは生で観た方が伝わりますよね。なんだか順番が飛んでしまいましたが,高橋君は最後から2番目。全体でよかったのを羅列すると,もちろん静香ちゃんのサラ・ブライトマンのバタフライはすっごく美しかったです。スタイルの良さを綺麗に見せてしなやかで,オペラグラスで覗くとお顔もキラキラ輝いていて,まさに静香様だー。あと思い出すとこのプログラムが一番リンク全体を使ってたんじゃないかと思いました。で,これがトリだと思ってたので,最後に絶対もう1プロ,もしかしてボルトン版トゥーランドットをやってくれないかなーと期待したんですが(いや地方だし),トリで新プロでした。『ドリームガールズ』でビヨンセが歌ったListen。でも衣裳はそのトゥーランドットのなので(トリノのじゃないです),ちょっと曲に合ってないみたいで,新衣裳で観たいなー。
 でもでも一番印象的だったのは実はスルヤ・ボナリー。彼女すごく好きだったんですよー。幕張の世界選手権とかいろんな意味で印象に残ってますし,応援してました。なんだか全然変わってなくて,もうずっと前なのにTVで観ていたのと同じなのに感動。いっぱいバックフリップしてくれたし。彼女のバックフリップを生で観る日が来るとは…! それからアニシナ・ペーゼラさん達。特にアニシナさんがすっごいカッコよかった。やっぱり男前だ。そしてペーゼラさんはますますたおやかに麗しくなってた。ああこういうショーだと今現役の人達よりもむしろよく観ていた人達が観れるんだーというのがまず感動です。他にはえーと,村主さんが,わたしあんまり好きではないんですが,海外のショーに呼ばれるというのがよくわかりました。うんよかったです。1部のトリでした。
 男子ではジョニー・ウィアーがやわらかいけどしっかりした滑りでよかったです。ランビエールはロストバケージということで,靴から衣裳から全部借り物という大変レアなシチュエーションながらやっぱり本調子ではなかったんだろうなあ。あとペトレンコさんは大人のしっとり感とちょっとコミカルなのと2プロがもう長年プロで活躍されてるのだなーと(呼称の有無はあまり気にしないでー)。懐かしいところでは本田君も。本田君が観れるんだーとうれしかったのに,会場がまだ暖まってない感の一番手でちょっと損なカンジでした。曲もゴッドファーザーのアレンジで,いつも滑ってるのでしたら申し訳ないんですけど,あんまり素敵なアレンジではないなー。『仮面の男』は本田君のイメージってくらい本田君も好きだったので。申雪・趙宏博ペアが来なかったけど(ってどこにも断りがなかったのが?? ジャパンオープンで観れたのと来ないかもなウワサが出てたので期待してなかったけど),ミニックペアの演技力がよかった。それとアクロバットの人達もすごかったです。演出的には筋が通ってるようで通ってないごちゃまぜ感の方が強いですが,スペイン人ダンサーと歌手,フランス人歌手共演という,彼らのパフォーマンスはよいのにフラメンコとフレンチカンカンは相容れないのでは~というちぐはぐ感だったかもしれないー。

へぎそば  日帰りってことでもともと観光のつもりはなかったんで(しかも翌日曜出勤~),唯一お昼は駅前で“へぎそば”を。2人セットなのにそばは3人前…。すみませんいっぱい残しました。でもコシがあっておいしかったです。でもこのお店が入ってた東急インはすごーく前に一度新潟に来たとき泊まったトコだよ。
 でもあとで隣接の日航ホテルとか展望室に行ってみればよかったかなーとは思ったんですけど。出演者が泊まってたかもしれないしー。いや今回追っかけ要素はないんですが,ラウンジでお茶くらいはしてたかもしれないので,おんなじとこ行ってみたいとかその程度~。
 と,2回目の生フィギュアを楽しんだわけですが,じ,実は今マイブームなのは今回来てない(まっったく一度も予定されておりません)ブライアン・ジュベールさんなのです…。ショーの時間以外ほとんど彼の話をしてました…。こないだのジャパンオープンのあと録画を見直してたらなんだか嵌ってしまいました。あれー。いやこないだは男子では彼だけが転倒してしまったというのはあったのですが,唯一の4回転は近いところでやってくれたのですっごい迫力だったし。フィギュアの選手としてその上半身の筋肉はそこまで必要なのーとか,そもそもわたしは男性は細身の方が好きなんですが(300を2回観たくせにー),考えてみたらこれまで一番応援していた男子シングルはエルヴィス・ストイコさんだったのだよ。こないだ片づけたら長野で銀に終わって泣いてたカラー写真入り切り抜き記事が出てきたのー。あのときは本当につらかったよ。ジュベールはストイコと違って顔はすっごく綺麗で可愛いですが,非常に男性的なプログラムなのと(チェロアレンジのメタリカとか。わたしはクラシック以外では洋楽ロック系が好きです)やっぱり男は4回転だよねっ。っと,全く関係ない話で終わる。

300ジャパンプレミア

映画『300』2回目行って来ました。新宿のバルト9がDLP(デジタル)らしいので,近いし。今日は水曜日だから,じゃなくて土日出勤した分お休みです。そもそもここはレディースデーやってないのです。代わりに平日マチネ誰でも\1,200ってのがありますが,上手ーくかからないようになってるのか18時の回だけなんで,その前の回に前売り券買っていこうとしたら(前売り券は上映開始後にふつーにプレイガイドに売ってますよ),何故か上映館が限られたのしかなくて,バルトは入ってない。他の映画館に行けば\1,000ですが,そう何度も観るつもりはないので(だってイタイのやっぱダメ),敢えて\1,800で。漢だぜっ(違う)。
 DLPなのかいまいちわかんないですが,こないだ先行観たとき(川崎の新しい109)より鮮明な気がします。大泉のSWほどの違いはないけど。音響もいいような気がするけど,どうだろう。初見は画面とストーリー追うのに必死なんで,単にいろいろ気を配って観れたのが大きそう。割と大きいスクリーンで観ましたが,大きさは109の方が迫力ありました。少し前目だったのもあるし。今回は原作も読んでいったのもあって初見とはまた感じ方が違いますが,感想の前に忘れそうなジャパンプレミア~。

 そんなわけで今更ですが,ジャパンプレミアというか,その前の赤絨毯見学です。イベント的には結構ぐだぐだだったよーな気がするんで,以下写真でー。あ,19時始まりのイベントが18時開場なんですが,着いたのはちゃんと仕事してからなんで18:30過ぎてましたんで,4重くらい後ろの方でした。

300300

 場所は明治神宮外苑の聖徳記念絵画館。このセッティングを観ただけでわくわくでした。お祭り好きー。右は仮設スクリーンで始まる前は予告編とか流してました。これが結構近かったので,遅く行ったわりにはよかったかも。

300300

 始まる前にスパルタンなコスプレのエキストラさん達が登場。近くで見たらわかりませんが,遠目にはカッコイイです。これTVで流れたら効果的だろうな~と思ったのに全然取り上げられなかったみたいで残念。

300300

 左:建物の横もスクリーンになったり。ここに本編映せば面白いのにー。右:ウォータースクリーンっていうの? あんまり長い間は出来ないんですが,これもなかなか雰囲気があります。

300300

 20時頃かしら。すごーく待ってようやくジェリーさん(レオニダス:ジェラルド・バトラー)登場。がー,最初からファンサービス全開でサインしまくりだったり,突然インタビュー受けたり,なかなかこちらに来ない(建物近くなのでかなり最後の方です)。前述のスクリーンに映ってるのを撮ってみた。
 その前に原作者や監督さんも見えましたが,皆さんまだ若くてなかなかカッコイイです。あ,到着前にインタビューとか流してましたが,字幕も何もないのはともかく,セレブセレブと試写を見に来た芸能人を映すにインタをぶった切りやがって,こっちは何を期待しに来たかわかってんのかっつーの。叶野姉妹が来たら許したのに。←いやなんかこの映画に似合う…。

300300

 で,ようやくこちらに来たんですけど,背伸びして(わたしはかなりデカイです)顔が一瞬見えたかってくらいで。↑ようやく顔全体が写ってるのが1枚。って後ろの人にピントがあってたので,後ろを更にぼかしました…。
 右:最後に記念撮影。の前に押してるって言われたか段取り忘れたジェリーさんが後ろに引っ込みそうになってほのぼのとしてました。

 1,000人募集で1,200人と発表されてたので結構来てたみたいでよかったです。いや,休みも早退も出来なかったんで,まあ大丈夫じゃない?ていうのと,たくさんで入れなかったらまだ人気が続いててよかったねってあきらめようとお友達と言ってたんで。主役の皆さんが来るまでの段取りの悪さは別にして,ロケーションが素晴らしかったのと,太ってるんじゃないーと心配してたジェリーさんがとってもカッコよかったので行ってよかったです。考えてみたら初生ジェリーさんです(郵便局にも成田にも行ってないよ)。あとこのイベントに行くの決めてから,せっかくだからと先行で映画観といたのも自分的に盛り上がりになったしー。
 そうそう原作の他にアートブックっていうのも買って,これは設定資料とかじゃなくてむしろメイキング本みたいなのです。原作との比較とか,画像処理の試行錯誤が垣間見れてわたしの好きなタイプの関連本でした。メイキングや音声解説裏話が入ってたらDVDは欲しいかもー。

琳派@畠山記念館

♪300プレミアのレポのつもりだったんですが,デジカメ写真をトリミングして力尽きました(いや大したものじゃないですけど)。代わりじゃ全然ないですけど,畠山記念館に行って来たのにもうすぐ展示が終わっちゃうので,自分用メモも兼ねてー。
 ありがちですが先月「新日曜美術館」で紹介されてたのを見て初めて行って来ました。最寄り駅が高輪台(都営線)って,ほぼここ目当てじゃないと人が来なそうなロケーションで,中に入っても少し庭を歩くアプローチが集客が少なくてもゆっくり落ち着いていていいなあと改めて思います。周りは華やかでも落ち着く根津美術館が休館なので余計かな。あとサントリー美術館が便利といえば便利になったけど,ああいう場所は何だか落ち着かないなーとか。六本木ヒルズの森美術館とか他の施設を経ないと行けないのが美術館に行くという気持ちと合わないのかも。
 展示自体は1フロアだけなので,すごく少ない印象がしてしまいますが,これは自分が興味ある絵の方がほとんど展示替えで期間中の展示が少なくて(日本画は特に退色が心配だからしょうがないです),焼き物がよくわかんないのが大きいと思うんですが。このへんは西洋の陶磁器の方が好きだ。でもこの期間に展示していた渡辺始興の「四季花木図屏風」と酒井抱一の「風神雷神図」,本阿弥光悦の「扇面月兎画賛」,「金銀泥薄下絵古今集和歌巻」(本阿弥光悦書・俵屋宗達下絵)が素晴らしかったのでかなーり満足です。入館料が常設展みたいな\500だし。駅から住宅地を抜けるお散歩気分もいい。知らないところに行くのって,楽しいです。
 「四季花木図屏風」は,今まで見たのに比べて四季の草木の移り変わりが画面の中で不思議な重なりをしていて(鮮やかな夏の上に秋の楓見えるとか),全体像が魅力的なのと,近づくと細部の繊細な描き込みに引き込まれて,何度も離れたり近づいたりしても見飽きません。赤と青の発色がすごく綺麗でこの対照的な色が画面を引き締めて緊張感を与えてるのかな~という気がします。更に百合や桜,芍薬などの白も。やっぱりくっきりした絵が好きなんですねー。「金銀泥薄下絵古今集和歌巻」の金銀と墨だけで構成され,もちろん空白の美しさを一番引き立ててるのも筆で書かれた柔らかさと空間使いの鋭さのバランスが素晴らしいです。
 数少ない展示だったのに,ちゃんと図録も買っちゃったしー。あと今回は展示期間じゃなかった酒井抱一の「十二ヶ月花鳥図」のポストカードを12枚全部買っちゃいました。一枚\70なのもうれしい。抱一の十二ヶ月っていっぱいありますが,どの12枚もいいんですよね。でも何といってもプライスコレクションでガラスケースを通さない肉筆を見る機会があったおかげで,なんとなく直に見たらこんな感じかな?という想像で補完できてるような気がします。
 今回の春季展は6/10(日)まで。いただいた1年間の案内を見ると冬季展の「花によせる日本の心―梅・桜・椿を中心に」が面白そうです。Webにはまだ載ってませんが,蒔絵硯箱みたいのが素敵そう(2008年1/8~3/9,ってまだ先だー)。

300と近況

映画『300』を先行上映で観てきました。結果の決まってる歴史ものですが,ネタバレしないで観た方が面白いだろうというのと(「ふしぎ発見」でやっちゃったけど),原作を読んでからちょっと思うことを書こうと思ってます。先行上映のせいか映画館でアンケートを配ってて,でもありがちな設問「この映画を観るきっかけ」の一番最初の選択肢が「ジェラルド・バトラーが好きだから」ってのはかなりどうかと思われれます。ええ,ちゃんと○しましたけど,水曜日の信濃町に行きますけど。
 当たり障りのないとことでは,コミック(グラフィック・ノヴェル)ぽい?画像処理をした映像がとても美しくて,思ったより残虐性は感じませんでした。いや十分残虐なんですけど,あんまり痛くないというか…。あとどうしてもこういう男の物語には邪魔ぽい王妃がちゃんと美しくて,かつ男前なのが素敵でした。そんなカンジで気になる方はぜひ劇場で観ましょー。

 このところ仕事のペースが変則的でペースがつかめなくて,放っておいてすみません。最近のお買い物:ディアゴスティーニのピーターラビット・コレクション週刊日本の仏像の初回を買っちゃいました。ピーターラビットはこないだお皿を割った反動もありますが,全部集めるとすっごくたくさんなので,どうしようかなー。ピーターが入ったのはいっぱいあるけど,子猫のトムとか商品化されてない(はず)とかあるんで,欲しいのだけ買おうかなー。日本の仏像は初回は大人気阿修羅君ですが,ウリの原寸大はともかくそれ以外の記述がいまいち食い足りないので,これは別にいいかなー。広隆寺の弥勒菩薩様は買おうかなーと思ったら,これが最終回のようです。ああ,わかりやすい好みなのねー。

今更チャンピオンズリーグ語りをするつもりだったんだけど…。

♪チャンピオンズリーグ,なんだかんだいってスカパーの再放送がある度にBGV的に流しつつ観てます(録画はやっと日本語版と英語版をRに焼きました)。で,さっきいっぱい書いといたのを間違って消しちゃったので,書き直す気力がーー。こないだお友達と飲んでて,今年のベスト1の出来事かも~と口走ったので,うん,そのくらいすごいことだーと改めて思ったんですが,その後酔っぱらった頭でぐだぐだ書き(打ち)殴ったのを推敲しようとして消しちゃったので,これは出さなくていいんだーということで。
 もうユニは買わないかなーと思ってたんですが,ちょっとこのシーズンの白ユニが欲しくなってきました。白持ってないし。本当は新しいバッグが欲しいなーと思ってたんですけどー。あと代表も復帰して,またっドッピエッタなのですねー。ああ,これから新シーズンが始まればいいのに…。いやそれは。で,その試合はスカパーもやらないんですが(今度のリトアニア戦はやるー),さっきやべっちFCを観てたら,ばっちりダイジェストでゴールシーンが観れました。わーいっ。試合的にはフェロー諸島に得点を許すとは何事って展開だったようですけど。