FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

ローエングリン

 《ローエングリン》って意外と上演がないですよねー。一番最近ちゃんと舞台でやったのは新国立劇場の開場記念の一貫のだと思うので,もう10年前です。その前のベルリン・ドイツ・オペラとライン・ドイツ・オペラも観ましたー。
 今回はオケの定期演奏会なので演奏会形式のつもりでいたら,コンサート・オペラ形式というのはコンサートホールの舞台を頑張って使うことだったのでしょうかー。ホール・オペラとかそういうの? すみだトリフォニーホールは正面にパイプオルガンがあるけど,サントリーみたいにその前に広い客席があるわけではないので,両側から階段をつけて真ん中の小さな舞台はごく主役だけが昇る。ってこの舞台が土俵みたいなのはゲッツ・フリードリヒがもうやったよ。舞台装置が頑張って工夫してあるのと全体的に直線的なのは(ホールのデザインが既にそうだけど),ローエングリンのイメージにあってると思うし,少なくとも新国立劇場のお蔵入り?の演出よりはよかったです。ただ合唱が最初黒服組(ハインリヒ王側?)と普段着ぽい人達とだったのと,それが最後は青Tシャツになるのがよくわかんないです。第一幕のローエングリンの入場がどこからなのかと考えてたら客席を歩いてきて,同じ道のりをダンサーが白鳥に扮したお迎え軍だったのはなるほどと思いましたが。《ローエングリン》はワーグナーがラストを乙女の自己犠牲にしなかったりと比較的原典に添ってるので,画期的な解釈によるヘンテコ演出はいらないのです。

 ただ,演奏会形式のつもりで行ったせいか,音楽的な充実を期待してたのでそれが残念だなー。タイトルロールと影の主役のオルトルートが始めから不調と断りがあったので仕方ないかもしれないけど。ローエングリンのスティー・アナーセンはベルリン国立歌劇場の演奏会形式《パルジファル》の急遽代役で([ars combinatoria Vol.3] のPARSIFAL参。ってこれ全然演奏に対する感想がないよ。ついでにあらすじはLOHENGRINをどーぞ),そのときはナイーブな感じでキャラクター的には合ってると思ってちょっと期待してたんですけど。うーん,柔らかい声と弱い声は違うのだった。まーワーグナーのテノールはルネ・コロが基準になってるんで~。でも新国はペーター・ザイフェルトで聴きたかったなあ。

 オケ的には歌手と同じ舞台に上がってると音量も抑え気味にしなくちゃいけないしという難しさもあると思うんですが。シンフォニーオーケストラが定期演奏会でやるオペラっていうのは,演出よりももっと音楽,特にオケに集中させたり,テキストに注目できたりした方が有意義な演奏会だと思うのですが。やっぱり演出が合った方が得したーとかわかりやすーいとかあるのでしょうか。上記のベルリンみたいなこの公演をこそ聴きたい!という予習ばっちりな人ばかりを相手にしているわけではないですしねえ。それでも時節柄とはいえ,このオペラの第一幕への前奏曲で咳はもう少し我慢できないものでしょうか~。咳が出ちゃうのはしょうがないんですが,それにつられてちょっと安心して他の人も出ちゃうし。でもキラキラの聖杯なのよー。

 ワーグナー:歌劇《ローエングリン》 新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会
 指揮:クリスティアン・アルミンク,ローエングリン:スティー・アナーセン,エルザ:メラニー・ディーナー,テルラムント:セルゲイ・レイフェルクス,オルトルート:アレクサンドラ・ペーターザマー, 合唱:栗友会合唱,演出:飯塚励生 3/24 すみだトリフォニーホール

フィギュア世界選手権2

♪世界選手権の女子フリーはミキティの優勝で,シーズン始めのスケートアメリカからいきなり新シーズンは違うぞ!というのが完結できて本当によかったっ。最終滑走でミスなく滑りきるというのはすごい精神力と思うのです。丁寧にちゃんと滑りきろうというのが見える分,判りやすい興奮ではなかったと思うけど,結果が出たことと本人も満足しきってないところで,これからもっともっとよくなりそうな期待が持てていいシーズンの締めくくりでしたよー。新しい衣装も落ち着いた綺麗な赤でよかったですね。黒いのも似合っていたのでもったいなかったけど。今年はぜひ生で観たいなーと思ってます。

フィギュア世界選手権

♪水曜日の『デスノート』前後編は2本続けて観ると濃いですねー。前編はTVでしか観てなかったので短いと思ってました。でも映画は月の性格が原作より正義漢故にみたいに作ってるように見えてたので,最初のバスケのシーンが蛇足っぽいですけど。前編はTVで観ると安っぽいけど,後編を観た後だとなかなかよいです。後編の展開は原作より好きだなー。

 で,世界選手権をやってるので,毎日録画したのを全部観て少しだけ残してせっせと削除してます。HDDがもういっぱいなので。やっぱり男子は面白いですねー。ゴールデンで視聴率も良かったみたいなので,男子の方が個性的でよりどりみどりどんなタイプも揃えてます感が伝わったでしょうか~。結果的にはとにかく高橋君がすごいプレッシャーの中よく頑張ったというのが一番ですねー。演技は全日本とかNHK杯の方が素晴らしかったけど。今回のは映画のいっぱいいっぱいのファントムだ。
 他は可愛いバトル君が残念だったのと,ランビエール君のはもっと滑り込んだのを観たいなー。でもよく来て新しいのを滑ってくれたと思います。でもフリーで一番よかったのは最終グループの前のチェコのベルナー君だけどー。
 あと終わった競技だとペアの申雪・趙宏博組が素晴らしかったです。このペアは本当にカッコイイ!という時期からうっとりするような演技をするようになったのですねえ。これでアマチュア引退らしいですが,2人は結婚するそうで,うーんいい話だー。五輪を万全の態勢で臨めなかったのだけが心残りですね。
 今日は女子のショートでしたが,キム・ユナちゃんも儚くていいんですけど,今シーズンはミキティを応援してるのでー。今日のシェエラザードはメイクが薄めなのもあってかしっとりバージョンに見えました。今までのちょっとキツめで艶笑するのも好きだったんですけど。明日のフリーは最終滑走だけど頑張れー。メンコンの黒い衣裳が綺麗でよかったのに変えちゃうのがどんなかなー。でも今日のショートで一番良かったのはカロリーナ・コストナーちゃんです。
 といいつつ,明日は《ローエングリン》を聴いてきます。すみだ久しぶりだー。

スーパーマン・リターンズ&ドリームガールズ

品川のスーパーマン ♪うっかり更新してませんでした。よーやく超忙しいのは終わったかしら。でもまた日曜は出勤です。2日続けてお休みでじゃないと休んだ気がしない…。
 『スーパーマン・リターンズ』の2枚組サントラを手に入れました。といってもクラシックとかハート・アンド・ソウルとか全ての曲が入ってるわけじゃないですけど,なかなか感動的です。曲を聴いてるとばっちり場面が浮かんできますが,品川に通いすぎて音楽でここで3Dメガネを装着せねばと反応してしまいます。
 そんな品川アイマックスが今月いっぱいで閉館してしまうそうです(↑写真は在りし日のロビー)。まあスーパーマンを観てたときは3D入れなくて普通に上映して欲しいと思ってましたが,でもあの大きいスクリーンは素晴らしかったのになー。座席と近いので迫力があって。

 大きいスクリーンといえば,新宿バルト9にやっと行って来ました。観たのは『ドリームガールズ』だけど。一番大きいスクリーンだったんですけど,劇場内全体含めてあんまり大きい!というカンジはしなかったです。オープン前に王様のブランチで女のコレポーターが新宿でこんな大きいところ初めて~みたいに言ってたけど,いや新宿にはいっぱい大きいトコあるしと画面に突っ込みを入れてましたが(すっごく小さいところもロードショー料金でびっくりしたけど)。都内だったらやっぱり六本木ヒルズの7番が一番かしら。でも綺麗なのはいいですよね。
 『ドリームガールズ』はー,裏を読まなくていいわかりやすーいストーリーとキャラクターでしたが,何より歌がみんないいので,こういうのは劇場で観るべきですね。ちょっといろいろ考えなくていいメジャーな映画が観たかったんでー。
 あ,明日はお友達と『デスノート』前後編を観に目黒に行って来ます。

箱根旅行ダイジェスト! その2

その1からだいーぶ日が経ってしまいまして,旅行自体からちょうど1ヶ月です。なんとか続きです。
お部屋!お部屋!
 ええと,遅れていたらしいバスに乗って,ホテル近くで降りるのですが,バス停からはちょっと歩きます。連絡すれば送迎バスが来るらしいのですが,もう待つのはいやだと地図に沿って,中村さんとか高原さんとかどっかで聞いたようなおうち?を目印にホテルまで歩きます。着いてみたら思ったより遠くなかったです。
 で,駅で預けた荷物を受け取ってお部屋に向かう。角部屋?と中に入ってみるとなんと部屋の中に扉が(ステンドグラスの綺麗なこの写真は次の朝です)。更にお部屋の中に段差があるのでお気を付けくださいと! 安いパックで取ったはずなのに~。スタンダードのお部屋が満室で,グレードアップしていただいだようです。ベッドも広くて,一段下のリビングがちゃんとあるのー。予約したのは1か月ちょっと前なので,こういうのはチェックインした順なのでしょうか~? 忙しい中頑張って来たので,すごいうれしいご褒美です。これだけでその後怒濤の仕事月間を過ごしたかも。
グリルの天井ホテル大箱根
 あ,ホテル大箱根さんです。↑(グリルに続くラウンジの天井)のようなインテリアが気に入って決めたのですが,とっても居心地よかったです。 プリンス系ですが,たぶん元は独立系ホテルだったんじゃないでしょうか。ゴルフ場が隣のせいか,駐車場はいっぱいでした。夕食はお箸でも食べられる洋食ということで,あんまり期待はしてなかったんですが,品数も多くてまあまあかな。お風呂は風邪気味なのでお部屋の素敵バスルームですませようと思ってたんですが,結局温泉な大浴場へ。

 翌日は旅行中は何故かちゃんと食べられる(たぶん普段と違って動いてるからでしょー)ホテルのビュッフェ。もともと天気予報で日曜が晴れでしたが,本当にいい天気! 時間があるのでまたバス停までぷらぷら歩いて行きます。途中クロネコヤマトのお店を見つけて,荷物を駅に運んでもらったけど,次の日祝日なんだから家に送っちゃえばよかったと気が付く。

桃源台近づくビクトリア号
 桃源台まで出て,今日はまず海賊船!に乗ります。箱根は3度目ですが,芦ノ湖で船に乗るのははじめてです。こういうベタな展開が出来るのもノリのいいお友達のおかげです。まあ学生のときだったらヤダとか言ってたかもしれないけどー。船は3種類あるそうですが,これから乗るのはビクトリア号。
ビクトリア号ビクトリアさん?
 結局ビクトリア号にしか乗らなかったんですが,右がビクトリアさんかしら。
波間富士と鳥居
 せっかくよい天気だし,海賊船ですから?,しばらく甲板に出てました。富士山も見えますー。箱根神社の鳥居が見えてきます。
ビクトリアと鳥居ボート番のわんこ
 元箱根で降りて,箱根神社に行くのです。ますますベタな展開。しかし,ビクトリア号と鳥居,素敵なコントラストだ。途中貸しボートのあたりにわんこを発見。とってもおとなしい。

箱根神社箱根神社の龍
 こういうところには龍がよくいるので撮っておくのはお約束ですが,ここは九頭龍神社とか白龍神社とか龍の伝説のある地のようです。で,生まれてはじめておみくじを引いたら吉だった(初詣にいかない家です)。びみょー。
鳥居鳥居
 あんまり神社については調べてなかったんですが,あの湖の鳥居にも降りられるのですねー。湖と空の青と鳥居の朱色が美しい。

ワカサギてんぷらうどん  お昼は,一度くらいは和食をと(夜はイタリアンの“予定”)ご当地ぽくワカサギてんぷらうどん。何故かそばではなくうどん。早めに入ったのですぐに座れてよかった。食事の写真はこれしか撮ってなかったり。
 もう一度ビクトリア号に乗って桃源台に戻って,次はいよいよ大本命のラリック美術館です。つづくっ。


♪最後までイケルと思ってたんですが,なんか写真多くて終わりませんでした。あ,しごとはだいぶ落ち着いたかなーと思いますが,まあ忙しいのに変わりはないかも。明日は美容院に行ってからとかなり強行突破です。ホントは今日行きたかったんだけど予約が取れなかったよ。

その3

ティアラ展

♪今日はすごく暖かくて,お部屋の模様替えなどしてました。もともと3月になったしーとは考えてたんですが。模様替えといっても,冬仕様のクッションカバーをピンクにしたり,ピーチスキンのソファにカバーをしたり,もこもこだったラグを変えたり~くらいですけど。ああ,2日休みってしあわせっ。で,よく考えたら,来週から3月いっぱい毎週日曜日はおしごとではありませんか…。
 で,今日は休養日にして,昨日は半日渋谷。ドゥ・マゴで1人ランチして,「ティアラ展」を見て,シネマライズで「善き人のためのソナタ」の予定だったんですが,ティアラ展が当日券売場の列がいつまでたっても消えないので,先に映画観に行きました。その前に分厚くて重い図録を買って。
 映画が終わって19時過ぎにミュージアムに入ったら,ものすごく空いてましたよ! 金土は21時までなので,本当は金曜の夜に行きたかったんですが,土曜でも遅い時間なら大丈夫です。まあガラガラではないので,全部順には観れませんが。ただ人がいないところからと見て回ると,どーしても同じ形ですので,あれこっちは見たっけとなってしまいます。展示としてはとにかく量も質も大充実ですよね。ティアラという性質上か,普通絵画でも宝飾品でもメインのもの,小品といろいろになるところですが,どれを見ても豪華! それでも時代や国によってデザインは違うし。ただほとんどが宝石や細工が全面に出ている中,やっぱりラリックのは独特ですよねー。図録はずっしり重いだけあって,ひとつひとつの写真がとても大きくて,説明も丁寧です。こういうものはちょっと他では出ないと思うので貴重(静香ちゃんのティアラは載ってなかったけどー)。関連書籍なども買ってしまいました。そういえばこの企画を去年知って,ずーっと楽しみにしてたんですよねー。ただ残念だったのは映画がちょっと重たかったので,キラキラのこっちを先にしたかったんですけど。
 1/20~3/18 Bunkamuraザ・ミュージアム,4/1~5/9 新潟県立万代島美術館,6/9~7/22 京都文化博物館。

善き人のためのソナタ

♪こないだ『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』を観たときに予告編で気になった『善き人のためのソナタ』。アカデミー賞効果か劇場はほぼ満席でした。開映時間前には窓口にすごーく並んでたので,先に座席指定しておいてよかったっ。
 映画は予告編を観た印象ではもっと音楽が強調されてコミカルな部分もあるのかと思ったら,すごく淡々として静かな映画でした。語られてるものはすごーく重いですが,ヴィースラーのたたずまいや生き方が淡々としているのが救いだったり,でもそれがむしろリアルだったりします(俳優本人が監視されていたそうですし)。後日談的な部分も壁が壊れてハッピーエンドではなくて,その2年後,更にその後と月日を重ねることで救われる印象で終わってよかった。この部分はああフィクションなんだよなとは思うのですが。ヴィースラーの静かな人物像がよかった分,ドライマンがくどくて,しかも何も知らなかったというのが天然すぎますが,全てを知ったあと彼なりに悩んだのであろうという,やはり壁崩壊後の方が物語ぽいです。

ひなまつり

おひなさま ♪毎年節分くらいからこのお友達にもらったお雛様を飾ってるんですが,今年はすっかり忘れてました…。おしごとの方はまあ何とか目途が立ってきたような気がするので,久しぶりに2日間お休みです。明日こそ「ティアラ展」に行きたいです。
 ひなまつりには関係ないんですが,帰りの電車が遅い時間だと女性専用車に乗ることが多くて,他の車両に比べて多少空いてるのでいいなーと思ってたんですが,始発じゃなくて途中から乗るとすごーく居心地が悪いんですよ。そんなにぎゅーぎゅーじゃない車両なのに乗り込むとみんな動いてくれないのであちこち隙間があるのに妙に身体がぶつかるとか,降りるときもほとんど声を掛けないし扉の近くの人も積極的に動かないの。う~ん,満員でもちょっとずつ動くことで気持ち的にもラクになるんですけどねえ。←『流星課長』に電車に乗るとすぐに180度回転して(パッ,クルッと),上手く顔を合わせない自然なスキルとか。わたしは平均身長よりだいぶ大きいので,頭1つ抜けてそんなに苦しくはないしー。それでも金曜日とか普通の車両はむちゃくちゃお酒臭いので(自分が飲んでると気にならないけどー),やっぱり使っちゃうんですが。