FC2ブログ

ars combinatoriaな日々

盛旅in福岡+α

♪7/6・7にアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」のため福岡に行きました。そのうち盛旅(大河ドラマ『平清盛』の旅)部分です。

 せっかくなので太宰府天満宮に行こうと調べてたら重盛の墓があったのです。って,番組の紀行で紹介してました。位置的に太宰府小学校の中みたいで入っていいのかなあ?と心配で市の観光課に電話してしまいました。特に許可とか必要ないようで運動場の奥の方にありました。学校は駅から近く,天満宮と反対方向です。

 

 揚羽蝶の紋が付いてます。重盛はもちろん京都で亡くなったのですが(しくしく),貞能が(荒らされるの恐れて)遺骨を掘り起こし分骨したうちのひとつとのことです。

 

 手を合わせてちょっと歩いてみると,ここは「平重盛の小径」なのかー。ちょうど雨が止んでいてよかったです。

 そのあと天満宮に行ったんですが,この宝物殿には重盛奉納と伝わる太刀があるのです。

 更に翌日,福岡ドームの隣りのホテルでパーティだったんですけど,ここの飾り山(裏)はなんと壇ノ浦決戦なのです!
 時間なくてあきらめてたら,たまたまタクシーで博多に向かおうとして発見したので慌てて停めてもらって激写しましたっ。手前は碇を持った知盛ですね。
 しかしこのとき19時半くらいだったんですが,南の方って日が長いんですねー。

 +αは川合玉堂の日本画『小松内府図』。
 図録だと全体的に黄色ぽくなってしまって残念なんですけど,中でも重盛は色白で麗しく正に降り立った鶴。青い直衣も透けてます(大河では白い直衣だった)。向き合うのは宗盛でちょっともったり。周りの武士達は哀しげに見上げてます。もう何度も戻ってうっとりしてました。
 この作品は玉堂にはめずらしい人物画です。前後の展示が人物のいない,超然とした『瀑布』『紅梅図』というのも年代順でないので意図的ですよね。特に琳派な『紅白梅』が白梅が多く金地に映えて華麗さと潔癖性を感じました。

 所蔵は国立近代美術館ですが,山種美術館にて特別展「川合玉堂―日本のふるさと・日本のこころ―」で8/4まで展示中です。ぜひっっ。

 改めて「忠と孝のはざまで」続いて「そこからの眺め」を見直しました。くー窪田正孝くんの重盛のナイーヴさがたまらない。コクーンの『唐版 滝の白糸』も観に行きます。舞台はどうでしょう,ドキドキ。

盛旅in京都#3

■盛旅in京都#1(若一神社,忠盛灯籠,唐菓子)
■盛旅in京都#2(建仁寺,六道珍皇寺,六波羅蜜寺,河井寛次郎記念館)

 

三十三間堂こと蓮華王院。清盛が後白河上皇(ごっしー)に寄進。31話「伊豆の流人」を見直してきました。
 京都に初めて来たとき以来だけど“あの”ごっしーのと思うとまた感慨深い。しかしまじまじと見ると千手観音の顔や身体つきが一体一体違うのですね。さすがに修学旅行や外国人観光客がいっぱいでした。

 

 お庭。つつじ(さつき?)はもう終りそうな時期だけど,雨に濡れて緑の楓が綺麗。緑の京都もいいものです。

 

 ごっしーの御所のあった寺院,法住寺。 あそびをせんとやの碑があります。住職の奥様が唄ってくださいました。色紙にもちょっと惹かれましたが…。
 御陵は宮内庁の管轄なので土日は見れないそうで,ってことは平日ならよかったのか。蓮華王院の1001体の仏像は法住寺を向いているのだそーです。

 

 清盛&重盛がごっしーのために造った新熊野神社 (いまくまのじんじゃ)。

 

 京の熊野古道というのをたどってみました。左:八咫烏(日本サッカー協会のシンボルマーク),右:ごっしー像。

 

 ごっしーお手植えの大樟。樹齢900年(熊野から運ばれた)。しかし箱盛(BD-BOX)で見直してるけど,ごっしーの存在感・特異性って凄まじい。子役なしでみずらから剃髪まで,異様ででも寂しがりやなキャラを立てた松田翔太さんて改めてすごいなあ。

 重盛の別邸だった小松谷正林寺。後に九条兼実の山荘になったそーです。兼実って重盛がキライだったんじゃなかったけ?

 場所的に蓮華王院の前に行くつもりだったんですが,雨がすごかったので時間があればと後回しにして,結局タクシーに乗ってきました。谷といっても高いところにあるらしいので。

 

 えっと中に入ったらここ保育園の園庭になってるようです。な,なんか入ってよかったのかなあ?
 右:灯籠堂のなごりでしょーか。

 その後歩いてキョーハクへ戻り「狩野山楽・山雪」を堪能して(18時までなので。これは別項の予定),京都駅まで戻って伊勢丹のカフェでよーやく甘いものに辿り着きました。朝早いと一日でも充実したものですねー。
 久しぶりの京都楽しかったです。また行きたーい。小松殿の庭園遺構,積翠園をぜひ見たいんですが,外資系のホテルが建設中だそーで庭園は残るのでしょーか。

■盛旅in福岡+α

盛旅in京都#2

■盛旅in京都#1(若一神社,忠盛灯籠,唐菓子)

 

建仁寺。南門が目当てなので境内を突っ切って行きます。うーん,法堂天井の双龍図を見るべきだったかしら。いろいろ廻るのでどのくらいのペースで廻るべきかちょっとつかめなくて。

 そして肝心の南門(勅使門)ってここでいいのかしら?(ここでした) 六波羅邸の遺構,重盛邸門移築とか。矢の根門と云われる,源平の合戦の時の扉の矢痕があるそうなんですが,雨で濡れているせいかよくわかんなかったです。

 

 六道珍皇寺。この辺りで清盛が火葬されたそーです。
 【右】中に閻魔様がいます。小野篁の冥土に通ったという井戸のあるお庭も覗くだけでした。「六道の辻」に興味があったのですけど。ここ表からしか入れなくて,入り口を探してぐるぐる廻ってしまいました。

 六波羅蜜寺。連休明けのタイミングだからでしょうか。本堂は朱を塗り変えてるところでした。
 あっっ,この十一面観音立像の左奥の清盛塚をちゃんと撮るべきでした! だって結構雨が降ってて〜(画像は明るいけど)。でもなで牛はばっちり撮ってあるのだ…。

 

 宝物館。空也上人見たかったんですよ。口から「南無阿弥陀仏」を実体化するという発想と実現がすごい。
 平清盛坐像は出家したのに一筋縄でいかない目付きだなあ。しかし崇徳院所縁という吉祥天があってびっくりしました。わざわざ冊子を買ったのに来歴が書いてなくてうろ覚えで残念。

 

 雨が本降りになってきました。このあと正林寺(重盛別邸跡)に行く予定だったんだけど結構距離があるんで,近場で屋内をゆっくり出来るであろう河井寛次郎記念館へ。4月から井浦新さんが司会になったので毎週録画保存をしている日曜美術館で4/14放送が面白くて,地図を見てたら近くなので寄ってみることに(日曜美術館はここしばらくアートシーン以外面白そうな特集回しか見てなかった)。崇徳院の中の人繋がりってことで。
 写真を撮ってる人が見えたので,聞いてみたら許可受付すれば撮影可とのこと。建物・デザインした調度そのまま,河井寛次郎さんの住まい方を見ることが出来ます。外国人が多いですね。

 

 (ここまで来といて)民藝はどーもあんまり…なので,番組でも紹介されたこの初期のつるんとした桃(水差し)が好き〜。ガラスケースに入ってます。お庭のあの丸い石も見れてうれしいな。晩年の球体はここの所蔵品じゃないんですよね。

 

 「登り窯」っていうんですね。すんごい大きいです。せっかくなので上まで登ってみましたが傾斜がなかなかきついです。

 次は蓮華王院(三十三間堂)へ行くので,京都国立博物館のカフェからふね屋でランチにしました。パンケーキが美味しそうだったんだけど,今は甘味よりしっかりお腹に入れたくてランチタイムサービスの昔ながらのオムライス。たまごがふわふわ。時間があれば企画展を見に戻るつもり~とあくまで博物館はオプションでした。このときは。

■盛旅in京都#3

盛旅in京都#1

 

♪放送終って半年近く経ってますが,5/11に待望の盛旅(大河ドラマ『平清盛』ゆかりの地を尋ねる旅)へ! 京都篇ですがいずれ宮島や讃岐など廻りたいものです。
 6時に家を出て,7時過ぎの新幹線に乗って京都に着いたのが9:18。いつも通勤電車に乗るような時間です。JRでそのまま西大路駅へ,まずは若一神社です。凛々しい立派な清盛像やグッズ(ストラップやイラスト色紙!)もあります。開運出世の神社だそーです。

 

 清盛手植の大楠。本当に大きい。清盛が亡くなって,平家滅亡,武士の世も終わり…ずっとここに立ってるのですねえ。

 さっきは市内行きの切符で降りたので,ここで初めて京都でPASMOを使えることにちょっと感動。駅構内のポスターが何だからしいなあとこんなものまで撮ってしまうのだ。
 京都駅に戻って今度はバス移動。どこ行きもみんなすごい行列になってます。


 

 祇園で降りて八坂神社へ。ここは素戔嗚尊を祀ってるんですね。←日本の神話好き。
 これから結婚式があるみたいで巫女さんや雅楽の準備をしてるのが見えて,もー装束見るだけでたぎるわー!

 

 八坂神社は一度来たことあるけど,今日の目的はそのときまっったく知らなかった「忠盛灯籠」。大河に合わせて作り変えたのか祇園社乱闘事件のことも真新しく書いてあります。看板の詳細はこちらでご覧ください。

 

 神社を出てもう一度東大路通を歩き出すと亀屋清永の前に。「清浄歓喜団」こと唐菓子(唐果物・からくだもの)ですよ! あとで伊勢丹ででも買おうと思ったんだけど,せっかくなのでお店に入る。1個(箱入りにした)しか買わないのにお茶と新作お菓子を出して頂いたのでちょっと一息。その後お土産を買おうと伊勢丹の地下に行ったんだけど,清浄歓喜団は見当たらなかったんでここで買っておいてよかったみたい。
 賞味期限は21日ということで順に見直してたBDでようやく29話「滋子の婚礼」の家貞さん退場を見守りながら頂きました。不思議な味だ。スパイスというかお香みたい。

 しかし祇園に来たんだから「崇徳天皇御廟」もお参りすればよかったー。平清盛の京を歩くっていうサイトを参考にルートを考えたので,基本的に清盛関連だったんですよね。あ,白峯神宮は前にサッカーの神様として行きました。怪我が治りますよーにってお祈りしたピッポも今では監督さんか。

■盛旅in京都#2

DIC川村記念美術館その1(散策篇)

 

♪土曜日にDIC川村記念美術館に行って来ました。コレクション,更に4/15までの企画展がすっばらしかったのでぜひっとおススメしたいのですが,まずは順を追ってと思ったら写真が絞りきれませんでした。
 京成佐倉駅から無料送迎バスで30分,ルノワール号でした(JR佐倉駅経由)。右のレンブラント号に乗りたかったんだけど〜,これは大型バスで東京駅から1時間(有料)。毎日一往復です。

 11時前に着いて,【左】佐藤忠良『緑』が出迎えてくれます。敷地内にいくつか彫刻があります。でもこれちょっと着エロ…,ああっすみませんっ。

 

 バス停から林を抜けて,目の前に池が広がります。もうちょっと季節が進んだら芝生の緑なのでしょう。


 美術館の建物,ちょっとメルヒェンですけどこれは中の構造があってのことみたいです。左にまぶしい清水久兵衛『朱甲面』。
 まず再入場出来ることを確認したんですけど,うちから2時間半くらい,ずっと電車〜バスと乗り物の中だったので,ちょっと外を歩こうっと。

 

 池の左にジョエル・シャピロの彫刻(無題)。大きな白鳥! 芝生の上を歩いてる姿はなんか新鮮です。

 

 自然散策路に片栗,水仙。いや水仙はもう終る間際なんですけど,今年の大河ドラマが面白過ぎて,水仙を見ると脳内「たまこぉ〜」と鳥羽ちゃんがっ。

 

 実は起きてから何も食べてないんで,やっぱりランチ(ブランチ)にしよう。レストランの前に木蓮と桜。ここの桜が早めに咲いてたみたい。

 

 イタリアンレストラン[ベルヴェデーレ]。せっかくなので桜ワインってのにしてみました。が,クロスもピンクなのでテーブルの上では色が映えない〜。あ,桜の見える窓際はこの時間予約でいっぱいだったみたい。もうちょっと遅かったらすぐにテーブルにも着けないくらい混んでました。

 

 盛りだくさんのアンティパスト。プリモはパスタかスープ(クラムチャウダー)。ハーフサイズの スパゲティはフィクスで,桜海老って口に残って積極的には頼まないんだけど,これ身の殻が取ってあったの! ポイント高いですよ〜!

 

 パスタが海老なので,メインは真鯛と迷ったけどお肉にしました。千葉県産匠豚,新玉葱のアンチョビソース。ドルチェは盛り合わせ。ティラミスとブラマンジェとババロア。カプチーノがちゃんとカプチーノだった。だ,だって結構がっかりするんですもの。

 

 おなかいっぱいなので,まだっ美術館に入らないで食後のお散歩。散策路には菫が。
 抜けると広場の真ん中にヘンリー・ムーア『ブロンズの形態』。ここはピクニックスペースですね。美術館に入らなければ無料なのでこのあたりは家族連れが多いです。


 菜の花,いい香り。熱海の群生ほどではないですけど。でも今年はどこも遅いみたい。

 ↓そして休憩所の向こうに白木蓮,大好き〜。ちょうど見頃だったみたい。




 池の方に降りて行きます。睡蓮の咲く頃にも来てみたいな。池の向こうは花菖蒲のようです。季節ごとにいつ行っても良いように様々な植物で造園されているんですね。

 ↓黄色い連翹(レンギョウ)と青空の映る池の対比が美しい



 

 桜は,赤い寒緋桜,左は八重の里桜?ぽつんと一本だけ咲いてるのがあって,染井吉野や枝垂れ梅はまだこれからです。来週あたりお花見に良さそうですよ〜。



 これは藤棚の下のベンチから。向こう側に美術館が見えてます。そろそろ入らなければ〜。しかし無料とはいえ,散策だけに来る人が多いって,確かにこれは佐倉市近郊だったら,この花あの花の咲く頃,紅葉の頃…と何度でも来たくなります。これだけ広い敷地ですから一通り歩くだけで十分満足してしまいました。いや美術館に来たんですけどね。つづく…

■DIC川村記念美術館その2(美術館篇#1コレクション)

2011上海旅行 その4(孫文故居とオークラ)

 

♪ここに2日目の観光が入ります~。

■2011上海旅行 その5(Cup of China #3)

北海道2012(旭川&小樽)その3旭川:旭山動物園#3 まだペンギンの散歩

■北海道に行って来ました。
■北海道2012(旭川&小樽)その1旭川:空港~旭山動物園#1
■北海道2012(旭川&小樽)その2旭川:旭山動物園#2 ペンギンの散歩

 

♪入り口そばは行っちゃって,せっかくだからコースの途中に先回りしてもう一度会おう!と。もう少し前の方が早く来るかなと思ったけど,すでにたくさんの人。本当にここ通るの?みたいなとこだけど,ちゃんと人間の待ってるラインが。そして反対側に人がいないので,実はすっごくいい場所だったのです。
 お,来た来た!








 はあ~,満足満足。もう悔いはありません~。いやまだ来たばっかりだって,動物園。
 写真はトリミングしてレベル補正もしてるので見たままではないです。上のは←をトリミングしてます。

北海道2012(旭川&小樽)その2旭川:旭山動物園#2 ペンギンの散歩

■北海道に行って来ました。
■北海道2012(旭川&小樽)その1旭川:空港~旭山動物園#1

 

♪前回は11時の回はあきらめたのに,もーどこでも一列目! 早く見たいからやっぱり出発地点のぺんぎん館の近くへ。でも出て来るところはリピーターの方々でしょうか,もういっぱいでした。
 飼育員の方がいろいろ説明してくれるんですが,ペンギンの姿が見えたらもうきゃー!と。


 こっちに向かってくる正面姿カワイイなああ。

 

 一匹さっさと前に出てます。あ,種類はキングペンギン(おうさまペンギン)です。白と黒にオレンジ~黄色の刺し色がうつくしい!

 

 ちょっとモコモコしてるのはまだ子どもなのかなあ。ああっ,もう行ってしまうう。
 つづく! え?

■北海道2012(旭川&小樽)その3旭川:旭山動物園#3 まだペンギンの散歩

北海道2012(旭川&小樽)その1旭川:空港~旭山動物園#1

■北海道に行って来ました。

 

前回2008年は雪祭りド真ん中に新千歳往復札幌泊で札幌~旭川でした。旭山動物園(しかも土曜)がきっと冬で一番混んでるときだったんだろうなあと,今回は一週間ずらして旭川空港へ直行。
 2/17(金),7:25羽田発9:05着のJALです。うひゃ羽田でもバスに乗らないと行けなかった。こんな小さな飛行機に乗るのはヒースロー→ウィーン以来というか正直2度目です。

 

 動物園行きのバスは9:50発なので,まず空港のトイレで重装備に。ヒートテックの重ね着とかタイツの上からハイソックス,更に靴下用カイロ腰にカイロとか。
 外に出ると雪はすんごい積もってるけどよい天気! あれ,思ったより寒くないぞ~。気温は-6℃と出てました。右の氷彫刻は『空を守る青竜』とのこと。

 

 バスはスムーズで着いたのが10:15くらいかなあ。チケットを買って開園を待ってるのが一番寒かったかも~。動物園なんでロビー開場とか出来ませんものね。

 

 まずコインロッカーに荷物を預けます。余裕でしたが休日だと厳しいかなあ? 札幌から団体バスで来るのが一番多そうですけど。
 うーん,なんて人が少ないんだー。前回は開場時間過ぎてましたが既にいっぱいでしたよ。

 

 やっぱり雪だるまあった! 「マイスターボランティア スタッフ募集」とあります。右の北海道の形もカワイイ。
 ペンギン散歩は11:00&14:30なので,まずは場所取りだなっ。

 とここで続く! あれ動物園なのにまだ動物が出てなーい! すみません,ペンギン散歩で一項目になりそーなのです。

■北海道2012(旭川&小樽)その2旭川:旭山動物園#2 ペンギンの散歩


北海道に行って来ました。

♪金曜は旭川,土曜は小樽でした。前回の反省から雪祭りの時期を外したら余裕を持って廻れました~。ペンギンのお散歩もこんなに間近に! 小樽もガラスなどキラキラ素敵でした。また後ほどっ。